イケメンだけど童貞なバドミントン少年1

 

br1

 

先月からバイト先にカッコイイ新人が入ってきました。

高校生3年のアイ君。

部活はバドミントンしてたらしく、爽やかなイケメン。

バドミントン部員らしく真っ白な肌と

細い華奢なシルエットがたまりません。

俺の完全なタイプでした。

ガンガンに責めて可愛く悶えさせたい欲望が

ムラムラと湧き上がり毎日オカズにしてました。

でも、どうしてもアイ君とエッチしたいので行動を開始したんです。

まずはバイトの休憩時間に

一緒にお菓子とか一緒に食べたりして、だんだん仲良くなっていきました。

休憩中も

「アイ君は彼女いる?モテそうだね~。」と軽い感じで訊くと

「部活一筋でいないんですよね」と意外な答えが。

「マジか、じゃあ女性経験は?」と驚いてきいてみると

「それも無いんです。あんま喋れなくて・・」と照れながら答えてくれました。

gayjapan

彼はイケメンなのに草食系だったんです。

そんな童貞アイ君の未使用チンポを、

絶対に喰らうと決意しました。

土曜日のバイトは2人とも早番で

夕方前には終わり、彼に田舎から特産品が送られてきたから

一緒に食べようと誘い、アパートに連れ込みました。

ご飯を作っている間に、アイ君には

そこら辺に転がってるエロDVD見ても良いよって言って

時間を潰させ、ご飯を食べ落ち着いたところで、

一緒にエロDVDを見ることにしました。

成功率が高いノンケを落とす常套手段です。

草食系でも思春期の男子が興味無いはずもなく、

食い入るように観ていました。

ビデオのジャンルは童貞男子が痴女に責められるドMシリーズ。

オドオドした男優がフェラされるシーンで

「気持ち良さそうだな~」と、話しかけると、

「はい…」と心ここに有らずって感じ。

そしてアイ君の股関は勃起でテント張ってた。

スウェット生地で形が透けそうでエロい。

「もしかして勃った?」と意地悪で訊くと

「・・・ハイ。この動画ヤバイです。」

顔を真っ赤にして答える表情が超可愛い。

そこで

「経験してみる?」と言って

動揺するアイ君の肩を抱き寄せ

気持ちを整理する時間を与えず

「18歳だし経験しちゃいなよ」と耳元で囁いた。

吐息を感じて「あっ」って小さく甘い声を出して

ビクンと反応しちゃったアイ君のテントを張った

股間に手を伸ばしズボンの上から撫でてみた。

抵抗する事もなく逆に

「んあぁっ。ふあぁぁ・・・ヤバイです。」

と声を甘い声を漏らしはじめた。

88x31_2