発展トイレで肉便器にされた・・・

 

br1

 

発展公園の少し奥側にある公衆便所の多目的トイレに入り、

ズボンを膝まで下げ、

ちっちゃいブーメランの上からアナルを、

そして乳首を手で刺激していると、

すぐにブーメランの前を濡らしてしまう。

何度かトイレから出入りをしていると、帽子をかぶった男性とすれ違い、

その人は小用のトイレに入っていった。

しばらくしてトイレにいってみると、その人はまだその場所に立っていた。

間違いなくコッチ側の人。

僕は多目的トイレに入り、わざと鍵をかけなかった。

ブーメラン姿のお尻をさらして立っていると、すぐにドアを開ける音。

鍵をかける音がすると、その人はいきなりブーメランをお尻の方からずり下げて、肉棒をお尻の穴に押し付けてきた。

痴漢されるようにお尻や穴を愛撫されるのも好きだけど、すぐに犯してもらえると思い、ローションを手渡す。

お尻の穴にひんやりと濡れた感覚。

トイレの壁に手をつかされ、お尻を突き出す。

その人の肉棒がググッとお尻の中に入ってきた。

指とかで慣らしてなかったので、

痛みが走り、動くのを少し待ってもらった。

痛みが治まったので、自分からゆっくりと腰を振る。

そうすると、

その合図を確認したのか、後ろから掘り始めた。

興奮と気持ちよさから、

「アン、アン」というよがり声を止められない。

アナルからスケベ汁がとめどなく溢れてくる。

gayjapan

後ろから身体をギューッと抱きしめられ、

お尻を出し入れするスピードが上がってくる。

掘ってくれている人の息遣いが荒くなってきて、動きが止まる。

お尻の中の肉棒がピクピク動き、ジワッと温かい感覚。

中に出されてる…。

僕は最後の最後まで搾り取ろうと、お尻をキュッキュッと締めた。

後始末をしてると、トイレの外に人の気配。

掘ってくれた人がさっと出て行って、僕は便器にしゃがみ、少しいきんだ。

ボトボトとザーメンがお尻から垂れ落ちてきた。

僕はお尻の穴に指を突っ込み、

ザーメンの匂いを嗅ぎ、しゃぶって味わった。

クラクラして興奮する。

トイレの外には明らかに人がいる。

僕はまた前が濡れたブーメランだけ身に付けて、

トイレの鍵を開けた。

その人もブーメランをすぐにずらしてきて、お尻に入れてきた。

さっきの人よりも大きく、さっきの人よりも激しく突いてきた。

お尻の奥まで激しく突き、また、

感じるところをじっくりと掘り込んでもくる。

スケベ汁は常に糸をひいている状態で、見るからにいやらしい。

よがり声はさらに高まり、もう止められない。

その人は肉棒をお尻から抜いて、僕にしゃぶるように合図をした。

ひざまずいて、くわえ込むが、大きすぎてあごが痛い。

それでも一生懸命しゃぶり、舐め上げ、しごき上げた。

もうすぐイキそうなのか、

奥までくわえるように頭をつかんで、腰を振ってくる。

一段と肉棒が盛り上がったと思ったら、

生臭い液が大量に口の中に流れ込んできた。

あまりの大きさと、量の多さで、

思わずザーメンを飲み込んでしまった。

口の中にザーメンを溜め込んで、

しゃがんだままでいると、その人はトイレから出て行った。

僕はふらふらと立ち上がり、

口から少しだけザーメンを垂らし、そのいやらしい姿を鏡に映して、うっとりとした後、

口の中にまだ大量に残っているザーメンを、

ごっくんと飲み干した。

2人とも、僕を犯している間は一言も言葉を発せず、

お尻とお口にザーメンをたっぷりと出した後は、

僕のことは放っておいて、さっさと出て行った。

ほんとに性処理便所として扱われたんだ、

という気持ちで僕の被虐心はさらに高まってしまった。