発展スポットで青姦しちゃった淫乱男子

 

gayjapan

 

掲示板に書き込みして夜にケツにオイル仕込んで某発展場に。

真っ暗な草むらの中をかきわけ指定したスポットへ向かう。

周りでガサゴソ音がする…

何人か既に居るようだ。

僕は上下スェットの中は汚れたケツワレのみ。

指定したスポットに着くと月明かりで何人か居るのがわかる。

早速後ろからケツを触ってきた…

色黒な短髪君だ。

僕は無言でスェットを下ろす。

後ろから抱きつかれる形で左手はケツに右手は乳首を弄くられる。

指を一本二本三本と入れられゆっくりケツをほぐされていく。

乳首もチンポもピンピンになり思わず声が出る。

『もっと乱れてみろよ。

周りの奴等もお前のヨガリ声で誘ってみな…

』耳元で低い声で囁かれる。

感じやすい僕は言われるがままヨガりまくる。

今日はド淫乱モードなんでいつもより少し派手にケツも振ってヨガってみせる。

それに興奮したか奴は身体を反転させ抱き合う形でケツを弄り激しいキスをしてきた。

思い切り舌を絡め合いヨダレが口元をつたう。

色黒短髪君が『そろそろケツに欲しくなってきたんだろ。

ぶち込んでやっからケツ向けな』って。

僕はその場でスェットを脱ぎ捨て四つん這いになり受け入れ体制。

『おらっ一気にいくぜ』と掘り込んできた。

うっ結構デカイ…それに太いぞ。

めりめり感がたまんねぇや。

奥までぶち込んだ後は長いストロークでケツを掻き回される。

あっすげぇよ当たってるよ…

腰をがっつり掴まれ掘られていく。

気がつくと周りには三人来ていた。

下半身既に脱いでる奴、

膝までずらして扱いてる奴、

僕と同じ真っ裸の奴。

膝までずらした奴が僕の顔の前に先走りいっぱいのムケチンを持ってくる。

僕は口を開け奴が突っ込んでくる。

蒸れた独特の臭いがする…

舌を使い唾垂らしながらしゃぶりつく。

クチマンケツマンを犯されながらどんどん変態モードになる僕。

下半身脱いでる奴と真っ裸君も僕の乳首を責めてきた。

そのうち色黒短髪君が『あぁ~いきそう…いくぜっ』と

ガン堀り体制に…

ケツの中でドクドク種付けされてるのがわかる。

最後まで搾り取った後クチマン犯して奴が今度はケツを掘りに回ってきた。

僕は色黒短髪君のチンポを舐めて綺麗にしてあげた。

『さっきまで兄貴のケツに入ってたチンポだよ』とか言いながら舐めさすのが終わると帰っていった。

すると乳首責めてた下半身丸だし野郎がクチマン犯しにきた。

もう僕は性処理道具と化してるんでグチュグチュ音をさせてしゃぶりつく。

種付けマンコ掘られクチマンも犯されてると真っ裸君が僕の下に回り込み69の体制に。

あぁ?~もうなんどでもしてぇ。

真っ裸君の顔に僕のマンコ汁が垂れていってるみたいだ。

真っ裸君がすげぇすげぇと僕のチンポしゃぶりながら連呼してる。

すると僕のクチマン犯してた奴が真っ裸君のケツを指で弄くりだした。

真っ裸君もケツができるみたいだ。

僕のヨダレを掬い取って真っ裸君のケツをグチュグチュ音させてる。

奴は僕のクチマンからチンポを抜き真っ裸の足を抱えたかと思うと真っ裸君のケツマンに掘り込んでいった。

体制的には辛いが何ともやらしい恰好だ。

背中にタラタラなんか垂れてくる…

どうやら掘ってる者同士キスをしてるようだ。

ヨダレを背中に受けながら掘られつづけてると奴もそろそろイクみたいだ。

僕はケツを締めながら腰を振る。

真っ裸君のクチマンに僕のチンポが奥まで突っ込まれていく。

下半身丸だし野郎も真っ裸君のケツに種付けするようだ。

四人が言葉にならない呻き声であげながら僕と真っ裸君二人は種付けされていく。

二人の腰の動きが収まるとケツからチンポが抜かれる…

僕は真っ裸君を犯したチンポを、

真っ裸は僕のケツマン犯したチンポをお互いに無言でしゃぶり綺麗にしていく。

二人は種付けしおわるとまたなっと帰り支度をし帰っていった。

僕と真っ裸君は暫くボーっとしてたがお互い無言のうちに抱き着きキスをしてた。

お互いのケツに手をやり種付けザーメンを手にグチュグチュつける。

僕が垂れてきた奴の種付けザーメンを掬い取りズズーッと音をさせて飲み込むと真っ裸君も僕のケツから種付けザーメンを掬い取り飲み込む。

無言のうちにお互い微笑みまたザーメンキス。

真っ裸君が『僕に跨がって口にザーメン出して』って。

こいつ僕と同じくらい淫乱変態だ。

僕は真っ裸君の顔に跨がり口を大きく開けたところに一気に踏ん張る。

ブチュブチュブチュ…

とやらしい音をさせながら種付けザーメンが真っ裸君の口に垂れていく。

舌を使いベロベロに舐めながら種付けザーメンを飲み込む真っ裸君。

じゃぁ今度は僕と体制を変える。

真っ裸君が僕の顔に跨がって踏ん張る。

ブチュブチュブチュ…

一発しか種付けされてないのに量がかなり多い。

すげぇ口一杯になるザーメンを僕も飲み込む。

その後また抱き合ってザーメンキス…

うめぇや。

真っ裸君が『いかないでいいの?』と聞いてくる…

僕も同じように聞き返す。

イキたいけどどうしようかぁ…

て事でお互いのケツでいこうかって。

先に真っ裸君が僕のケツに種付けしてその後僕が真っ裸君のケツに種付けした。

その後は勿論お互いまた種付けザーメンを飲み合いをした。

ここでこんなに乱れた事なかったんで病み付きになりそう。

真っ裸君とはその後も種付けしてもらいに二人で発展場に出掛ける間柄に。

違った意味でのパートナーができたな。

88x31_2