タイプの新人営業マンに上司公認セクハラ

 

br1

 

とある病院に勤める私は製薬会社の営業マン(MR)の担当窓口をしています。

MRには爽やかで愛嬌のある体育会系の男が多く、

彼らが仕事とはいえ弱い立場から私に気に入られようとすり寄ってくるのは、

S気質で征服欲の強い私には最高のシチュエーション。

ある取引先のMRにコッチの世界のお仲間でもある中川さんという方がいます。

不惑ながら体育会出身で年齢よりも若々しい印象の男前な方。

ある日中川さんがOJTとして新入社員の営業マンを連れてきました。

その新人君を見た瞬間、

胸がギュッと掴まれたような衝撃が走りました。

麗しい目つきに高い鼻筋、

髭ひとつないシャープな顔立ちの美しい青年。

つやつやの黒髪で前髪をあげ、

きりっと整った眉毛が好印象。

清潔感がありまさに好青年。

細身のスーツがいやらしく感じるほど似合っていました。

「新しく配属されました、平野と申します。今後ともよろしくお願いいたします。」

小綺麗な顔立ちに反して声は低音のハスキーボイス。

ギャップのある男らしい声が色っぽく彼がオスであることを感じさせます。

他愛のない会話をしましたが新人君をいやらしく見つめていたのを察し、

中川さんに私の欲望を見抜かれました。

「先生がもしよろしければ、平野を御院の担当に就かせて勉強させていただいてもよろしいでしょうか?」

私は快諾しました。

平野君は可愛い笑顔で

「一生懸命担当させていただきます!」と言ってくれました。

その後簡単な用事のときは平野君一人で来るようになり、

独占欲の強い私は大した用がなくても彼を病院に呼びつけるようになりました。

彼は私の顔を見ると主人を見つけた仔犬のようにすり寄って来ます。

中川さんに何を教え込まれてるのか、

私を誘うような彼の言動一つ一つが私の劣情を煽ってくる。

軽いボディタッチや下ネタを振っても可愛い反応をしてくれて、

会えば会うほど平野君に夢中になりました。

ある日製薬会社関係の資料整理をしたいと理由をつけて平野君を呼び出したときのこと。

資料室は空調が悪く荷物運びで汗をかくため平野君に楽な格好でいいよと言うと、

ジャケットを脱ぎネクタイを解いて袖を二の腕までまくった格好になりました。

普段はスーツに隠れて見えない若い生肌を露わにさせるのでついつい見惚れてしまう。

血管の浮き出たムキムキの二の腕やシャツからチラリと覗かせる細い腰つき、

ピチピチのスラックスで強調されるヒップラインはヨダレもの。

「自分ケツ柔らかいってよく言われるんですよ。先生触ってみます?」と

体育会のノリのように自然に言われたので欲望のまま、

資料室で彼のプリケツを揉みしだかせてもらいました。

中川さんに私のような男をムラつかせる仕方をだいぶ教え込まれてるなと思いました。

1時間ほど資料室の中で平野君と二人きりで会話しました。

学生時代はサッカー少年で今も社内サークルでフットサルを続けていること、

高校時代から付き合っている彼女と遠距離恋愛していること、

