裏切られて墜とされた結果・・・

 

br1

 

完全にゲイに目覚める前、

仲の良かった年下の幼馴染に

「演劇で使う縛りの練習」と言われて縛られたら、

そのまま浣腸された。しかも幼馴染の小便を…。

アナルプラグで栓をされて、

「私のおしっこを吸収しなさい。あなたは私の奴隷になるの。」と言われて、

もう放心状態だった。

しばらくしてやっとアナルプラグを抜いてもらえてトイレで出したら、

そのままローションを塗りこまれてペニスバンドで犯された。

アナルを初めて犯された時は屈辱で涙が止まらなくて、

泣きながら犯されてた。

幼馴染が犯しながら抱きしめてくれて、

「大丈夫。

私がついているから、

どんどん変になりなさい。

」って耳元でささやいてくれたから本当に気が狂うかと思うほど感じた。

最初にだまされて調教された日に完全に奴隷化されてしまったみたいで、

今は全然嫌だとは思わないし、

「犯すよ。」と言われれば

ペニバンを受け入れるのが当然になってる。

「犯すよ。」という言葉を待ってるし、

抱きしめられてペニバンが体の中に入ってくるとたまらなく幸せな気持ちになる。

アナルプラグ、ローション、浣腸器、

ペニスバンドとアナル責めの道具を一式隠し持っていたから、

最初っから俺を調教するつもりだったみたい。

最近はペニバンで犯されない日はほとんどない。

週末は挿入されたまま抱きしめられて眠ることもある。

抱きしめられてるからペニバンは一晩中入ったままで抜けない。

翌朝はペニバンを抜かれる感触で目が覚めて、

ローションを塗りなおして、

そのまままた犯されることも多い。

このあいだ、

朝ローションを塗りなおす時に鏡でアナルを見せられたら、

ぽっかりと広がったままになっていた。

そんなある日、

ゲイ動画BidanshiGakuen

目隠しをされながらペニバンで犯されていたら、

少し違和感というか普段と違う感じ方で、

前立腺が痺れるような快感で腰が溶けそうなほど気持ちがよかった。

ふと、幼馴染の声が部屋の隅の方から聞こえて、

あれっおかしいな?と思った瞬間に目隠しを取られると、

見知らぬイケメンのお兄さんに生でチンコを挿入されていた。

部屋の隅で嬉しそうに微笑んでる幼馴染。

状況がすぐにつかめず、

助けを求めるような視線を送る俺。

そんなことお構いなしに生チンコで掘り続けるお兄さん。

この異常な状況にいつも以上に感じてしまった俺。

気づけば自分のチンコもビンビンに勃起していた。

はじめはペンバンで犯される異常なセックスに興奮を覚えていたが

いつのまにかアナルと前立腺がすっかり開発されきっていたみたい。

幼馴染に

「淫乱オトコの娘になっちゃいなさい。」って言われて

お兄さんにガンガン犯されてたら本当にオンナになってマンコを犯されてるように感じてしまった。

まさか本当にチンコがこんなに気持ちいいなんて、

もうチンコのことしか頭に浮かばなくなってしまい、

「チンコいい、チンコいい」とつぶやきながら、

結局最後はお兄さんに生で中出し種付けされてしましました。

お兄さんと幼馴染はセフレだったようでその後、

しばらくは3Pで調教されていましたが、

今は生チンコの良さを覚えてしまったので

お兄さんと二人きりで会って種付けしてもらう回数の方が増えています。

88x31_2