童顔だけど筋肉マッチョなタチを皆で廻したった。

 

br1

 

Sっ気のあるタチが多く参加する乱交パーティーで

壮絶な乱交を体験しました。

この乱交パーティーに参加するのは2回目だったんだけど、

遅れて参加することになった。

今回の参加者は8名ぐらいだったかな。

先にシャワー浴びて出た時、

参加者がもう一人入ってきた。

可愛い童顔フェイスで大学生らしい。

身長は小さめで160cm無いぐらい。

スポーツしてるらしく

腕周りや太股が太く童顔フェイスとアンバランスで これが逆にエロかった。

そいつがシャワーを浴びて タオルを腰に巻いた状態で出てきたので、

見たら予想どうり、ボコボコの筋肉マッチョ。

無駄毛も無くて色白な肌が俺のドストライクだった。

ネコの俺は

『あの逞しい肉体で抱かれたい』とか思って、

ダッシュでアプローチ開始。

申し出は断ってはいけないルールだから最初は

俺とその童顔クンが交わることに。

他の参加者も、

そいつの顔とボディーに性欲を刺激され、

俺とそいつのカラミが始まると、

周りを取り囲まれてた。

こんな至近距離で視姦されながら、

犯されるのは 緊張と興奮が入り混じり頭がボーっとするぐらいでした。

童顔くんの腰のタオルを取ってあげると、

筋肉ボディとギャップ有りすぎる小さくて白いチンコが・・・ 童顔の可愛いルックスには完全に似合っていました。

彼は健気に勃起したチンコを正上位で俺に挿入して

バッチンバッチン腰を振り、

快感に浸っていました。

多分周りの参加者、

特に彼の真後ろの人は 力を入れる度に収縮してヒクつく彼のアナルを見て ムラムラと良からぬ事を考え始めたんだと思います。

暫く腰振ってると、

奴が急に「ええぇっ」と声をあげて、

動きを止めたんです。

真後ろの参加者が童顔くんの綺麗なアナルを舐め始めたらしい。

可愛い顔で苦笑いをして、腰の振りを再開させるも、

また「ちょっ、僕タチですぅ」といって腰が止まった。

だが、

参加者は気にせず さらにオイルをケツに塗って、

指を突っこんだらしい。

「すんません、すんません」と言って、

突っ込まれた手を払いのけるんだが、

別の参加者が次々に奴のケツ穴に指を入れてくるみたいで、

「本当、僕、タチなんで」と声を上げると、

デカチンさんが、

そいつの顔を掴んで口に無理やりねじ込んだ。

それで他の参加者も、

性欲爆発でアナル舐めやら、

フェラチオやら、

寄って集ってエロい筋肉した肉体で遊び出した。

俺で興奮しちまって、

童顔君の腰をガッチリとロックして 身動きが取れないようにしてやった。

ついに誰かが童顔クンの未使用アナルに挿入しちゃった。

「あぁぁー痛い、僕お尻は未使用なんです。」と

必死に肉棒を抜こうと抵抗し始めたから、

何人かの参加者と一緒に押さえつけて ウイスキーをガンガン飲ませた。

それでも「ダメです、お願いします」と

必死に逃げようとする童顔くんの肉体は 大勢で押さえ込まれて、

代わる代わるガン掘りされ、

ビクビクと反応してた。

ケツを掘ってた参加者が

「もうイクぞー」と言って、

彼の腹にドバッと精子を撒き散らした。

『えっ、ゴム着けてないんですか!』と

彼が焦っている間に、

慎重が190cm超えの大男が日本人離れの巨大な肉棒を 生で童顔君のアナルにぶっ挿した。

「ギャー」と声にならない叫び声をあげると、

本気で泣いてた。

『これはレイプだな』と思いながらも、

俺は引き続き、

両足をガッチリ押さえ込んでた。

長いストロークで、

バンバン腰が当たる位奥まで挿入され、

もうほとんど抵抗できなくなった童顔君は、

四つん這いにされて、

バックで犯され肉便器状態。

まあ、予想通り大男は思いっきり中出し種付けしよった。

大量にアナルから溢れてくるザーメンは凄い情景だったよ。

すぐさま今度は別の参加者がグチャグチャになってる アナルに挿入して、

童顔君の快感が止むことは無かった。

連続ファックファックファックで、

皆が中出し種付け。

完全に種壷にされて、

もう起き上がることもできない童顔くんを、

俺もナマで犯ってあげた。

熱っつくて、綺麗なケツマンコだった。

最後はザーメンだけじゃなく、

小便もアナルの中に注ぎ込み大量のザーメンと一緒に流れ出す様は凄まじかった。

ボロボロの彼は最後まで横たわっていましたが、

可哀想だったのでシャワーで体を洗ってあげ 優しくして帰り送ってあげたら、

懐いてくれて 今では僕専用の肉便器になっています。

88x31_2