お酒は好きだけどあまり強くないことなど、

私のストライクゾーンに命中するエピソードばかり。

そうしているうちに平野君の携帯電話が鳴りました。

どうやら中川さんからのようです。

「先生、今夜はお忙しいでしょうか?急で恐縮ですがもしご都合よろしければお食事でも、と中川が申しております。」

さすが中川さん。

平野君を酔わせて何をさせてくれるのやら。

私はお誘いを快諾しました。

車で中川さんが私と平野君をピックアップしとある懐石料理屋の個室座敷へ。

中川さんは

「平野、今日は俺が車で送ってやるから今日は遠慮せずたくさん飲めよ!」とどんどんお酒をつぐ。

私も平野君の酔った姿が見たくて少し早めにお酌してあげました。

平野君は酔うとすぐ顔が赤くなり、

少し呂律が回らなくなりました。

本当いちいち私を欲情させる子です。

私は「平野君はうちのナースから大人気ですよ。会社でもモテモテなんじゃないですか?」と聞くと

「ええ。もうマスコットというか、女性社員のターゲットですよ。平野、もう誰かに食われたんじゃないか?」

「この前の飲み会で平野が裸を披露したら女性社員はもう大喜びでしたよ。」という中川さんの話に私は大興奮。

平野君が人前で裸に?なんと羨ましい。

「ジムで鍛えてるって話したら先輩に脱がされまして。上半身だけですけど。」と弁明する平野君。

嫉妬のような感情が湧きたちました。

すると中川さんは私の心を見破っているかのように

「ほら平野、自慢のカラダを先生にも見ていただきなさい。」と上司命令。

長年サッカー部で上下関係を躾けられた体育会の平野君は、

上裸になることくらい抵抗はない様子。

「大したものじゃないですよ?」と

平野君は酒に酔ってフラフラながらも少し照れたような表情でネクタイを緩めました。

シャツの下から平野君の肌がすでにチラチラと見えています。

平野君、シャツの下は何も着ていないかったのです。

これも中川さんに教え込まれていたんでしょう。

ボタンがすべて外されシャツが開かれると若々しいカラダが露わに。

水を弾きそうな若い肌にムダ毛がないすべすべの身体は、

サッカーで鍛えた見事な肉体に仕上がっていました。

スーツ姿の時は着痩せするのか、

想像以上に見事な身体つきでこの上ない私好みの肉体美。

「これはすごい。女性が放っておかないですね。」興奮を抑えて冷静に言うと中川さんが

「先生、平野を触診してやってください。」

中川さんは止めどなく平野君に酒を勧めて酔い潰す算段でいるようだ。

私は興奮に震える手で若い肌を摩る。

「あっ…」とおどける敏感な平野君。

シャツに隠れている平野君の胸筋や乳首が見たくてシャツを開いて持つよう促しました。

胸筋もこれまた見事に筋肉がついており、

軽く揉めそうな雄っぱいに薄いピンク色の乳首が可愛らしい。

「ちゃんと心臓音が大きくなるかチェックしないといけませんね」と乳首をコリコリいじると酔ってるからか平野君はアンッアンッと喘ぎ声を漏らすばかりで何も抵抗してきません。


