初めてエッチなマッサージたんで見たんだけど・・・

 

br1

 

疲労が溜まっていて辛かったからマッサージを頼んでみた!

プロフ的にタイプやったし安心価格やったので時間指定で部屋に来てもらった。

暫く身体や仕事・生活リズムの事を話した後パンツ一枚でうつ伏せになり首筋から肩・背中・腰と揉み解してもらった。

『かなりの凝ってますよ!』と

背中に揉み師の汗が滴り落ちる!

揉み師になにげにシャワーをすすめると

『ありがとうございます!』と言いながら浴室へ入って行った。

しばらくすると彼が汗を流しケツ割れで現れた。

彼が僕のパンツを脱がしオイルを垂らしマッサージしてきた!

キメて全身感じやすくなった僕の変化に気が付いた彼は、

オイルでヌルヌルの手を前に滑り込ませ乳首を責めて来た♂

ガマン汁でヌルヌルになった僕の生竿が腹の下で更に汁を吹き出しながギンギンになってきた。

ケツ割れの布越しに彼のデカチンがケツ回りを刺激している。

背中に再度オイルを垂らし胸板で背中をマッサージしてきた。

おのずと割れ目もオイルまみれになり乳首や脇腹等を刺激され早くキメケツに彼のデカチンが欲しくてケツを彼に押しつける様にした。

いつの間にかにケツ割れを脱いでいた彼は何も言わずにデカチンを一気にキメマンの中に突っ込んで来た。

キメていた事もあって全身に鳥肌が立ち。

腹の下で一発目が弾けた。

その瞬間にケツ壁が彼のデカチンに絡み付きだしたらしく『ウォ~!すっげぇ~ケツマン』と

叫びながらバックからガン掘りしてきた。

暫くして騎乗位になり下から突き上げてくるのに合わし自分も腰を振りまくった!

一度いってるのにフル勃起したままガマン汁を垂らし続ける亀頭を責められ二度目の種がこみ上げて来た。

彼のデカチンに更にトロットロにって絡み付き彼も限界が来たらしく起き上がり胡座をかいて抱き合う形で下から突き上げて来た。

オイルと汗でヌルヌルになった二人の腹に挟まれ擦り上げられマックスになったキメ竿が二発目を爆発させた。

と、

同時に彼のデカチンが倍にデカくなったかと思う位に感じてケツの中で弾けた。

デカチンが何度もヒクヒクしながら生種を吹き出している。

そのまま正上位になり抜かずに種を擦りつける様に腰を振りだしながら

『お客さんのケツすごいっすネ。』と言いながら

乳首を責め始めて来た。

僕は、苦笑いしながら返事の代わりにケツマンを締めて答えた。

つながったまま暫く話し込み、

彼が、このまま二回戦したいと言うから彼に抱きつきそれを返事代わりにした。

デカチンを挿したまま彼は僕の胸をなめ回して種を綺麗に舐めあげ、

ユックリとデカチンを動かし始めた。

ピロートークで太いまま硬さを無くしていたデカチンがケツの中で硬くなっていくのが分かる。

五分位でフル勃起になった彼はそこからガンガン掘り込んできた。

僕は彼に『追加して淫乱になりたい。』と告げると

一度お互いの汗を流そうと言う事になり生交尾を解体し二人でシャワーを浴びた。

彼が『我慢出来るなら種出さないで!』と言うから

そのままタオルでお互いを拭き部屋に戻り、

キメの用意をし彼を椅子に座らせしゃぶってデカくなるのを楽しんだ。

ギンギンになった彼にオイルを塗り抱きつくように跨りケツにデカチンを根本までくわえ込んだ。

彼は自分の種でタネマンになってる僕のケツマンが気持ちいいと言いながら腰を掴んで揺り動かして来る!

流石揉み師って♂デカチンが前立腺に当たる様に僕を動かすからキメ竿がガマン汁を垂らしながら徐々に勃起を始めた。

ユルユル動きながら追加をキメた。

小瓶をお互いに爆吸いし更に僕はスプレーを吸い彼にしがみついた。

彼は椅子から立ち上がりそのままベットに倒れ激しく掘りはじめてきた。

小瓶を吸った彼のデカチンは抜けて入れ直す時に火傷するんじゃ(笑)と思う位に熱くなって更にガチガチに硬くなっていた。

いろいろな体位で掘りまくられすっげぇ~気持ちがいい。

追加して更にトロけて絡みつくケツマンを

『すっげぇ~。最高っす♂』って言いながら

勢い落とさずガン掘りする彼の体力に関心しながら彼のデカチンに合わして指を入れたら

『まだ太いのが欲しいのか!』と言いながら

僕の指を払い自分の指を二本突っ込んできた。

デカチンを抜き差ししながら指を動かしまくってきた。

彼は僕のケツの中で自分のデカチンを挟んだり裏筋を刺激したりしつつ、

前立腺責めをしてくる。

暫く弄んでいたが前立腺責めでギンギンになってるキメ竿掴み『兄貴のもデカいな!』と言いながらなで回し始めたから

『欲しいなら自分で跨ってこいや♂』って言ったらガン掘りして半分をケツの中に出し、

半分を自分の掌に出し僕のキメ竿に塗りだした!

ガマン汁と彼の種塗れになったキメ竿の亀頭が彼のキメマンにヒットした時に彼の腰を掴み一気に引き落とした。

お互いの乳首を責めながら彼が腰を振り僕は下から突き上げながら彼のケツの中に種をぶっ放した。

彼は僕がいった事を確認すると僕にデカチンを強く掴んで動かさないでと告げ

身体を反らして激しく腰を振り始めた!

(要は体の良いオナホール笑)でも、

僕の手から見え隠れするデカチンがエロくそれに彼のケツマンの締め付け気持ちよく復活した僕は、

彼が僕の顔を直撃するほど勢いよくぶっ放した締め付けにまた彼に種付けしてしまった。

お互いをシャワーで流した後明日の筋肉痛が少しでも緩和するようにとまたマッサージをしてくれた。

彼から兄貴さえよければ定期的に仕事抜きにマッサージに来たいと、

言うから即OKした。

88x31_2