やっぱ種付けハードファックは最高

 

br1

 

リバのヒカルと久しぶりにエッチがしたく連絡したら即オッケーとの事で

新宿で待ち合わせして近くのシティーホテルに入ったシティーホテルに入ったら

いきなりヒカルは僕のズボンをさげ臭いチンコをしゃぶり始めた。

少し驚いたが僕のチンコはギンギンになり準備万端。

それを見たヒカルは即裸になりアナルを僕に向けた。

アナルに指を入れるとトロトロ状態。

どうやら来る前に仕込んでたようで両方の手でアナルを拡げてチンコ欲しがってた。

僕はヒカルのアナルにチンコを充てると一気に根元までぶち込んだ。

一瞬動きが停まったが直ぐに喘ぎ声を揚げ始めた。

僕は立ちバックでヒカルのアナルをガンガン突き捲っくった。

ヒカルは自分でチンコ扱きながら

生チンコいい~を連発僕もヒカルのアナルのトロトロで

最高に気持ちよく奥までガンガン突き捲っくった。

流石にイキそうになりヒカルに

「中にたっぷり出すぞ。」と言い

ヒカルもチンコ扱き種付け同時にザー汁を床にダラダラ巻き垂らした。

種付け後二人で風呂に入り体を洗いベットへ。

僕も仕込んでヒカルも更に仕込んで二人ともキメキメのアナル状態で交互にアナルを掘り捲り種付けを互いに三回した。

アナルは二人ともトロトロのがばがばザー汁だらけ

二人共に貫通済みだったからその後は互いのアナルに指全部入れて掻き回す。

拳がアナルにズッボと入る気が狂いそうな快感が来る。

チンコからトコロテンでダラダラ出る。

僕も力込めてヒカルのアナルに拳をぶち込んだ。

ヒカルも半分ぶっ飛んだ状態。

二人とも狂う様に互いのアナルの拳をガンガン突き捲っていた。

終わる頃にはアナルは開きっぱなし中までまる見えベットはザー汁や汗やアナル汁でベタベタ僕とヒカルは抱き合いながら舌を絡めながら余韻に浸った。

風呂に入りお互いアナルを綺麗に洗い開きっぱなしのアナルにまた互いに一回づつ差し込み

イク時は口で受け止めて呑んだ。

ヒカルとの盛り合いは最高だった。

また盛り合う約束をして新宿で別れた。

ただまた暫くはエッチ出来ない位やってしまった。

癖になりそうだ。

88x31_2