「平野、黙って検査してもらえ。」と

上司に言われ喘ぎ声を押し殺そうと懸命になる姿が愛おしく、

私は徐々にエスカレートし乳首をいやらしくいじくり回してやりました。

身体をビクビクさせて快感に悶える平野君は相当敏感な身体の持ち主のよう。

「んーこれは性病ですね。」

「では先生、こいつの性病検査をお願いいたします。」

「いやー僕は性病じゃありませんよー」

呂律がおかしくなりながらも大げさに笑う平野君。

ズボンの上から股間を触診すると平野君が

「先生ー!」と驚く素振りを見せ中川さんはバカ笑いして場を盛り上げます。

「こら平野、それが先生に診察してもらう態度か。ちゃんとズボン脱げ。」という中川さんの言葉を冗談と思い平野君は軽く流そうとしたけれど、

中川さんは真剣な表情。

するとさすが体育会系、

場の空気を読み中腰になって恥ずかしそうにベルトを外しズボンを下げました。

明るい色のボクサーパンツに膨らみのある股間、

サッカーの走りこみでガッシリとしたすべすべの太ももが私をそそらせます。

パンツの上から股間を握ると

「あぁっ…」と

平野君のカラダがビクッと反射的に動きました。

ノリでやってるのか本当に感じてしまったのか分かりませんが、

平野君の吐息に大興奮。

「オラ平野、診察中だぞ。感じてんじゃねえよ」と

冷やかす中川さん。

パンツの上からまさぐると、

刺激に耐えるように平野君の腹筋や太ももの筋肉がこわばる。

カラダの反応がエロ過ぎました。

さらに亀頭のあたりをコリコリと意地悪に刺激すると全身をヒクヒク動かす平野君。

かなり敏感なようで勃起してしまったみたいです。

「せ、先生、もうよろしいですか…?」

恥ずかしそうに平野君はそう言うが、

「何言ってんだ平野。そんなに股間が苦しいなら先生に見ていただきなさい」

中川さんはかまわず平野君のボクサーパンツをずり下げると、

ビンビンに勃起した平野君のイチモツがぼろんと勢いをつけてあらわになりました。

小綺麗な顔立ちに反してイチモツはそこそこ使い込んでいそうな赤黒い色で、

血管が浮き出た雄々しい姿に私は心臓がバクバクです。

恥ずかしいのか顔真っ赤にして泣き顔の平野君ですが中川さんは、

「こいついつも酔うと記憶なくすんで大丈夫ですよ。

先生、好きに弄ってやってください」とのこと。

私はたまらず平野君のイチモツをしごきながら、

半開きで喘ぎ声を漏らすぷるぷるの口にディープキスを喰らわせました。

んふぅ…んふぅ…と

声を押し殺しながら抵抗もせずされるがままの平野君。

だらだらと溢れるガマン汁やよだれをイチモツに纏わせながらクチュクチュしごいてあげると、

5分もしないうちに

「あぁ、イきそうです」と目を閉じながら涙目で訴える。

彼女とは遠距離恋愛中だからご無沙汰のようで、

金玉にはパンパンに精液が溜まっているみたいです。

すると中川さんは平野君が飲みかけていた焼酎のグラスを射精直前のイチモツに覆いかぶせ、

堪えきれなくなった平野君はそのグラスの中に精液をぶっかけました。

ドリンクサーバーの注ぎ口のように彼のイチモツからビクンビクンと何発も精液がグラスに注がれます。

若いだけあってドロドロで濃厚なザーメンが大量にグラスにプカプカ浮いていました。

それだけでも興奮ものですが、

中川さんは

「お店の物にこんなことしたらダメだろう。すみません先生、

ちゃんと平野に綺麗にさせますので。」と

グラスをステアするとその焼酎と精液が混ざった液体を平野君に飲むよう命令しました。

あの美男子の平野君が衣服をはだけさせ下半身が丸見えのまま、

上司の命令に従順にしたがいその淫靡な液体をゴクゴク飲む姿はまさに絶品。

嗜虐心が満たされるようでした。

液体を飲み干した平野君はその後完全に酔いが回ったのか、

裸のまま席につかされしばらくするとコックリ目を閉じて眠ってしまいました。

「それでは次の会場に向かいますか。」と

中川さんが言うのでこの席は終了。

2人で平野君に服を着させ肩に担いで店を出て、

中川さんの車の後部座席に寝かせます。

そして次の会場、

中川さんが手配していたホテルへ向かうことになりました。

