小生意気な大学生を脱がしたら巨根過ぎて墜とされたリーマン

 

br1

 

アナル疼いてしょうがない俺は営業でお得意様回り中なのにサイトで近場の大学生を募集した。

偶然近くにいるという大学生からメールがきた。

小生意気な感じだけどデカマラというから速攻メール返してた。

指定されたのが古いビルの前で待ってると大学生があらわれた。

大学生に促されてビルに入りエレベーターに乗る。

乗った途端股間を握られて耳元で

「たっぷり可愛がってやるぜ淫乱野郎」

大学生の言葉に期待度がいっきに高まりリングマラがビンビンになる。

そのビルの4階に下ろされて空き家のオフィスに入る。

鍵も何もかかってないらしい。

「ここは誰も来ないから思いっきりやるぜ」

「ほら何やってだ、脱げよ」

「はい」

急いで全裸になる。

「何でリングなんかしてだよ。

しかももうビルビルにしやがって淫乱だな」

「すいません」

立っている後ろに回られて背後から乳首を弄られる。

乳首モロ感な俺は乳首弄られるだけで先走りでヌレヌレになる。

テーブルに寝かされアナル丸見えの状態にされアナル弄られる。

アナル指で弄られても痛いだけの人が多いが大学生は的確に俺の気持ちいいポイントを探しだし責めてくる

「アナル弄られてもマラビルビルじゃねーか。マジ変態だなおめーは」

「気持ちいいっす」

「しかも具合良さげでヤリマンだな」

「何おめーだけ感じてんだよ」

「すいません」

「どうすんだ」

「貴方のデカマラしゃぶらせて下さい」

しゃがんだ俺の目の前に大学生はズボンからデカマラを差し出す。

確かにデカい。

デカマラで顔をビンタされる。

あまりのデカさに一心不乱にしゃぶるがデカ過ぎてくわえ込めない。

30分もくわえていたらさすがに顎が外れそうだ。

しかもくわえてる間革靴でビンビンのマラを弄られる。

フェラテクに自信があったが大学生はかなりの遅漏みたいだ。

「ただくわえてるだけでいいのか」

「デカマラ欲しいっす」

「どこに欲しいんだ」

「アナルにデカマラぶち混んで下さい」

「生で種付けしてもらいたいんだろ」

「はい」

「そうだよな、おめーみたいな淫乱野郎は満足出来ないよな」

「すいません」

「おら四つん這いになれ」

「泣き入れて止めねーからな」

「はい」

一気に大学生はデカマラをぶち混んできた。

かなりの激痛が全身に走る。

そんなの関係無しにガンガン掘ってくる。

「俺のデカマラ一気にくわえて込むなんてやっぱしおめーは相当なヤリマンだな」

「デカいっよ。あー、すげー」

「トロマンで中々具合いいな。淫乱野郎だし気にいったぜ。俺の精処理奴隷にしてやろうか」

「お願いします貴方の精処理奴隷にして下さい」

「何でも言うこと聞くか」

「はい」

「あーいくー」

「もうトコロテンか。

俺は全然満足してねーだよ」

「机に手付いてケツだせ」

タチマンで犯される。

「気持ち良すぎで立ってらんないっすよ」

「こんなんで値上げてたら俺の奴隷にはなれねーぞ」

もうすでに一時間以上掘られてる。

「そろそろ終わらせねーと時間やばいな」

「まだまだいけるんだど出しとくか」

「お願いします種付けして下さい」

「よし」

猛ガン掘りのラストスパートで二発目のトコロテン

「おー締まる」「いくぞ」

大学生に無事種付けしてもらえた。

大学生は目の前にデカマラ差し出すから自然に綺麗した。

「良かったぜ、又使ってやるから何でもするんだぞ」

大学生はズボンを穿くとそのまま出ていった。

俺は暫く動けないくらい腰ガクガクで座り込む。

お陰で半日仕事にならなかったが又大学生からの呼び出しを心待ちにしている。

88x31_2