エッチな噂の公園でイケメン学生を・・・

 

br1

 

深夜の2時頃発展公園行くと20代ぐらいのガッチリ野郎が

学生服の茶髪の子の腕を掴んで建物の裏に消えたのは

僕は気になって見に行った。

完全な死角の所で喋っていたが内容がわからず。

そのうちガッチリ野郎が半強引に今風に迫り始めた。

今風はあまり乗り気じゃないのか軽く抵抗していたが

段々とガッチリ野郎にやられて行く光景を見て僕は興奮してカチカチになった。

強引にキスされシャツを上げられ乳首を舐められてた。

そのうち今風が地面に押し倒されてズボンも膝まで下ろされ、

抵抗はしてるもののガッチリ野郎の力がよほど強いのかほとんどされるがままだった。

嫌がりながら今風も感じるのかかすかな声を出してる。

そのうちガッチリ野郎が今風のケツを触り指を入れたみたいで今風が

「痛い、あかんって」と叫んで抵抗を始めた。

だがガッチリ野郎は止めることなくレイプ的行為になった。

今風は「やばいって、頼むからやめて」と

ガッチリ野郎に懇願してたがついにガッチリ野郎は

自分のズボンを膝まで下ろし完全にケツを犯そうとした。

ツバをケツにつけてあてがいはじめた。

激しく抵抗する今風にガッチリ野郎はなにか脅しの言葉を言ったみたいで

少し抵抗が緩くと同時にケツに入れたみたいで瞬間今風は悲鳴をあげ

「痛いって」を連発していたが

ガッチリ野郎はおかまいなしに腰振り始めた。

今風は犯されながらシャツも脱がされ正常位で足を持ち上げられ完全に犯された。

片足に引っかかってたトランクスをガッチリ野郎は足から抜き取りものすごいスピードで腰振りだした。

今風は諦めたのか抵抗をやめ

「あっあっあー」と声をだしていた。

僕の興奮は頂点に達してその場でチンコだしてしごいてしまった。

約10分ぐらいしてガッチリ野郎が

「イクぞっ」と叫び腰の動きがいっそう早くなった。

ガッチリ野郎は「おおっイクっ」と叫ぶと数回腰を思いっきり降った。

イッタみたいだ。

しばらく今風の上で動かなかったがしばらくすると

ズボンからティッシュだして処理するとさっさと服着て立ち去った。

ガッチリ野郎が消えてしばらく僕は今風の様子をみていたが全裸のまま倒れたまま動かないのでそばに寄ってみた。

今風は僕に気づいてもボーとするだけで。

よく見ると今風はなかなかのイケメンで体つきもよく体からは香水のいい香りが。

抜いてない僕は今風を見てると急にムラムラしてきて。

思わず胸に手をおいてしまった。

今風はまったく抵抗しない。

呆然としてるだけで。

僕は理性が吹っ飛びガッチリ野郎同様今風を犯してしまった。

ガッチリ野郎の種でチンコはそのまますぐに入った。

最後まで抵抗せずかすか声すらだしていた。

僕が腰使ってる最中は今風は自分のをしごいて

数分でイッて首まで精子とばした。

今風がイッタ瞬間ケツが締まり僕もイッてしまった。

チンコ抜いたら精子も出てきた。

今風の体を拭いて処理すると今風が初めて喋った。

「僕はじめてケツやられた」と。

そのあと少し喋って今風を送った。

今風を車で送ったがそん時アドレス交換した。

事情が事情なだけにメールくるわかないって思ってたけど

一週間ぐらいしてメールがきた。

会いたいとのこと。

しかも場所はあの発展公園だった。

深夜に発展公園で会ってしばらく喋ったが

あの日ケツやられたのはじめてやったけどあれ以来ケツ掘られたくなったとのこと。

なんでここ(発展公園)なん?て聞くと

初めてやられた場所でまたやられたいと言い出した。

あの日と同じ場所でまたやった。

そん時も体いい香りして締まりもいいし最高だった。

帰りコンビニに寄ってはじめて明るい場所で容姿みた。

背が高く小麦色肌の筋肉質。

ネックレスが似合うイケメン。

完全に惚れた。

ガッチリ野郎にやられたことなんかどうでもいい。

88x31_2