18cmの太マラ!まさに究極の快感...

 

br1

 

休み木曜日19時過ぎからは掲示板経由でメッセージをくれた“30代前半・18cmマラ”さんと。

巨根さんの希望で寝室消灯待機。

事前にチンポ・顔画像交換無しだったので、

どんな人が来るか不安もあったけれど、

部屋へ全裸で入ってきた巨根さんはアッサリ優しげな顔立ちで年齢より若く見える感じ。

タイプで安心感した。

差し出された重量感のある半勃ちチンポをしゃぶると即勃起。

サイズもプロフにあった18cmに偽りは無さそうで、しかもかなり太い!

咥えるのも鬼頭ぐらいで口の中がいっぱいになってしまった。

さすがの僕も入るか、ちょっと不安に...。

巨根とケツ穴をたっぷり舐めたところで、

巨根さんがゴムを取り出したので、

巨根を自分のペースで嵌める為、

騎乗位で入れさせてもらう事に。

巨根とケツマンコにたっぷりローションをつけ、ゆっくり挿入。

でも、しゃぶるってる間、巨根さんが指でケツマンコを時間かけてゆっくり広げてくれていたので、

痛みも無く根元まで入った。

下から乳首を弄ってもらうと、すぐにケツイキ突入。

動かさなくても巨根でケツマンコが極限まで拡げられてる感が凄くて、

巨根で無いと本当に感じられない快感に浸った。

巨根に慣れてきて腰を激しく上下してみると、

巨根さんも声を出して感じてくれていた。

巨根さんが身体を起こし、正常位に移行。

そこからは正常位・バックと激しいガン掘りになり、

あまりの気持ち良さに一晩中でも入れっぱなしにされたいぐらいだった。

しかし、しばらく掘り込んでくれた巨根さんにも遂に限界がきて、ゴムの中に発射して終了。

終わった後、少し話をしたら、男と女半々ぐらいのバイの人だった。

思わず、こんな人と付き合ったりしたら、

身体が離れられなくなりそう...

なんて想像したりもした(笑)

88x31_2