18歳の淫乱ネコボーイを味わってしまった。

 

br1

 

久しぶりに18のスリムなネコはめてやったー掲示板みました、はめてくださいとメールー画像交換、

う~んもうひとついけてないがスリムな十代てことで、

下半身がOKしたー待ち合わせ、顔はまあまあ、

体はスリムでうまそうードラ仕込まれたいとのことで、 発展やり部屋へ。

トイレでドラ仕込ませ大部屋へーうん、脱いだらスリムでなかなかいい体!

キスすると奴も舌を絡めてくる、

乳首を舌先で舐めまわすー

「ああ~つ」と感じてやがる。

でちんぽを口先にやると、飢えたようにしゃぶりつきやがったー

「おら、もっと舌使えよ」と口の奥に突っ込んでやる。

「ううっつ」とくわえようとしやがるーしゃぶらせながらけつまんに指を入れぐちょぐちょに掻き回すー

「あっ、あっ、」感じてやがるーラッシュがんがんに吸わせるととろ~んとした目で、

「下さい」「何、何が欲しいんだよ?」

「ちんぽ。ちんぽ下さい」

「どんなちんぽ欲しいんだよ、大きな声でいいな!」

「でかい、でかいちんぽください!」大声で叫びやがった。

ドラ効きはじめてるらしいーぎんぎんの俺の」

まらをぶち込む、「ああっ、いい」恍惚とした顔、

まじ気持ちいい、しまり最高!

キスしながらがんがんに突き捲くってやる、腕を俺の背中に回し、

まらが奥にもっと突き刺さるようにぐいぐいとけつを差しだし、感じてるのか体がぴくぴくと震えるー仰向けに向かせけつを突き出させるーバックからまらぶち込むー

「あ~あっ~あ~すごい」ぴちやぴちゃピストンの音が淫乱に響くーぐっつたりとうつ伏せに倒れこむ奴のけつまんを容赦なく突きまくる。

一度抜き奴にしゃぶらせる、

「ほら、びんびんのまら欲しいんだろ?じゃしっかりしゃぶってびんびんにしな!」

br1

奴は狂ったかのようにしゃぶりまくる、

「ほら、欲しいなら自分でまんこ開けろよ、早く!」

奴は股を大きく開き手で足を持ち上げたーまんこがぴくぴくしているー

「ほらいくぞ」毛のないきれいな小さなマンコは俺のでかまを飲み込んだー

「ああ~おおきいよ」

「は?でかいの好きなんだろ?やめていいのか?」

「嫌です、下さい・・・」

俺は奴のけつ抱えてまらがおく深く入るようにしてキスしながらがん堀り、奴もキスをせがんでくる

「淫乱だなあ、廻してやろうか?」

「他のちんこも欲しいンだろ?」奴は口をあけて恍惚状態ー「おら、廻されたいんかい?」

「はい、お願いします」

「じゃもっと人が居る大部屋に行くぞ」奴を大部屋に連れていく

「ほら、チンコ欲しいゆうてみな」

「ちんぽ欲しいです」

「聞こえねえんだよ!もっとでかい声で」と奴は

「でかいちんぽ欲しいです」と叫んだ。

とその声にギャラリーが「こいつちんぽ好きなんでしゃぶらせてやってくださいよ」と

近寄ってきたでかまらな奴に頼む。

「すげえ~」といいながら彼はまらを奴の口にぶち込んだー俺はまらを下の口にーしゃぶりながらがん堀りされる奴、

ちんぽが口から外れた瞬間、

「種、種が欲しいです。。お願いします」とつぶやいたー「何?聞こえないんだよ!種くださいと大声でいいな!」、「種、ザーメンください」奴は大声でさけんだ、俺は超淫乱モードにー奴をしっかり抱きしめ、激しくピストンしたー「あっ、あっ、まんこつぶれちゃう、でも気持ちいいよ~」

俺も限界、「ほら、いくぞ、種くれてやるよ」

「ああっ、、、」どくどくっと奴の中に流し込んだ。

この後奴の口でもう一発!やっぱ種付け最高だ