幼馴染と初体験しちゃったDK学生

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

僕には親どうしが昔から知り合いで、

幼なじみがいる。

そのショウとは小学・中学と一緒だったけど高校は別れちゃって、

けどお互い家が近いから学校が終わるとどっちかの家に行ってたりしてた。

ショウはなんて言うかかっこいいって言うよりもむしろ綺麗って感じで、

バリバリ体育系でガキっぽい僕はそんなショウに子供の頃から憧れてた。

もちろん恋愛感情とかじゃないけど…

それがこの間、ショウが

「友達にスゲーエロビデオ借りたから一緒に見ようぜ」

って言って来たんで、

僕は学校帰ってすぐにショウの家に行った。

最初のうちは二人とも冗談言いながら見てたんだけど、

そのうち興奮して来ちゃって(笑)

「ちょっとトイレ行ってくる」って

ショウの部屋から出ようとしたら、

ショウが「何~?ユウヤたっちゃったの?(笑)」とか言って、

僕に近付いて来た。

「そうだよ悪いかよ!(笑)」

っつったらショウが僕のモン触って来て

「ホントだスゲ~」

って触り続けるから…僕は

「やめろよ触んなよ!」つって逃げようとした。

ホントは気持よくてイっちゃいそうだったから(笑)

ちょうどビデオは女の方がフェラしてる場面で、

部屋ん中にはピチャピチャって音が響いてた。

そしたらショウが

「なぁユウヤの舐めさしてくんない?フェラってどんな感じだかやってみたいんだ」って言って、

僕のジャージを下ろした。

僕は一度なら…と思って、おとなしくしてた。

僕は女ともした事がなくて、

フェラは初体験だった。

ヤバイ。気持ちイィ(笑)

自分でするのとは比べものにならなくて、

体の力が抜けた。

そしたらショウが「ベッド行こ」って言って、

僕を寝かせてまた舐め始めた。

それまで我慢してたんだけど、

だんだん声が出ちゃって、ちっちゃく

「ん~っ…」って言ってたら

「もっと声出していいよ」ってショウが。

ビデオでも女があんあん言ってて、

僕はそれと同じ位

「あっ、あっショウ~イっちゃうよダメっ!!!」ってあえいでた。

僕は全然ゲイっ気なくて、

むしろ女好きだと思ってたのに、

ショウのベロが気持ちよくてとうとうショウの口の中に出しちゃった…。

イった後なんかよくわかんないけどスゴイ罪悪感で、

ショウに「ゴメン…」て謝った。

「気持ちよかった?ユウヤ人にやってもらうの初めてだろ。

もっと気持ちヨクしてやるよ」

ショウはそう言うと、

僕のシャツをめくって僕の胸を舐め始めた。

ショウが舌の先でつついたり、

かんだりしてるうちにまた気持ちよくなって来ちゃって…

またたっちゃったんだ…(汗)

そしたらショウが「ユウヤもっと声出してよ。あのビデオの女みたいに声出して」

って言うから僕もだんだん興奮してきちゃって、

「あっ…ショウ、あんっあん!!!気持ちい…やぁ…」

って言ってたら

「ユウヤスゲー顔エロい。僕も興奮してきちゃった…僕のも舐めて…」

ショウがズボンを下げたら、

僕のとは比べものにないくらいぶっといショウのが飛び出した。

スゲーデカイ…こんなの口に入るかなぁ?と思いつつもショウのをくわえると、

「んっ…」

って綺麗な顔でせつなそうな声出すから興奮しちゃって、

夢中でショウのを口にふくんだ。

カリの裏を舐めたら、

「あっユウヤぁ…!!!」ってショウはイった。

突然の事にびっくりしてちょっとむせると

「ゴメンユウヤ大丈夫?僕、ガキの時からずっとユウヤが好きで…ずっとユウヤとこういうことしたいと思ってたんだ。」

ってショウは僕にキスした。

僕は驚きつつもショウの綺麗な顔見てたらショウならいいかなぁと思い始めていたんだ。

gayjapan

その時、

ショウがまた僕のを触り出した。

「ユウヤまだイってないだろ?ちゃんとイかせてやるから…」

しごくショウの手がすごく気持ちよくて、

僕はまたあえぎ始めてしまった。

「アッ!!!あっ、ショウ…僕…もショウのこと…すき…!やんっ」

そう言うとショウはすごく嬉しそうに笑った。

その笑顔がすごくかわいくて、

僕はショウを愛しいと思った。

「あっ…イっちゃうよショウっ…」

「まだダメだよユウヤ。」

ショウがそう言うと体の中に異物感を感じた。

「ねぇユウヤ…ユウヤのここに僕の入れていい?」

ショウは僕のアナルに指を入れてぐちゅぐちゅとかきまぜてた。

「やだよ~そんなぶっといの入んないよ…!」

「大丈夫だよ!ホラよつんばいになって…」

僕は言われるがままにショウの方にケツを向けた。

「あっ?!やだショウキタナイ…」

ショウは僕のアナルを舐めだした。

舌が入ってくるのを感じた。

そうしたら、

ウンコ出す時みたいな気持ちよさが僕をおそってきて…「あっん、ショウ~あぁあ!!」

「ユウヤ…痛いかもしれないけど我慢してね」

そう言うとショウはそのぶっといのを僕にぶっさした。

「やだ~痛いよショウの太い…!抜いて~!」

「大丈夫だよユウヤ…力抜いて。ホラ全部入った」

スゴイ圧迫感に耐えながら息を整えてると、

体の奥の方からじわじわと変な感じがおしあげてきた。

「あっ?!あんっショウ…!!なんか変…!」

「感じて来たみたいだね。動かすよ」

そう言うとショウは一度引いて深く突いた。

「はぁあ~っ…!!んん~あんっショウ…!!」

「もっとしてあげるね。気持ちいい?」

僕の奥をショウのデカイのが突くたびにすごい感じて、

「あああ~ショウっもっとぉ…!あんっやぁん…ぁ!」

「あっあっユウヤ、僕も気持ちいい…一緒にイこうっ」

「あっ…イく、ショウっ、ショウ~っあぁぁ~!!!!!!」

瞬間ショウのが中で脈打つと、

二人同時に絶頂を迎えた。

その後ショウとは付き合い始めて、

今でも毎日のようにセックスしてます。

最初からアナルで感じるなんて変だって聞いたんで、

もしかしたらもともとゲイ体質だったのかなぁ??(笑)

88x31_2