野外体験

 

 

パートナーと野外露出をしたときの話です。

コックリングを装着して、

短パン、Tシャツのみでパートナーと近くの公園へ外出。

公園へ向かう途中もお互いのペニスを触りあったり、

ペニスを露出したりと目的地前からお互いに完全に淫乱モードです。

最初の公園についたら、

早速短パンを脱がされました。

そのまま、

公園内を1周途中ベンチに座っている人の横を通り、

私のペニスはビンビンに。

そのままの格好で、

次の公園へ移動。

途中休憩中のタクシーの横を通り、

次の公園に到着。

その公園でパートナーは全裸になり、

私も全裸になりました。

お互い服はベンチに置いたままで、

公園の中央へ。

キスをしたり交互にフェラをして、

お互いにペニスはビキビキになりました。


ワタシは目隠しをされて、

周りが見えない状態で公園散歩。

周りが見えないから、

少しの物音でペニスがビクビク反応して我慢汁がタラタラ流れました。

パートナーが耳元で人が来たよと言って、

私を引っ張り、

『見てもらおう』と移動しました。

そして、

ある場所で止まり、

後ろから激しく手コキをされ、

既に感じ過ぎていたペニスからはすぐにザーメンが発射されました。

その時にイクイクと声が出ました。

そして、目隠しを取られると、

おじさんの背中が見えました。

見知らぬおじさんに見られながら、

射精しちゃったみたいです。

その後、

パートナーのペニスをしゃぶり、

口の中に射精してもらいました。

部屋に戻り、

掲示板から相手を探して、

次は乱交を楽しみましたが、

この話はまた次の機会にでも。