吊られたジャニ系ボーイをガンガン掘り倒した話

 

br1

 

お気に入りの有名発展場は生姦率が高いし人いっぱいで、

かなり満足してる。

行くと、まず卑猥なブランコ部屋に行くとジャニ系男子が座ってた。

ウホー!ラッキー!!って早速手を出したが

俺が気に入らないのかノリ悪いし、

ブランコに移動もいないから俺は別の部屋を見に行った。

少し経ってからブランコ部屋を見に行くとさっきのジャニ系男子がブランコで掘られてやがる。

隣に立って結合部を確認すると生でやってやがる。

掘ってるタチが種付け終わったみたいで、

俺のチンポを種アナルに誘ってきたから、

そのまま種アナルにぶち込んでやった。

さっきは乗り悪かったくせに、

俺の生チンポを受けて狂った様に声出してやがる。

「生なら誰でも良いアナル野郎がさっきは気取りやがって、種欲しいんだろ」と俺。

「種付けて欲しいです」

やっぱりブランコ乗るような奴はぶち込んじまえばこっちのもんだ。

「種欲しいならアナル連呼しろよ」

「アナル、アナル、アナル~~~」

「このアナル野郎が、そろそろイクから種お願いしろ」

「アナルの奥に種ください。すり込んで」

望みどおりアナルの奥に種付けるてチンポ抜くと

直ぐに他の奴が掘り始めた。

シャワー浴びて見に行ったらまた別の奴が掘ってたぜ。

88x31_2