2中川さんの話では、

平野君はよく会社終わりに中川さんのマンションに泊まりこみ、

夜な夜な特別研修をしているそうでした。

上司の命令は絶対なのでノンケの彼でもズブズブこちらの世界のことをカラダに教え込まれてるみたいです。

「やっと先生にお披露目できるようになりましたよ。今夜のことは何も平野に伝えてませんが」と

いやらしく笑う中川さん。

お店であんなことをされるとは思わなかったのでしょうがお楽しみはこれからです。

私も後部座席に乗り込み、

ホテルに着くまでの間に平野君を少しつまみ食いさせてもらうことにしました。

お店では少しばかり抑えていた彼への欲望を解き放ち、

運転する中川さんに遠慮もせず平野君のカラダを堪能させてもらいました。

狭いシートに寝そべった彼に覆いかぶさり再びベロチューを味わわせながら彼のスーツを剥ぎ取り、

全身を舐め尽くします。

平野君は寝言でいやぁ、

いやぁ、と鳴いていますがお構いなし。

一日中スーツを着て汗をかいた彼の男らしい臭いがたまりません。

豊満に膨れた大胸筋や綺麗に割れたシックスパックの溝を舌でなぞりよだれまみれにして、

小ぶりの乳首に吸い付きながら1発抜いた彼のイチモツをしごく。

やはり若いからすぐに復活し勃起させるイチモツはスーツの中で蒸れて男臭いにおいを放っています。

無我夢中でしゃぶりつきながら、

私自身もいきり立ったイチモツを平野君の口にくわえさせます。

体温高いのかあったかい彼のお口の中はよだれが溜まっており格別でしたので少々手荒く口の中を犯しました。

寝ながら発する

「んんーんんー」という低い声がたまりません。

時間を忘れて楽しんでいると目的地に到着したようです。

ワンガレージ式の高級感のある清潔なホテルでした。

ここでの出来事は夢のようなひと時でした。

まずは中川さんが平野君を起こしてシャワールームに連れて行き準備をするというので、

私はその間ロビーの喫煙室で一服して時間を潰します。


部屋を出る際シャワールームから平野君の泣き声と中川さんのきついお叱りが反響していて興奮ものでした。

部屋に戻ると平野君はボタンが全開のワイシャツを着て黒ソックスを履いただけの裸姿でした。

首にはチェーンのついた黒い首輪が装着してあり、

テーブルの上でディルドに跨りお尻を広げている最中でした。

あああぁぁぁ…と叫びながら中川さんに身体を上下させられ無理矢理拡張させられてる姿は淫乱で、

収まりかけていた私の肉棒はみるみる固くなっていきました。

「先生ちょうどよかった、平野いい具合になってますので存分に使ってやってください」

中川さんはさすが仕事が早い。

ベッドに寝かせた平野君は酒が少し抜けて正気に戻りつつあり怯えてるようでしたが、

私の愛撫を抵抗せず受け入れて本当に可愛い奴隷になっていました。

乳首や脇腹、

割れた腹筋の溝や筋肉パンパンの太ももをいやらしく指先で弄るたびにビクンッビクンッと反応する平野君。

私のチンカスまみれの蒸れたチンコを意識のある平野君に味わってもらいたかったのでシャワーを浴びずに口にくわえさせました。

今回は車の時とは違い丁寧に、

舌を使わせてチンカスを掃除してもらい口の中を犯しました。

やはり口腔内は暖かく、

ドロドロの唾液を包ませて慣れないながらも懸命にしゃぶる平野君は至高の舌使いでした。

チンカスを舐める時や喉奥に突っ込んだ時にウエッ、

オエッとむせる姿はドSの私にはたまりません。

中川さんはしっかり平野君がご奉仕できるか監視するためスマホで平野君の痴態を撮影しながら

「おい、そんな態度先生に失礼だろ。しっかりやれ。」と

言葉責めしながら平野君の頭を掴んで私のイチモツの根元まで咥えさせます。

顔真っ赤にして涙と鼻水を垂らす平野君はもともとの小綺麗な顔を歪めてどんどん汚されていきます。

中川さんに促されるまま、

「先生の立派なチンコ、美味しいです。」

「俺の処女アナルを、先生の、立派なチンコで犯してください。」

卑猥な言葉をつっかえさせながら私の目を見ておねだりしてくる平野君。

ちんぐり返しさせて平野君自身が柔らかいと言っていたぷりぷりのお尻を今回は生で揉みしだきながらアナルに舌を這わせて味見します。

