満員電車で

 

 

1年ほど前になりますが、

JRから私鉄に乗り換えて、

毎日通勤しているが、

この日は、

人身事故の影響で、

いつもの満員電車の状態ではなかった。

半端じゃない混みようで、

改札口から込み合っていて、

ホームに進むと、

ホーム内にも人があふれていた・・・

来る電車来る電車が、

満員で降りる人がいても、

乗る人の方が多く乗り切れない!

仕方ないな~と座れるベンチを探し、

一休みして、

少し待ってから通勤しようとあきらめていた。

30分待ったが、

混みあっている。

そろそろ、

並んで電車に乗るしかないなと思い、

階段付近を避け、

少しでも混みあっていないところを探すが、

さほど、変わりはなかった。

この辺で乗ろうかな~と思っていると、

俺が166㎝なんで、

俺より少し背の高い感じ位で、

172㎝くらいか(?)の男性で、

髪は短めのスポーツ刈りで、

普通体系で、

さわやかな感じのお兄さん。

俺よりはすこし年上の20代後半から30歳までと言う感じだろうか(?) でも、

若く見える感じも、

一重瞼で、真面目そうな感じもする男性だった。

このお兄さんの匂い嗅いじゃおうと思い、

後ろに並んでお兄さんの背中を見ていた^^

お兄さんは、普段着で、左手には、

布製の紺鞄と小さめのバックを持っていて、

右手には単行本をもって読んでいた。

上着は、縞のカッターシャツに、

ジーンズのラフな感じだった。

ふと見ると、

左の薬指には、

真新しく輝く指輪をしている!

新婚さんかな?子供居るのかな?

さわやかで男らしいけど、

どことなく、

可愛い感じの顔の表情があり、

新婚さんだなと思った。

さては、左手の紺のカバンの脇の、

小さなバックは、

奥さんのお弁当を入れてあるバックだな~と思った。

急行電車が、入ってきた。

また、満員だが、

少し降りたところで、

皆押し合ってぎゅ~ぎゅ~押し合うが乗れず!

次の普通電車が入って来て、

その男性の後ろから、

俺も乗り込むと、

ぎゅ~ぎゅ~押し込まれていく。

俺は、彼の周辺をキープするので精いっぱい。

片足が浮いてしまうほど、

押し込まれていく。

反対側のドア寄りの、

中央部に押し込まれながらも、

彼の横より少し後ろにまで押し込まれてしまい、

背に押しよって匂い嗅ぐところではなかった。

俺の片足は浮いたような状態で体が斜めっている感じだ。

俺の鞄は、

お兄さんの背の方に浮いた感じになったしまっていた。

横向きになった、

俺の横に彼がいる状態で、

彼も、身動きがとれない感じで、

単行本を持った手で、

頭上のポールを持って体をささえているだけで精いっぱいの感じだった。

ドアが閉まり、

電車が動き出す反動で少し、

みんな、

場所が落ち着く感じだが、

身動きできない。

横から見ても、

良い感じのお兄さんだなと思って、

どんなモノを持っているのかと思い、

触りたいなと思った。

電車が、ポイントを通過しはじめると横揺れ。

横揺れの時に、


持っていた鞄は、

やっと、お兄さんの太腿付近にまで落ち落ち着いた。

それと同時に、

俺は、開いている右手を、

お兄さんの股間前付近に手の甲を押し込んだ。

手の甲で、

股間部の位置を確認した。

速度が上がったときに、

手の向きをかえ、

手のひらの方を、

彼の、股間部付近に軽くあててみる。

彼の、股間部分の確認をしながら、

指で、彼の、竿の位置を確認した。

手のひらを、

股間部にかぶせる感じにしてみると、

彼の腰が引かれる様子がない。

また、手のひらで股間部にかぶせる感じにすると、

一段と腰が突き出される感じがした。

彼は、

身動き取れるような状態じゃないことを確認し、

指で、

彼の亀頭部分の先端部の部分を、

そ~と、ソワソワさせてみる。

彼も何か当たっていると思ったのだろう?腰が、

モゾモゾしている感じだ。

彼の股間部に再度、

手のひらを押し当てると、

さすがに彼もきずいたのか(?)

周りを、キョロキョロする仕草をしていた。

そのまま、

彼の股間部にかぶせた手のひらで、

彼の股間部を撫でる感じにすると、

彼の表情が一変した!

前を真っ直ぐ見て、

目を真ん丸にしてしまい、

硬直した感じだ。

騒ぐ気配もないので、

指で彼の亀頭部を撫でる感じにすると、

硬直した感じのままで、

動けない様子だった。

騒がないと知った俺は、

彼のファスナーを人差し指と中指で下ろしてみたら、

彼の背がピーンと伸びる様子が分かった!

そこに、手のひらをゆっくり入れながら、

彼を観察していると。

彼は、単行本をもって握っていた手に力が入っている感じで、

彼の口元に力が入った表情だ。

手を、彼の股間を包むようにすると、

ちょっと?と言うような感じで、

足をモゾモゾ抵抗するそぶり。

包むようにしながら、

亀頭部も撫でると、

多少だが張りが出た感じがしてきた。

暖かいな~と思いつつ、

着用のパンツを手で確認する。

裾が閉じていて、

ぱっつりした感じからボクサーパンツと分かった。

ボクサーパンツの前開きの部分から、

手のひらを入れ始めると、

さすがの彼も、

小さく鼻から、声にはならない、

んん~と拒否するような。

手を差し入れると、

彼の電車のポールを握った手と、

首元が赤らんでいる。

そのまま握り、

弄っていると、

少し反応して、

亀頭部の張りが出てきているのが分かる。

彼の物を持ち出そうとすると、

腰を無理にでも動かして、

拒否しているのだろう^^

彼のを持ち出すと、

顔が、少し左右に動いていた!

彼のを、撫でたあと、

しごくようにしていると、

デカくなってきてしまい、

真っ直ぐ見て、

硬直していた彼は、

電車の天井を向いてしまった。

弄って、

しごき続けていると、

手、首元だけでなく、

顔、耳まで、赤らんで、

天井を向いている!

そのうちに、

先走りなのだろう、

俺の手も、

しっとりしてしまう。

金玉を握ってみると、

かなり、

パンパンで大きな金玉だな~。

手のひらに、

彼の先走りを塗り付けて、

彼の亀頭部にかぶせて、

こねくり回すようにすると、

一段と先走りが出てきたようで。

彼の足の腿に力が入り、

パンパンになって、

痙攣なのか?ぴくぴくしていた。

彼の口元から、

ふぅ~と息を吐く感じが。

彼は、俺の手のひらの中で逝ってしまった。

終わり

88x31_2