同級生を持ち帰りした話

 

 

成人式の後の中学の同窓会に行った時、

中学の時も半分くらいの男はイケると思ってたし、

会ってないやつなんかどんな成長してるかすごく楽しみだった。

いざ会ってもヤリたい奴だらけだったが、

特にやばかったのがA。

元々少年顔だったがほぼ雰囲気変わらずの童顔で酒飲んでるとこ見てめっちゃ惹かれた。

なんで隙を見て今度2人で会わないかと身体触りながら聞いたら

オーケーだったんで男好きだと判断して後日家に誘った。

成人式帰りでスーツの時すら着られてる感が強くて良かったが、

私服だと完全に中高生の風貌で本気でつば飲み込んだ。

そしてベッドまで連れ込んで押し倒し焦るように服を脱がした。

正直あのAのチンポが早く見たくて仕方なかった。

なすがまま逃されてくれるAのボクサーを降ろした時堪らない臭いが、

こんなAでもここは雄の臭い出てるのが最高にエロかった。

そのままフェラしたら間もなく立派な完勃ちチンポに。

めっちゃビクビクしてきた頃にAが離れさせ、

「俺も」と言ってAは俺の服を脱がして、

俺のギンギンになったチンポをフェラしてきた。

こっちがフェラしてるだけでイきそうだったのに耐えられる訳もなく、

俺はめちゃくちゃ早くAの口にイッてしまった。

Aはニヤニヤしながら

「うぇっまじー」とか言いながら飲んだ後に、

俺の身体に舌を這わせた。

乳首や脇とか、


俺の味がよく出てるって言われてすごく恥ずかしい感じだった。

あちこち舐め回されてまた俺が興奮仕切ってAを仰向けにして、

ビンビンチンポを俺のケツに挿入。

真正面から自分のチンポ振り回しながらAのチンポを求めまくって悦んでるとこ見られて、

恥ずかしいながらも止められなかった。

俺はそのままAの種をナカに注いでもらい、

俺もAにキスしながら2度目の射精。

少し抱き合って舐め合いしてる間にAが復活して、

今度はAから挿入。

快楽に酔い口から唾液垂らしながら俺を犯すAは獣の様で、

本能だけでガン堀りし俺に2度目の種付け。

俺も少しトコロテンしてたようで、

Aはそれを舐めすくい、

また身体中舐め合い、

しばらくして一緒に身体洗って抱き合いながら寝た。

またヤる約束をして、

Aはまた中高生みたいな姿で帰って行った。

今度はAに俺のチンポをハメる予定、

今から楽しみだ。

88x31_2