ヒクヒクさせて広がっているアナルはローションの味がしており準備は万全のようでした。

我慢の限界を迎え私は平野君の綺麗なアナルにイチモツをめりめり侵入させ、

初めて私と平野君は一つになることができました。

「うううぅぅ…」

「いっ…いづっ…」と

涙ながらに私を受け入れる平野君。

私のイチモツにまるで生き物のように絡みついてくる。

とてもたまらない。

もともとノンケの平野君が発する絶望したような、

底まで堕ちてしまったような顔と喘ぎ声がたまりませんでした。

長年こちらの世界を生きてきましたがこんな上物の相手ができたのはいつ以来かという程です。

「嬉しくて泣いてんのか平野?しゃねーなー」

中川さんは平野君に言葉責めしながらとっておきのものを吸引させると、

喘ぎ声がどんどん艶かしく淫乱になっていきました。

遠慮なくバコバコにアナルを掘り込んであげるとまるで発情期のメスのように平野君は全身で男同士の快楽に浸っていました。

白眼を向いてヨダレ垂らしてよがりまくっている平野君に

「いい顔するようになったな。しっかり動画に写してやるぞ〜」と

中川さんは平野君のあられもない姿をドアップで撮影していました。

アンアンアンアン動物の鳴き声のようによがる平野君の口を塞ぐため、

中川さんのズボンパンパンに勃起していたイチモツを咥えるよう促すと中川さんが

「よろしいんですか?ありがとうございます。

こいつみてると普段からムラムラするんですよね。」

と喜んで平野君の口を犯していました。

普段の夜の特別研修では道具だけで教え込んでるそうなので私の許しを得て中川さんはこのとき初めて平野君を使ったそうです。

同じ会社の上司に犯される平野君の姿に私はたまらなくなり、

再び平野君にのしかかって正常位でガン掘りしてあげました。

どうやら平野君、

非常に身体が柔軟でどれだけお尻を持ち上げても痛みを感じないようなので、

しまいにはお尻が天井を向いたちんぐり返しの状態でバコバコ犯してあげました。

美男子の平野君が完全に服従してみっともない卑猥な体勢で犯されてもメスのように喘ぐだけになりました。

柔軟な身体なのでより深く奥までチンコが入っていくので、

アナルの締め付けがとんでもないことになっていました。

どこに精子が欲しいか聞くと、

「中に、俺のケツの中に欲しいです、、」と

おねだりするので、

マッハピストンで平野君の直腸壁を突いたのち、

そのままドクドク私の種を平野君の薄い腹の中に注いであげました。

いざ中出しされるとううぅ…と切なく鳴いていた平野君は中川さんにまた叱られていましたが。

「お腹の中、あったかいです、ありがとうございます…」

「もっと俺にザーメン注いでください…」と

私の興奮が落ち着く暇はありませんでした。

お望み通りその後もアナルの締め付けが緩んでドロリとザーメンを垂れこぼすくらいめちゃくちゃに犯してあげました。

ローションが泡立ち中出しされた精液と見分けがつかない程でした。

若い身体を堪能したのは久しぶりで、

それが他の誰でもないずっと恋焦がれていたあの平野君でしたので、

私は何歳か歳が若返ったような気さえしました。

それから月に一度は平野君を伴って、

中川さんは接待という名の3Pに誘ってくださいます。

私がリクエストしたサッカー部のユニフォームを身につけたまま犯すのにはこれまで以上に興奮を覚えました。

中出しした私のイチモツを口で綺麗に掃除するよう中川さんに躾けられたみたいです。

すっかりこちらの道に足を踏み入れた平野君は持ち前の綺麗な顔立ちを男同士の快楽に歪め、

私のチンコ無しには生きていけないというほどの正真正銘の忠犬になってくれました。

昼間に病院に呼びつけると以前にも増して尻尾を振って私の元に駆け寄ってきます。

色気が増して私のチンコを求めるようないやらしい表情になっていました。

征服欲が満たされます。

「昨晩は先生のことを考えながらアナニーしてしまいました。」と

恥ずかしそうに吐露する平野君。

今度は業務中に資料室で犯してあげようかなんて話をしています。

br1