発展場の全裸デーで巨根を自慢した結果・・・

 

88x31_2

 

発展場に行ったら全裸デーだったんで

自慢の巨根見せながら待合室で物色してたんだ。

何人かに触られたりアピールされたりしたけどあまり好みじゃなく諦めかけてた。

30分くらいしてスジ筋の10代の大学生くらいのやつが部屋に入ってきた!

顔も僕好みでどことなくイケメン芸能人に似てたんだ。

僕は「こいつを犯したい!」て思って

すれ違いざまにケツをそっとなでて部屋を出た。

仕切られた個室で横になって待っていると、

すぐにそいつが入ってきた。

かわいい顔してるくせに、

いきなり僕のチンコをしゃぶりだした。

「クチュクチュ…あぁ、すごくおいしい」と

口の周りをよだれでべたべたにしながらうまそうにしゃぶる彼を見ていたら、

僕のチンコから先走りがだらだら出てきて、

ギンギンに。

僕もだんだんSっ気が出てきて、

ガンガン腰を振りながら彼の口を犯した。

でも、必死に咥えて絶対に離そうとしない。

「チンコ、うまいか?」

「うん、おっきくて固くてすっごくおいしい」

潤んだ瞳で見つめながら、

うまそうにしゃぶっている。

僕は彼の頭を引き寄せ、

キスをした。

「あふぅん」と色っぽい声を出しながら

夢中で舌を絡めてくる。

そっと手を伸ばして彼の左の乳首を指ではさんで刺激を与えると、

腰をクネクネとさせながら僕の腹におっきくなったチンコを擦り付けてきた。

その間も休むことなく、舌で彼の口を犯しまくると、

声にならない声で喘ぎまくっていた。

彼の体を反転させ、69の体勢に。

またよだれをたらしながらうまそうに僕のチンコにしゃぶりつくやつのチンコはウケにしておくのにはもったいないくらいの巨根だった。

舌先でチロチロと裏スジを刺激し、

ゆっくりと全部を飲み込んでやると、

「うぁあ、すっごい、あああん」 と

色っぽい声でなき始めた。

一瞬口を離したやつの頭を押さえ込んで、

のどの奥を巨根でがんがん突いてやった。

しっかりと僕のチンコをしゃぶらせながら、

僕は彼のチンコを口から外し、

玉袋、その裏、そして毛ひとつ生えてないきれいなピンクのアナルに舌を滑らせた。

かなり、感じるみたいで

「ぐふっ、んん」 と

声を荒げながらも僕のチンコをうまそうにしゃぶる彼の声を聞くと、

ますますいじめたくなってきた。

アナルがびちょびちょになるまで嘗め回し、

ゆっくりと舌をアナルに差し込んでみる。

思った通り、

かなり淫乱なやつらしく、

ヒクヒクとしたひだが僕の舌をきゅっと締め付けてきた。

部屋の中は彼のチンコをしゃぶる音と僕がアナルを舐め回す音が淫乱に響き渡っていた。

それから、

じらすように人差し指でアナルの周りを刺激してみる。

彼は腰をうねらせながら、

必死に快感に耐えているようだった。

僕の胸の上にある彼のチンコからはとろとろと我慢汁があふれ出していた。

僕は体を起こし、

彼を四つんばいにさせた。

「ケツをこっちに向けて、僕を挑発してみろよ」

彼はケツだけをぐっと高く持ち上げて淫乱に腰を動かし始めた。

そして右手で尻たぶを広げると

「ああぁん、はずかしい…」 と言いながらも

次第に我慢できずに右手の指をゆっくりと自分でアナルに入れ始めた。

こいつ、

マジで見た目とちがって淫乱だ!!

