DKの初体験

 

gayjapan

 

僕は普通に彼女もいるオンナ好きな高校生なんですが、

エネとラッシュを使ってアナルだけの快感でチンポに触れずにイケるようになってから、

だんだん本物の大人の男に犯されてみたい感情が抑えきれなくなっていました。

男には恋愛感情は持てないのですがされてみたい気持ちが止められず、

最初はホモ初体験とかの体験談や小説を読みながらアナニーしていたんですけど…

ある日とうとうお尻を開発して欲しいと募集掲示板に書き込みをしてしまい、

目隠ししながらやさしく淫乱なアナルに開発してあげるという40代のオジサンと会うことになりました。

その日は朝から、勃起したまま収まらず、

学校が終わってそのまま待ち合わせ場所に行きホテルについて行きました。

普通のオジサンだったんですが本当に出来るのかな?やっぱやめとけばよかったかな…とか結構後悔もしたんですが、

それ以上にお尻が疼いていたのでそのまま車に乗り、

オジサンについていってしまいました。

ホテルに入ってからは、

まずシャワーでアナルを念入りに洗浄し、

とうとう目隠しをされてしまいました。

そしてオジサンにキスを求められ、

思わずディープキスに応じてしまいました。

髭があたったのと少しタバコ臭かったのが妙な興奮を掻き立てました。

br1

そしてしばらくお尻を丁寧に愛撫され、

ラッシュを吸わされ、

ワケがわからなくなり相手のチンポを僕から貪るように舐めてしまいました。

そのまま69に突入し、お尻に大量のローションを塗りたくられ、

ゆっくりと指を出し入れされました。

そしてオジサンがお尻の一番奥のところをかき混ぜてきたとき、

とうとう我慢ができずに声を出してしまいました。

するとさらにラッシュを吸わされ

『犯してください』と言うよう命令され、

そのまま正上位でゆっくり挿入されてしまいました。

そのときにはもう痛みがないどころかお尻全体が気持ちよく、

『ふ~、は~』と

言葉にならない喘ぎ声も漏れてしまい、

オジサンの言葉攻めにも凄く感じてしまいました。

腰を速く動かして欲しかったのですが、

オジサンはボクのアナルを味わうように凄くゆっくりピストンしてきました。

ラッシュを吸わされまくり、目もトロンとして、

乳首に洗濯ばさみを付けられ喘ぎ声を出しまくりました。

オジサンの腰の動きがじっくりなのですが、

背中からくすぐったいような突き上げるような物凄い快感が襲ってきて、

とうとう初めてでトコロテンしてしまいました。

それも突かれるたびにドロッドロッと精子がこぼれ出てしまうような状態で、

『淫乱なマンコだね』と

オジサンに厭らしく笑われてしまいました。

そのあとは目隠しをとって犯され続けたのですが、

部屋にあった鏡に映った犯される僕を見てさらに興奮してしまい、

最後にはビュッビュッと射精したのですが、

オジサンのチンポを咥えさせられ、

最後に精液まで飲まされてしまいました。

終わった後、オジサンにニヤニヤしながら

『また犯してあげるよ』と厭らしい顔で言われました。

女が好きなのは変わらないのですが、

体は男を求め始めています。

また、オジサンに連絡してしまいそうなんですが、

これ以上ハマったらもう戻れないんじゃないかと思って我慢しています。

まだ1週間も経っていないんですがエネとラッシュとバイブで毎日オジサンのチンポで犯されることを想像しながらアナニーしています。

たぶん近いうちにまた抱かれてしまうと思います。