もう逃げられない。。。

 

br1

 

朝からスゲーケツマン疼きまくってて、

頭ン中はチンポの事ばっかり。

即ヤリ板チェックするも、

いつものように書き込みは僕と同じような

ケツマン野郎からの書き込みばっかだった。

が、唯一ひとつだけタチからの書き込みが。

しかも良い感じのプロフ。

ダメ元でメール送ってみたら画像も交換せずに即アポOK。

少し怪しさを感じながら待ち合わせ場所に向かうと、

そこに立っていたのは身長は僕と同じくらいでメガネかけた地味な35くらいのいかにも中年って感じの

ちょっと脂ののったお兄さん。

スゲーがっかりだったがひとりで抜くよりはマシかと思いOKしてそのままラブホへ。

ちょっと喋ってからシャワー浴びて部屋に戻ると相手も全裸。

僕はお兄さんの裸見てビックリ!ヤリマン歴10年の僕でも見た事ないくらい巨根の持ち主。

それだけでもう僕は理性がぶっ飛んでシャワー浴びるのそっちのけで溜まらずしゃぶりついた。

スッゲー太くってクチを精一杯開けてギリギリ歯が立たずに尺れるくらい。

しかもそのお兄さん、

かなりS気強くってしゃぶりつく僕の顔を

しっかり抑えて腰を振りまくってむせて僕が逃げようとすると「何、逃げてんだよっ!」

なんて怒鳴られてきて僕は更に興奮。

その後ベッドで本番開始。

お兄さんは僕のモロ感の肥大乳首をS気バリバリで噛みまくりながら指でケツマンをほぐし出した。

指を増やし十分ほぐしいよいよかと期待するが、

お兄さんは全く入れてくれる様子はなし。

僕がしびれきらして

「ケツにくれよ。」ってお願いしたら

お兄さんは意味深にニヤッと笑い

「まだだ。」と言うだけだった。

そんな事がしばらく続き

「あ~、やっぱりこのお兄さんハズレかぁ。」と思ってたら、

急に体に違和感が。

フワフワし出してケツがジワっと熱くなってきて

「しまった。やられた!」と思った頃には時既に遅し。

しかもかなり多めに仕込まれたのか天井がぐるぐる回り出す始末。

お兄さんも僕の変化に気付いたらしく、

密かに用意していた細い布で僕の両腕を縛りケツにピンクローターを入れられた。

そのままお兄さんはベッドを離れタバコで一服。

僕は早くチンポが欲しいがプライドが高くて言えない。

お兄さんは僕がケツの中で暴れるローターに悶えてるの笑いながら眺め「いいザマだな。

このままずっと眺めてたいよ。

」なんて言いながら何本もタバコを吸い続ける。

しばらくその状態が続いたが僕はもう我慢が出来なくなり、

「早くくれよ!チンポ、ケツマンに入れてくれよ!」と言ってしまった。

お兄さんはそれで完全に火がついた様でローターを入れたままうつ伏せで寝た状態で後ろから一気に挿入。

それで僕の理性も完全にぶっ壊れ

「あ~!!!ウォー!!サイコー。」と叫んでしまった。

そこからガンガン色々な体位でガンガン掘られまくり、

僕のチンポからは止め処なく先走りがダラダラ。

正常位で腰の舌に枕の入れられた状態で僕がトコロテン。

肩で息しながらぐったりしてる僕をそのまま抱いて強くキス、

すると僕の耳元でお兄さんは

「これで終わると思うなよ。僕のが萎えるまで終わらねえよ。お兄さんだと思ってバカにすんなよ。

持続力には自信あるんだぜ、

しかも遅漏だしいつ終わるかなぁ。」と言われた。

その後、

休憩はさせてもらえるが抜いてもらえる事はなく散々掘られ続けた。

僕はもう無抵抗で身動きも取れない状態に。

僕は何回イッだのかどうなってたのか記憶は虚ろ、

とうか追加してからは全く記憶なし。

開放されたのはもう終電も終わった夜中だった。

それ以来お兄さんもドラも怖くって即効でメアド変更。

だが1週間後携帯にお兄さんから電話が。

直電は教えてないのに・・・。

話を聞くとなんとお兄さんは盗撮マニアで僕がシャワー浴びてる間隠しカメラをセットしていたらしく、

一部始終を収めていたらしい。

僕は嘘だと思い

「嘘つくなよ!ほんとにあるなら持って来いよ!」と啖呵きたっが、

あまりのお兄さんの自信っぷりに念の為と思い3日後会う事に。

約束のcafeで待ち合わせるとお兄さんはビデオカメラ持参。

確認するとホントに一部始終撮ってやがった。

僕は屈辱と恐怖で震えながら一生懸命冷静を装い

「ふ~ん、ホントかよ。」と小声で言うとお兄さんはデッカイ声で笑いながらジェスチャーも加え

「別に(お金)が欲しいんじゃないんだよ。ただ、これが欲しくってさぁ。どうだろ?」 と言いメモを渡された。

そこには僕のフルネーム・住所・会社名が書かれていた。

僕は気を失ったらしく、

その間におれの免許証と社員証を映したとの事。

結局僕はそのまま前と同じラブホに連れてかれ、

同じ事をされた。

関係はまだ週一で続いていて、

今ではアポ無しで部屋に来て好き放題掘られれろ。

今では合か非かなにを仕込まれてるのかわからない、

かなり強いやつだ。

もうドラで体がボロボロ。

でも、止められないドラもお兄さんのチンポも僕はすっかり中毒になってしまった。

88x31_2