同級生の極悪兄弟の性奴隷になってた学生時代

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

高校の頃にセフレだった友人はかなりデカマラで、

最初は尺八されながら指を突っ込まれてイカされてたんだけど、

毎回やられて段々と緩んできて、

指が三本楽に入るようになった頃、

とうとう18cmのデカマラをブチ込まれてしまったが、

友人は3つ年上のお兄ちゃんがいて、

兄弟同士でシゴきあったり、

しゃぶりあったりしてザーメン抜きをしていたんだけど、

ケツ受け出来る僕のケツで性欲処理をしている事を聞いた友人のお兄ちゃん、(当時21才)が、

俺にも使わせろ!と言い出し、

兄弟に使われるようになった。

お兄ちゃんは弟と同じ18cmのデカマラだったが、

太さが5cm位の弟のマラとは比較にならない程太かった。

直径は7cm近くあって、

丁度缶コーヒーと缶ビールの中間程の太さで、

人間離れした太さだった。

彼女が出来てもあまりの太さに逃げられ、

風俗へ行っても、商売道具が壊れるからと、

先っぽを舐められながら手でシゴかれてイカされる。

と立派過ぎて今だに童貞だと言ってました。

だから仕方なく弟とマラのシゴキあいをしていたそうで、

弟がデカマラで突きまくって拡がったケツなら自分のも入るだろうと、

弟に俺のケツを貸せ!と言ってきたのですが、

さすがに弟に突かれて緩んだ僕のケツでもかなり無理があり、

痛みに耐えながらお兄ちゃんの超極太マラを根元まで呑み込みました。

僕の痛みを紛らわそうと、

僕のマラを尺八してくれましたが、

お兄ちゃんが僕のケツにザーメンを流し込み、

超極太のデカマラを抜くと、

ケツ穴が切れて出血してしまい、

お兄ちゃんのデカマラは白いザーメンに僕のケツの血が混じってピンク色をしていました。

88x31_2

それからは何度も使われているうちに、

僕のケツはお兄ちゃんの超極太マラで突かれるのが大好きになり、

簡単に根元まで呑み込んでしまうようなガパガバのケツになってしまい、

最初は弟のデカマラで突かれてザーメンを流し込まれて、

適度にケツが緩んだらお兄ちゃんの超極太をブチ込まれて、

兄弟二人のザーメンを流し込まれるようになり、

僕のケツはいつも緩み気味で、

掘られた後も半開きのまま二人の混じり合ったザーメンを垂れ流していました。

2~3年使われた頃には、

お兄ちゃんの超極太マラでも、

事前に拡げておかなくても簡単にズボズボ出来る程緩くなってしまい、

兄弟二人に挟まれて2本挿しされるほどにガバガバになっていました。

そこから先はお決まりですか、マラだけでは満足出来ず、

種付けされた後には

お兄ちゃんの拳をケツにズッポリとブチ込まれながら、

弟に手コキされたり、

尺八されたりしながらザーメンを抜いて貰っていました。

お兄ちゃんが30才になるまでは、

兄弟に使われていましたが、

ようやくお兄ちゃんの超極太の相手が出来る、

出産経験のある×1女性が現れ結婚してしまい、

それからは、

弟専用の性欲処理道具として、

デカマラで突かれ、

種付け後はザーメンでヌルヌルの直腸を拳でカキ回されながらシゴかれながらザーメンを抜いて貰っていました。

br1