右手で自分でアナルに指を入れながら、

左手でチンコをくちゅくちゅ音を立てながらしごき始めた。

「はぁはぁ、あああん、気持ちいい…」

彼のやらしい姿を見ていると我慢ができなくなり、

gayjapan

指の入っているアナルをもう一度舐め始めた。

それも、わざと大きな音を立てて。

じゅぶじゅぶといういやらしい音がさらに彼を卑猥な気分にさせるのか、

声がさらに大きくなっていった。

「はやく、おっきいの入れて!」

もう我慢ができないらしく、

腰を激しくグラインドさせておねだりしてきた。

僕はローションもゴムもつけず、

彼のびしゃびしゃになったアナルに一気にチンコを突き刺した。

「うぁぁあああっ」

叫びに近いような声が部屋中に響き渡る。

かなりほぐしてでもなかなか入らないやつが多いくらいの自慢の巨根が、

あっというまに全部飲み込まれてしまった。

やつのなかは、

ねっとりとしていて温かく、

絡みつくように僕のチンコを刺激する。

「はぁはぁ、あん、あん」

色っぽい声で喘ぐ彼を見下ろしながらバックで最初から猛スピードで突いてやった。

「いやいやいやぁ、こわれる~」

叫ぶ彼を見ても容赦はしない。

声ではこんなことを言っても彼のチンコはギンギンでタラタラと先走りがあふれ出して布団のシーツにしみができているからだ。

スピードを落とし、円を書くように腰をグラインドさせる。

彼の腰ががくがくと震えだし始めた。

ゆっくりと腰を引き、

一気に奥まで突き刺してやると、

「はあああぁぁんっ」 と

女みたいによがり始めた。

どうやら奥が一番感じるらしく、

ガンガンチンコの先で犯してやった。

その間に右手で彼の乳首をつまみ、

左手で彼の亀頭をグリグリと手のひらでこすってやると、

さらに大きな声で喘ぎ始めた。

いつの間にか声を聞いた連中がチンコをギンギンにしながら、

カーテン越しに僕たちの様子をのぞいていた。

僕はギャラリーに見せ付けるように向きを変え、

後背座位の体勢をとって外から僕の巨根が出入りしている様子がよく見えるようにしてやった。

ガンガン下から突き上げてやると

「だめだめぇぇ、いっちゃうう、ああああ」 と

大声を上げ始めた。

見られることにも興奮したに違いない。

彼は首をぐるっとまげて僕にキスをおねだりしてきた。

彼の唇や下をグチョグチョになるまで嘗め回しながらさらにスピードを上げて彼を激しく突き上げる。

「ああああああ、いくぅぅぅ~~!」

彼は自分でチンコにまったくさわらずに

ドクドクとチンコから真っ白いザーメンを吐き出した。

その瞬間、彼のアナルがきゅっとしまり、

僕のチンコを締め付ける。

今度は僕がイク番だ。

チンコをアナルにぶち込んだまま、

彼を反転させ正上位にして掘り込んだ。

彼が両足を僕の腰に巻きつけ、

僕は猛スピードで腰を動かす。

くちゃくちゃと彼の腹の上でさっきぶっ放したザーメンが音を立てる。

「あああ、イクゾ~~~~、中に出すぞ!おらぁっっ!」 「出して、出して、いっぱいちょうだぁぁいっ、あああっ」 僕は彼の一番奥深いところに、

たまったザーメンを吐き出してやった。

かなりやってなかったからか、

それともこんなにいけてる彼を激しく犯せた喜びからか、

いつもの2倍くらいの時間、

ドクドクと種を植え付けてやった。

その後、

余韻を楽しむように腕枕をして頭をなでてやるとぎゅっと体を寄せ付けて甘えてくる。

「おまえ、すごい淫乱だけどかわいいな」

「お兄さん、めちゃくちゃタイプやったから」 と

うれしそうに話す顔はやっぱりかなりのイケメンだった。

しっかりとメルアドを交換して

シャワーを浴びて別れた。

今度は僕のタチ友を2人呼んで、

彼の部屋で4Pをする約束をしている。