部室で先輩たちの種壷になった日

 

br1

 

学生時代男子校で体験した話。

バイって事をカミングアウトした次の日に、

部活の先輩達に呼び出されてしまったから何発でも受ける覚悟で、

アナルを洗浄をして、

自分でアナル拡張してから部室に向かった。

部室に着く頃には、

ドキドキが止まりませんでした。

タチの先輩がたくさん待機してるらしく、

僕は早く欲しくてたまらなくなる。

早く僕のアナルに溢れるぐらい種をくれって…

僕は、服を全部ローかーにほおり込み、

暗闇の中へと向かう。

キマってるせいで、上手く歩けない。

通路で、ガチガチのリングマラの先輩の手が僕のケツを触る。

僕は、それだけで悶えてしまう。

耳元で「キメてるのか?」って聞いてくるから、

うなずき「早く先輩のリングマラで突いてくれよ」と返す。

僕は先輩と熱気溢れる部屋で、おっぱじめる。

まわりを煽るかの様に、

喘ぎ悶えながら… 身体中を舐め回される。

アナルを広げる様に舐め回される。

僕は我慢できずに「早く入れてくれ」って言ってしまう。

先輩の熱くなったガチガチのリングマラがアナルに当ててくる。

僕は我慢できずに、自分からケツを動かして、

先輩のマラを飲みこむ。

正常位でガシガシ突かれながら まわりにギャラリーが増えてくる。

バックに体位を変えると、目の前には何本もの、

ギンギンにたったマラが並ぶ。

今の僕には理性なんてない。

目の前にあった、マラに僕は貪りつく。

アナルもクチマンコも犯される。

僕の口は、

マラをくわえてるから声なんて出せない。

ただ、

まわりのギャラリーが増えて行く。

いつの間にか、

乳首も僕のマラも…何人周りいるかわからないぐらいに犯される。

先輩の動きが早くなり

「種付けっぞ」

ギンギンのマラが奥に到達したとこで

先輩は一発目を種付けた。

ケツの奥に熱いものが広がる。

先輩はまだ、

萎えずに擦り込むかの様にガシガシに突いてくる。

さすがに疲れたのか、

くわえてた先輩と交代した。

リングの先輩より、

サイズは多少小さいが、

僕の一番気持ちいいところを突いてくる。

クチマンコには、

また新しいマラがくる。

僕は貪る。

横に出てきた、

違うマラも…欲張り二本とも貪る。

バックからもガシガシに突かれる。

正常位に変えると、

更に当たる。

かなり悶えながらも、

アナルは、マラをくわえたままだ。

クチマンコのマラもはずすことはない。

ガシガシに突かれてると、

なんか熱いものがこみあげてくる。

ガシガシ突かれてると、

僕のマラからダラダラと何が出てくる。

僕は出てるのがわかってるんやけど…

アナルが気持ちよくて、

僕もケツを動かす。

いきなり、ケツの奥に熱いものん感じた、

二発目を種付けられた。

ここぐらいから、

記憶が曖昧になってくる。

ただ、次から次へとマラで突かれ、

何発もの種付けをされてるのだけ微かに記憶にある。

たまに「スゲートロトロやんか」とかも聞こえた様な…

「何発付けられたんだよ。

溢れてきてっぞ」とかも言われたような…

僕はうわごとの様に「もっと、

種をくれ」って言ってたらしい…

気が付いたとき…僕ははじめのリングマラの先輩の胸の中で寝てた…

「スゲー淫乱やな…」

気が付いて一番はじめに先輩が僕に言った。

目が覚めてもまだ、

多少キマってる状態だ。

先輩は最後にまた、

種付けていいかって聞いてくるから、

僕はうなずく。

さっき、いったはずなのに、

先輩はガチガチに勃起してる。

先輩が僕のアナルに入ってくる。

「スゲートロトロの種マンやぞ。

グチュグチュいいよるぞ」とまた、

ガシガシに突いてくる。

突かれながら、

種が溢れて来るのがわかる。

種がメレンゲ状になる。

それを指ですくって僕の口に持ってくる。

僕は先輩のメレンゲがついた指をしゃぶる。

このメレンゲの中に何人の種があるんだろう…

先輩は正常位でガシガシに突いてくる。

野獣の様なキスをする。

「種の味がするなおまえのキスは…」って

どうやら僕は口でも種を受けていたようだ。

先輩は正常位でガシガシに突いてくる。

僕のギンギンに勃起したマラからは、

ダラダラと液が溢れている。

「スゲートロトロやんかぁ!気持ちいい!」って

叫びながらガシガシに突いてくる。

先輩のガシガシのスピードがあがってくる。

「ウォーッ!」先輩は雄叫びをあげる。

「3発目いくぞぉーっ!」

先輩のリングマラがケツの中でひくつくのがわかった。

僕も、先輩がいくのと同時に自分でしごき、

これでもかと思うぐらいの大量の種をばらまいた。

先輩の腕の中でしばらく余韻にひたりながら

話をしていると、

いつのまにか2発目は種付けられてたらしい。

僕を掘っていったのは、

結局は4人なんやけど最低でも、

2発は種付けしていったらしい…

合計10発以上の種をもらった夜やった。

88x31_2