バイの後輩の願望をかなえさせてやった・・・

 

br1

 

会社の後輩は長身で色白。

彼女持ちらしいけどバイセクシャルらしく、

年上の男に抱かれるエッチがしたい願望があると打ち明けられたから実行してあげた。

最近は、少し腹回りとケツがタプついたと言われるらしいが、

僕から言わせれば、

充分にスジ筋のタイプな部類だった。

平日の昼間、そいつ行きつけのラブホに行ってやる事になった。

セーファで、やってもらえますか、道具は、準備しますから。

薄いスキンやら、注入用のローション。

昼飯食べてないんすよ。

ケツ洗ってますよ。

はあ?男の経験は少ないんすか?って感じだった。

『チンコ、しゃぶってもいいっすか?』

両手で掴み、ぎこちない感じで、僕は、しゃぶられるままにしておいた。

涎でべとべとになった頃、僕は上に跨がらせ、キスをした。

ちょうどケツ辺りに僕のが当たってる感じだった。

タイプだと俄然興奮して来るし、興奮すると、

先走りがスゴいのが、僕のマラ。

大抵、自家製ローションで入ってしまうぐらいでてしまう。

僕のローションをケツ穴に塗り付けるようにマラを擦り付けた。

『すっげぇ、我慢汁でてますね。擦られると気持ちいいです。

『なんか入りそうっすね、このまま入れていいっすか?ケツきれいにしてますから。』

「ゴムは?」

『こんなにケツの周りを我慢汁で、ぐちょぐちょにされたら、いまさらゴムしても一緒だと思うし。』

そいつは、体を起こし、片膝を立て、僕のモノを握ると、自分でゆっくりと入れていった。

『動かさないで。ああ、んっ、入ったぁ。』

眉間にシワを寄せて、僕のを入れようとするところ、エスな気分にスイッチが入ってくる。

だんだんと慣れて来たのか、両膝を立て、

自分で腰振り始めた。

僕は、少し腰を浮かさせ、注入用のローションを穴に一気に入れ、ゆっくりと腰を落とさせた。

『あっ、あああっ、』

体をビクつかせながら、眉間にシワをよせる。

自分で腰を動かし始め、穴をグチョグチョといわせながら、

僕にたまに乳首を摘まれて、喘ぎ声をあげる。

『やっぱ、生は掘られても気持ちいいすね。

』 僕はそいつのマラを握りゆるゆると扱こうとすると、

いってしまうからと腕を掴まれて制止されてしまった。

僕は、そいつの両手を握り、

前に突き出すように、突き上げた。

『ああん、あっ、あん。』

僕は、体を起こし抱き締めながら腰を動かした。

『あっ、あん。やべぇ、女みたいに声が出ちゃう。大丈夫っすか?あっ、あん。』

「マンコやられてるみたいな気分になってきた?いいよ、気持ちって声だしなよ。」

僕は、そいつの体を倒し、両膝を抱えて、激しく打ち込んだ。

『ぐわっ、あっ、』

「顔隠すなよ。」

顔を隠そうとする両手を握り、

突き上げるようにゆっくりと腰を動かす。

『っつぅ、うっ、はあっ、』

『ああっ、気持ちいい。いいっすよ、僕の中に出してください。いっぱい。女みたいに種、出されたいです。子種、僕の中に打っ放してください。』

「孕むくらい注いでやるからな。僕が子種打っ放してるのマンコで感じろよ。」

『もう、イキそうですか。僕、出そうっす。一緒に、一緒にイキたい。』

僕は突き上げながら、扱いてる手を早めだ。

「先に出せや、すぐに注ぎ込んでやるから。」

『あっ、あっ、イク。僕の子種が、出る。出る。』

ドロッとした感じで、僕の手に伝わって流れる。

ドロッと吹き出す度に、そいつの穴がしまる。

「ほら、僕の子種、注ぎ込んでやるからな。

しっかり孕めや。」

僕は掴んでた腰を、イク瞬間に強く掴み、

奥まで突き上げるように、子種を注ぎ込んだ。

『あっ、あっ、あっ、』

僕の子種が、注がれてるのを感じてるのか、収縮する度に、

そいつは体をピクつかせた。

すっげぇ、気持ち良かったです。

88x31_2