ds2寝込み

 

88x31_2

 

僕が中学2年生の時寮生活をしていた時の話です

同い年のAくんとは、同じゲームをやっていた事もあって仲が良かった。

ある日友達の誘いでお小遣いが貰える職業体験(店の手伝い)をAくんと一緒に泊まりで行くことになった。

初日の夜手伝いが終わりみんなで寝ることになって、

Aくんと一緒に雑魚寝する事になった。

みんな疲れ切った様子で10分程で寝てしまったが僕は初めての場所で

寝る事があまり得意ではなかった為みんなが寝静まった後も起きていた

ふと僕の隣で寝ていたAくんのアソコに興味を持ち服の上から撫でるように触った最初は、

起きるか心配で触ったら一回手を離してという事をやっていると途中でAくんがいきなり寝ながら僕の手を掴み出した。

あっバレたと思ったがそのままAくんは寝てしまった

その日は怖くて触れずにいた。

次の日Aくん

『ねぇ』と話しかけてきた

『何?』と聞くとちょっと黙って

『いや何でもない』と言った。

僕は、その瞬間昨日の事を思い出して目を逸らした。

その日の夜僕は場所変えするのかなぁ、と思っていた

がAくんが『このままでいいでしょ』と言いみんながそれに賛成した。

その日の夜僕はAくんのアソコを服の上から息を掛けたり唇で挟んだりしていたけどばれなかった。

数日後僕達は寮に戻った。


その日の夜の事そのAくんのベットがダニが沸いてる状態だったので僕のベットで一緒に寝た。

その日の夜は寝ていることを確認してAくんのアソコを触ったでもそれだけじゃ足らずAくんのズボンの中に手を入れてパンツの上から触ってみた。

しかしAくんはそれでも起きなかった。

なのでパンツの中に手を突っ込んでみたそうするとアソコが大きくなっている事が分かった。

自分もムラムラしてきてAくんの手を僕のパンツの中に入れた。

しかし、それでも起きなかった。

次にAくんのズボンとパンツを親指と人差し指の間で持ってAくんのアソコを出した。

緊張しながらも僕はAくんのアソコを一瞬舐めてズボンを戻し寝る体勢に戻った。

それでも起きる気配が無かったのでAくんのアソコを十分に舐めまわした。

それでA

くんの手を使って手コキして貰い自分は射精した。

その日から僕はAくんのベットに行って

『今日も一緒に寝よう』と言うと

快諾してくれ毎日のように寝込みを襲った

でもAくんが射精した事は一度も無かった

今思うと本当は起きてたんじゃないかと思う。