巨根大好き男子が大学で出会ってしまった・・・

 

br1

 

ゼミの帰り、トイレで用をたして出ようとしたときに、

ガッチリ体型のイケメン先輩が入ってきて眼があった。

前からキャンパスで見かけたことのある先輩で、

もろタイプだったので、

手を洗いながら先輩の様子を鏡越しに観察した。

ズボンから引き出された先輩のものは、

たっているのかと思うくらいのでかさだった。

外に出てベンチに座っていると、

先輩が出てきて僕の横に座った。

先輩の手が僕の太股から股間を揉んできた。

思わず声を出してしまうと

「もっと気持ちよくしてやるから、ついてこいよ」と

手を引かれて先輩の車に乗りました。

車に乗ると先輩は、

ズボンを下げてギンギンの極太マラを助手席の僕に銜えさせました。

先輩のマラはコーヒー缶よりも太い感じで、

銜えるだけで精一杯でした。

僕に銜えさせたまま車を出して、

しばらく走ってラブホに着きました。

部屋に入ると、

キスをされながら全裸にされました。

シャワーを浴びたかったのですが、

先輩はお構いにしに僕の体中を嘗め回して、

アナルもケツを高く持ち上げて嘗め回しました。

そして指を入れて

「締りのいいケツだな。かわいがってやるからな。」と言って、

マラを押し当てきました。

先走りでヌルヌルになっているのを感じて

「スキンをして」と頼むと

「僕のサイズに合うのはないから、

生に決まってるだろう」と言って強く押してきました。

亀頭の先が入るくらいで、

とても入りそうもありませんでした。

「しょうがねーな。ゆっくり息吸えよ!」と言われ

その通りにしているとヌルッと亀頭だけがアナルに入りました。

すごい痛くて逃げようとしたのですが、

しっかり腰をつかまれて逃げられませんでした。

それでも僕が逃げようと動いていると

「お前のケツマンコ本当にきついな、まず一発目はローション代わりな。」と言って

中だしされてしまいました。

彼の極太マラが一段と太くなるのを感じました。

そして、

彼の極太マラが少しずつ僕の中に押し込まれてきました。

半分ぐらい入ったところで

「欲しいんだろ。後は自分でくわえ込めよ。」と言って

極太マラを引き抜いて、

騎乗位にさせられました。

マラを引き抜かれたアナルから、

先輩の精液がたれてきました。

それを先輩の極太マラにぬって、

僕はまたがりました。

亀頭が入って後はゆっくり埋め込んでいきました。

「すげえ締まるぞ!」といって先輩が腰を持ち上げて、

奥深く打ち込まれると同時にところてんしてしまいました。

それから先輩は、

僕のケツマンコをガン掘りしてくれました。

初めて駅弁をさせられ、

先輩にしがみついていると「二発目いくぞ」といって

種付けされました。

いろんな体位で掘られ続けたので、

ぐったりとしてベッドにうつ伏せていると、

先輩がゆっくりと覆いかぶさってきました。

指が、

ぽっかりと開いたケツマンコにスーッと入ってきました。

「これからしっかりと僕のサイズにしてやるからな。」といってマラを嵌めてきました。

酔いと疲れでそのまま眠ってしまいました。

明け方になって、

頭痛で眼を覚ますと先輩の極太マラがしっかりと嵌められたままでした。

後ろから抱きつかれた格好でした。

マラを抜こうとすると先輩が起きて、

腰を引き寄せられました。

僕のケツマンコはもうヌルヌルの状態なので一気に勃起した先輩に正常位で掘られました。

「僕のガキを孕ませてやるよ。」

「僕のものになっちまえよ。かわいがってやるぞ。」と言われ種付けされました。

それから週に2回以上会って種付けされ続けました。

88x31_2