意識高い系のセーフ主義男子にガッツリ中出し種付けしたら超怒ってた!

 

br1

 

掲示板で知り合った20才の色白ジャニ、

会ってみると前日に交換した画像よりもはるかに可愛い!

ちょっと長めの茶髪サラサラヘアー、

ツルツルお肌で中性の顔立ち、

でも“淫乱です”ってハッキリ顔に書いてある!

今回は彼の複数希望に応えてタチ友(K)も呼んでいる。

さっそく明かりを落として3Pスタート!

彼はTOOTをモッコリさせながら2人のチンポを交互に銜え始めた。

俺のデカマラが気に入ったのか、

気が付けば俺の方ばかりむしゃぶりついている。

四つん這いになって俺の股間にドリブルフェラ攻撃!

Kは後ろから彼のケツをいじっている。

突っ込もうとしたが、

ストップがかかった。

「コンドーム着けて」 ナマ好きのKは、

「ゴム?着けない方が気持ちいいぜ」

「ナマでガンガンいこーぜ」… あれこれ口説くが、

彼は「絶対ゴム」の一点張り。

根負けしたKは渋々ゴムを付けケツに挿入。

ジャニは上下のマンコにチンポをぶち込まれ、

ますます淫乱に!

でも、Kを見ると不満げで冴えない顔… 

よしっ、定番の作戦を実行してみるかっ!!

俺は彼に「ドラ欲しければ仕込んでやるぜ。どうする?」と切り出してみる。

ドラって何、ドラはやらない、とか、かなりの難航を覚悟していたが、

「えーホント?やってみたいよ!半年ぶりだからキマリそう」 と、あっけなく第一ハードル、

クリア~ おまけに

「ちょっと多めに仕込んで欲しい」と言い出す始末。

でもODすると後が大変なので、まずは1個ケツに挿入。

この時点で“半落ち”確定!

それから20分ぐらいして

「あまり効いていないみたい」

「追加して」と言ってきたが、

もう少し様子をみるように促した。

案の定、まもなくガンギマリに!

やっぱり追加しなくて正解だった。

締まりの良いキメケツをKと交互にラッシュ爆吸でガン掘りしまくる。

彼はもうドンドン来い状態、

こっちはガン掘りしては銜えさせてまたガン掘り!

その間もKは「ナマだめかぁ?」と

説得工作を続けているが、相変わらず許可は下りない。

ところが“ゴムならもう掘らないよ”フェイントが功を奏したようだ!


これまで交代する度にゴムチェックしていた彼がとうとう“完落ち”した!

「中出ししなければ、

ナマでもいいよ」 Kはそそくさとゴムを外すと、

さらに激しくガン突き再開。

それからは2本のナマチンで代わる代わるジャニケツを犯しまくり!

がぜんナマは気持ちいいぃ~ チンポは正直だ、

さっきよりビンビンで勃ちがいい!

たっぷりナママンコを堪能したら、

残るはコレしかないね≫中出し≪ 彼は定期的に

「中では出さないで」と言っているが、

ウワゴトかっ、聞こえねぇ~よ

Kは俺の耳元でささやいた。

「今度イクぜぃ」 Kに変わってやると、

しばらくして、

目で“発射直前”の合図を送って来た。

“やっちまえよ”と送り返す。

Kは上を見上げながらイクのを察知されないように必死に平静を装いザーメン発射!

その時のKの姿、笑える!

目で“発射完了”の合図!

ジャニに視線を向けると、ふてくされた顔をしている。

あーやられた、って感じの顔だ。

分かったのかな? Kは何事もなかったかのように俺に交代を求め、

俺も何事も知らなかったかのようにジャニのケツに再びナマチンをぶち込む!

おいおいKよ、ザーメン出しすぎ!グチョグチョじゃん!

チンポを押し込むごとに溢れ出しているようだぜ!

これじゃあ彼も分かるわな… 出したてホヤホヤの種マンは温ったけぇ~最高~~

ふてくされた顔をしていた彼も、

ヌルヌルマンコを激しく突き上げてやると、

ふたたび快楽の表情に!

快感には敵わないらしい、

もーどーにでもなれ、って心境かぁ? 

ドラ作戦は大成功!

俺もイク仕草を出さないように、悪りぃなぁ、

って心にもないことを思いながら(?)、

ケツの奥にザーメン大量注入!

2週間ぶりだもん、

チンポがドクドク脈打っちゃうのは制御できねぇっっ!

彼の顔がまた一気にふてくされた!

まぁナマOKした時点で中出しは決まったようなものなんだけどさ、

あのふてくされ顔はたまんねぇな。

今でもオナる時に思い出したりしているぜ!