嫉妬深い恋人に騙された18歳

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

僕は18才で彼は21才で19cmのデカマラ。

彼とゼミでしりあい半年。

週に二回は種付けされている。

この前彼とファミレスに行った時、

隣にイケメンがいました。

年は僕よりひとつ上で、

バックパック旅行に来たということがわかりました。

それから趣味の話で盛り上がっているうちに、

すっかり意気投合。

横で僕らの話を聞いていた彼が

「僕はお酒飲んでないし、

楽しく話してくれたついでにドライブでもどうですか?」とイケメンを誘いました。

彼がそんなことをするなんてちょっとビックリしてしまったのです、

イケメンはそのまま一緒に店を出て、

彼の車に乗り込みました。

普段なら嫉妬深い彼のはずなのに不思議に思っていると出発しました。

彼の車で夜景がきれいな高台へ行き、

三人で展望台まで歩いていきました。

結構酔っていたのでイケメンの腕につかまりながら歩いていると、

彼が急に腰に手をかけてベルトのバックルをはずしてきました。

展望台についたときにズボンをひざまでれおろされてしまいました。

当然のように彼が後ろに回って、

僕のアナルに指を入れてきました。

半年ですっかり彼は、

僕の感じる場所を知り尽くしていて声を出してしまうポイントを、

次々に責めてきます。


声を出してよがっているとイケメンがキスしてくれました。

二人に挟まれて、

あえいでいると、

彼とイケメンがキスをし始めました。

飲みに来る前に彼に一発種つけられていた僕のアナルは、

彼の指だけでは物足りなくなって、

彼のバックルをはずしました。

すっかり彼のデカマラにならされた僕のアナルは、

彼のデカマラをゆっくりと飲み込みました。

彼のデカマラは、

太さもあるので最初に根元まで入れられると、

いつも自分の意思とは関係なくトコロテンしてしまいます。

それを知っていて、

彼はゆっくりと差し込んで、

僕の体を立たせてトコロテンするところを、

イケメンに見せ付けました。

「こいつは、僕のサイズにしこんであるんだ。僕が種付けするまでに、かわいい顔しているけど、何度もトコロテンするからよく見ていてな!」といって、

東屋のいすに寝かされがん掘りされました。

イケメンに見られているので、

彼も興奮しているみたいでいつもよりも激しい腰の動きで、

腰を打ちつける音とデカマラがアナルに出入りするする音が恥ずかしいくらいでした。

イケメンも興奮してきて、

自分からズボンを脱いで僕にくわえさせてきました。

その姿を見て、

彼が僕の奥に種付けしてくれました。

その後、

イケメンにもちょっとだけアナルにいいれてもらいました。

家に帰ってから、

イケメンに入れられて気持ちよくなっていたことをネチネチ言われながら、

掘られ続けました。

3発目の種付けをされました。

88x31_2