デカ〇ンで幸福

 

br1

 

俺は現在、

工務店の事務員兼雑用係をしている30歳のゲイである。

高校を卒業して、

自動車部品工場で働き始めた。

資格も何の取り得もない俺だが、

デカ○ンだけは自慢できた。

当時19歳で、平常時12㎝、

勃起時20㎝超えのデカマラwww.

工場の退勤時に風呂に入ると、

周囲の同僚から注目を浴び、

デカ○ンヤッちゃんと呼ばれるほどだったwww.

また、

女性専門ソープで働いたらNo.1になれるとも冷やかされた。

でも、女性嫌いで、

高校時代に彼女からデカ○ンでセックスを拒まれてから、

女性恐怖症になってしまった。

会社の風呂に入る同僚に、

俺と同じような悩みを持つ男がいた。

彼も平常時からデカマラで、

周囲の同僚から冷やかされていた。

脱衣所でロッカーの影で2人切りにになった時、

デカマラの悩みを打ち明けられ、

勃起を見せ合った。

ゲイであると、

カミングアウトされ、

動画に出演して小遣い稼ぎしていることを教えられ、

ゲイでなくても出演できると、

次の日曜日に撮影に誘われた。

当日、撮影スタジオに一緒に行った。

中では先客が撮影していた。

スイムゴーグルをして、

センズリの撮影をしていた。

それだけで、

出演料をもらっていた。

俺にもゴーグルと海パンが渡され、

撮影開始。

撮影後、時間に出演料をもらって帰った。

スタジオスタッフによれは、

顔出し、スタッフによる手コキ、

フェラ、ア○ル使用で出演料が上がるので、

次回からの撮影を勧められた。

撮影3回目に、顔出し、フェラ、

ア○ル刺激の撮影中に、

男性の竿を受入れたら出演料UPと言われ、

ア○ルセックスまでしてしまったwww.

センズリだけの3倍の出演料をもらった。

ア○ルセックスが快感で、

トコロテン射精したことが出演料UPになった。

ノンケと言うことで出演していたが、

ゲイセックスの味を覚えてしまってから、

ゲイになってしまったwww.

すると、土日にデカマラでウリ専デビューすることになった。


デカマラがウリで、

毎週買われた。

ある工務店副社長(社長の息子)がお得意様で、

日曜日に別れる時、

次週土日の予約を入れてくれた。

店には違反と知りながら、

店には内緒で会うこともあった(秘)

数か月後、

副社長から転職の話があり、

副社長の工務店の事務員になった。

工務店の寮として借り上げたマンション(副社長の隣)に住み、

仕事は雑用係。

工務店の掃除、電話番、

お客様へお茶出しなど、

軽作業で、

夕方に作業員たちが店に戻ると、

ビール、ジュース、お茶菓子を出して、

仕事終了。

夜は、飲みに出る副社長に同行して、

俺のマンションに入る。

部屋は、副社長の隣の部屋。

部屋タブルベッドで朝まで過ごし、

副社長と朝食を食べ、

一緒に出社。

副社長を建設現場に見送り、

店の掃除を始める。

電話番をしながら、

PCでゲームをしながら、

時間を潰すwww.

昼食は、

ほぼ毎日カップ麺かコンビニ弁当。

給料は工場時代のほぼ倍額。

勤務中は会社支給の作業着に安全靴。

副社長に同行中は小遣いはほとんど使わない。

正社員の仕事を得て、

特定の男性に愛され、

ゲイとして幸せな毎日を送っている。

若い頃は、

デカ○ンのために悲しい日々だったが、

デカ○ンでアルバイトをして、

現在では幸せな生活を送っている。

デカ○ンは金になるし、

幸福を得ることもできる。

これからも、

工務店副社長のゲイ妻として生きて行きます。

終わり