穴あきコンドーム作戦

 

br1

 

ナマ好きな僕はある作戦を実行した。

発展場に行く前にコンドームの袋の上から針で小さな穴を開けといた。

そして発展場に行き、

シャワ浣でケツの中までしっかり洗い、

ドラを多めに仕込み、

薄暗い部屋の中でドラが効き始めるまで うつ伏せ待機していた。

すると早速一人の人からのアプローチ。

すかさず、

穴あきゴムをその人のチンコに付けた。

すでに僕のケツにはオイルもたっぷり仕込んでたんだけど、

かなり デカイチンコだったんで、

最初は苦労したけど騎乗位で何とか

奥までずっぽり入れる事が出来た。

その後は下からずんずんと突き上げられ、

正常位でバコバコ掘ら れ続け、

暫く掘られた後その人は

「いきそう!」と言う声が聞こ えたと同時に、

腰を振るスピードが更に早くなり、

暫くして 「いく!!」という声と共に、

更に僕のケツ穴深くにチンコを 突っ込んできた。

その人がいったのがゴムを通してわかった。

その人は僕から離れ何処かに行った。

多分シャワーを浴びにいったようだ。

僕は、直ぐに自分の指をケツに入れ、

ザーメンの匂いを嗅いで みたが、

匂わない。

『ダメだ、失敗した~』

少しがっかりした僕は暫くそのまましていると、

さっきの様子を 見てたのか、

次の人からのアプローチ。

もうゴムは無かったが僕が

『入れてくれ』と言うと、

その人は僕の 背後に回ると、

そのまま生で入れてきた。

さっきのオイルが残ってたせいか、

すんなりとチンコを受け入れ る事が出来た。

『うぁ~!めちゃめちゃ気持ちいい~!!』

その人は僕の腰を鷲掴みにすると、

「パン!パン!パン!」と

音が出るほどの速さで腰を振ってきた。

それからどれくらい掘られただろ。

まだドラが効いてた事もあり、

途中から訳わかんなくなってしまった。

僕のチンコもギンギン状態で直ぐにでもいってしまいそうだった。

それでも背後からは相変わらずのテンポで掘られ続け、

「パン!パン!」 から

「ぐぼっ、ぐぼっ、ぐぼっ」と

音まで変わってきたのがわかった。

あまりの気持ち良さに

『やべ~、いきそう!』と、思った瞬間、

僕は久しぶりのトコロテンでいってしまった。

掘ってた人は、

僕がいったのがわかったらしく

「何処にだしてほしい?」 と聞いてきた。

僕は『中で!!』と言うと、

その人は更にスピードをあげたかと 思うと、

ケツの奥にチンコを入れた状態で動きが止まった。

すると、よほど溜まってたのだろう、

その人のチンコから3、4度

『ぼこっ、ぼこっ』と、

僕のケツの奥にザーメンを噴出し、

種付け されるのが手に取るようにはっきりとわかった。

僕は疲れ果ててぐったりしていると、

その人も僕から離れ、何処か へ行ってしまった。

その後のシャワーで、

僕のケツからはかなりの量のザーメンが出て きたのは言うまでもない。

gayjapan