俺が大学2年生の時、同じマンションに同級生も住んでいました。

最初は仲が良かった訳では無かったのだが、

同じマンション同士という事で、たまに夕飯の買い出しをしたり、

マンガなどを貸し合って仲が良くなっていきました。

そんな友人とアナルセックスをしてしまった。
br1ランキング公開!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


キッカケは俺。

男はバイで興味があった俺は、

猛烈にムラムラして久々に男とエッチをしたくなった。

そんな時に、たまたま夕ご飯を作りすぎた友人が

俺の部屋に持ってきたから、俺は友人と一緒に飯を食った。

腹もいっぱいになり、暇だからと友人が部屋からエロDVDを持ってきた。

AV女優の品評などをするかと思いきや、

友人が何やらモゾモゾし始めた。

マジか!と期待とムラムラで発情のスイッチが入ってしまった。

「お互いオナるか!」とか何とか俺が言って、

シコシコしてたけど俺はいきなり友人の前に回りこみ

フェラに漕ぎ着けた。

我慢汁でヌルヌルしてたチンポは凄く美味しく興奮した。

しかもデカマラで太さがハンパなかった。

友人は我慢汁が沢山出る体質みたいで、

俺がしゃぶっている間、ダラダラ止めどなく溢れていた。

俺は全てが口に収まらないほどの友人のチンポをしゃぶりまくった。

友人は息を荒げて感じまくっていた。

そして友人はイク瞬間、身体をビクビクッと震わせて

俺の口内で大量のザーメンを放出してきた。

友人はよほど溜まっていたらしく、

最初は水っぽく後からドロドロとした苦濃いザーメンを出してきた。

俺は友人のザーメンを全て口で受け止め、

それをティッシュに吐き出し友人に見せた。

友人は恥ずかしそうにハニカんで笑っていた。

その笑顔が爽やかでドキっとしちゃいました。

俺も自分でオナって射精した後

友人は俺に色々と質問をしてきた。

「ゲイなの?今まで何人フェラしたの?」

もちろん初めてで、今回はノリでやってみたと答えたら

友人は何故か嬉しそうに笑っててその日は終わった。

数日して、また友人遊びに来た。

今回は片手にはビデオが入った紙袋を最初から持ってて

やる気が漲っていた。

案の定、友人がビデオを観ようと誘ってきて、

観始めるとまたモゾモゾとしてきた。

仕方なく俺はもう一度、友人をフェラしてあげた。

しゃぶるのは基本嫌いではないし

友人もただ咥えられてる訳でもない。

俺がしゃぶっている間、俺の乳首や股間を弄ってくる。

乳首モロ感な俺は我慢するのが辛いほど勃起してしまった。

そして前回から2度目のザーメンを放出した友人は

イッタ後も俺の乳首を触ったり舐めたりして余韻に浸っていた。

それからも度々、友人は食事と共に

俺の部屋にやって来てフェラ抜きしていった。

しかし、回数を重ねるたび友人が訪れる頻度が増してきた。

当初は二週に一度だったのが、

週に一度になり週二と、最後の方には二日に一度のペースに。

しかも、その頃には昼夜問わず、手ぶらでやって来て

俺の部屋に入ることなく、予めノーパンで来た友人は

玄関先でズボンを脱いでフェラを要求するようになった。

そして初めは気を遣ってシャワーを浴びてきた友人。

それすらも無くなってしまい、

俺は汗やチンカスで汚れた友人の臭いチンポを

玄関先で跪いてしゃぶった。

友人はまるで排泄をするようにブルブルっと身体を震わせ

俺の口に放出すると「じゃあ、またね」と言って去っていく。

普段の会話なんて一切無くなった。

俺はただの性処理として使われるようになった。

そんな関係は卒業まで続いた。

たぶん、そこらの女の一生分のフェラしたはず。
ランキング公開!(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!