募集したらデカマラの引越し作業員が来た

 

br1

 

淫乱の僕は時たまムラムラが止まらなくなる。

なのでSNSでタチを募集した。

ほどなく、引越し作業の兄ちゃんからの連絡が来て、

夜9時に某便所に来いという。

そこはあまり馴染みがなかったが、

ガテン好きの僕は二つ返事で応信、

夜になるのを待って指定場所に向かった。

入口近くの便所で、

ケツ開きツナギに着替え、

ケツには張り型を押し込んで。

寒い頃だったが、

テンションあがりきってる僕はむしろ気持ち良くケツを疼かせながら歩いて行った。

フェンスの脇のベンチに兄ちゃんは座ってアイコスを咥えていた。

他には人影も見えず、

ためらいもなく僕は兄ちゃんの前にぬかづいた。

チャックを下ろすと、

まだ柔らかいが重量感のあるマラがそこあった。

僕は匂いを吸い込み、

心を込めて口を使った。

やがて兄ちゃんのマラは目覚め、

固く反り返った。

「ちょっ・・・デカい!」

弾力のあるそれは兄ちゃんそのものだ。

「満足できそうでしょ??」

「旨いす、堪んねえ」

僕は愛おしむように味わい続けた。

「よーし、フェンスに手をつけて」

おれはフェンスの網を掴んで、

まだ張り型を填めたままの穴を突き出した。

「マジ変態だな」 と

失笑しながらデカマラをぶち込んで来た。

ガン掘りしながらも兄ちゃんはヒダをこすり要点を捉えて突いて来る。

快感におれは周りを気にする余裕もなく悶え泣き喚いた。

やがて兄ちゃんはベンチへ移り、

おれに股を開いて跨がらせた。

不安定な動きに呻きながらも、

僕は腰を振り、

やがて熱い迸りを受けた。

「ありがと、また連絡してよ」

兄ちゃんは去り、

ケツを生暖かい種汁で塗らしながら、

おれは自分でしごきながら果てた。

絶対に連絡すると思う。

88x31_2