入院中のDKの処女穴ブチ貫いてしまった

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

営業車に足踏まれ骨折して入院する事になった時のことですが…。

足だけなんでその他は悪くないから日々暇なわけで松葉杖で病棟内や屋上をウロウロしてると奥まったとこにティッシュが落ちてた。

もしや!と思って拾うとちょっと湿ってる。

もしかしてと思い臭ってみるとやはりザーメンティッシュだった。

その日はそれでトイレでオナった。

その日から毎日屋上に上がり観察してたら何日かしてうめき声のような声が聞こえてきた。

僕は音をさせないように近づきのぞき込んだ。

するとパジャマ姿で下半身脱いでオナってる高校生?がいた。

ここは喫煙所や洗濯場より奥まったとこだから人は滅多に来ない一角。

大股開きでオナってる彼を見て僕は完全勃起。

そろそろイクかなと思ったとき松葉杖が倒れて僕がいるのが彼にバレた。

『ごめんごめん。』

彼は急いで脱いでたパジャマズボンを穿こうとしたが焦ってるからなかなか穿けないし上がらないし顔は真っ赤で可愛い!

『みんなやってる事だし恥ずかしがんなよ』

と言うと穿き直して無言のまま俯いて座ってる。

僕は隣に座ってタバコ吸いだした。

しばらくすると彼が

『看護婦さんとか誰にも言わないでください…』と

真っ赤になりながら言った。

『そんなの言わないよ。ってか誰に言うんだよ。どっかの誰かが屋上でオナってましたって言う方が恥ずかしいじゃん』

と言うとクスッと笑った。

う~んかわいすぎ。

その後お互いの怪我や学校の事とかくだらない話をしてた。

僕は襲いたくなるのを我慢してお互いの部屋に戻った。

その日から彼は僕の部屋に頻繁に来たり屋上で話をしてた。

また何日かして屋上で話してるときに彼がいきなり

『たかさんのアレって剥けてますかぁ』

なんて聞いてきた。

どうも仮性らしくこれでいいのか心配らしい

『僕も仮性だよ。心配すんなって。ユイのはあれで充分だよ。この前見ちゃったからね』

『ひどいやぁ。僕だけたかさんに見られてぇ』

『なんだなんだ僕もユイに見せろってか?』

『だって僕だけあんなとこ見られてズルいじゃん』

『なら今から一緒にオナってみるか?』

彼はええ~って言ってたが他人のチンコがどうなってるのかの方が気になるらしい。

勢いで一緒にオナる事になった。

まずは僕がパジャマを脱ぎ彼の隣で大股開きになった。

『なっ。僕も仮性だろ』と言うと

彼はまじまじと僕のチンコをのぞき込んできた。

『でもたかさんのデカいやぁ』

と言いながら僕のチンコと自分のパンツの中を見比べてる。

僕は『ユイも早く脱いじゃえよ。

またこの前みたいに覗かれちゃうぞ』

と言って彼の股間のところを握った。

『うわっ』と腰を引いたが勃起してた。

『なんだもう勃ってんじゃん。早く脱いじゃえよ』と言うとパジャマを脱いだ。

お互い下半身裸で屋外オナニー。

それも病院の屋上で

『ユイはしゃぶってもらった事あるのか?』と聞くと

まだ童貞らしい。

『たかさんはあるの?』と聞いてくるから

『あぁあるよ。気持ちいいんだぜ』と言ってやる。

『あぁ僕も早くやってもらいたいなぁ』

と言うんで冗談半分(僕はかなり本気で

『なら僕がしゃぶってやろうか?』

って言うと

『えぇいいんですかぁ』だって。

嫌がるかと思ってたのに好奇心が勝ったのか

僕は彼の前にしゃがみ込み彼のチンコに舌を這わせた。

独特の青臭さとちょっと蒸れた感じがする。

まだ軽く舐めあげてるだけなのに先走りがすごい。

僕は彼の皮を剥きあげ一気に頬張った。

彼はかわいい声でよがりだした。

僕はカリ責めや玉も舐めあげドロドロにしてやった。

いきなら『うっ』と声を出したかと思うと

僕の口にドクドクとザーメンをだした。

僕はどうしようかと思ったが彼のザーメンを飲み干した。

『えっ飲んじゃって大丈夫なんですか?』

『まぁユイだから大丈夫だよ』

とワケわかんないことを言ってた。

『僕もそろそろイクかな』

と言うと彼は

『じゃぁ今度は僕がたかさんのを舐めますね』

と言うと僕を立たせ彼の顔の前にチンコをもってこさせた。

『ヘタクソだけど』

と言うとさっき僕がしたように舐め始めた。

そういや今日は入浴日じゃなかったから洗ってないなぁと思ったがまぁいいか。

『無理すんなよ』

と言ったが彼は舐めながら顔を立てに振るだけで一生懸命しゃぶり続けてる。

僕は彼の頭を抱えて口のもっと奥にチンコを突っ込んだ。

ウグッウグッとえづいてたが構わず腰を振ってた。

彼はヨダレだらけになりながらしゃぶり続けてる。

『ユイそろそろイキそうだよ』

gayjapan

と言って口から離そうとしたが彼は離そうとはしない。

『口に出しちゃうぞ』

と言うと彼は顔を立てに降りながらしゃぶり続けてる。

『あっイクっ』

と言いながら彼の口にザーメンをぶちまけた。

彼は僕と同じように僕のザーメンを飲み干した。

『無理に飲むことなかったのに』

『なんだかわかんなかったけど飲んだ方がたかさん喜ぶかなぁと思って』だって

『顔とか洗いに行こうか』『うん』で

階下のトイレの洗面所に行く事に。

このフロアは関係者フロアだからこの時間は人がいない。

車いす用のトイレに入りお互い顔や口を洗った。

どちらもやはり気まずいような恥ずかしい。

顔を見合わして無言状態が…でも彼がいきなり抱きついてきた。

『どうしたんだ?』

『男同士だけどなんか変な気持ち…』

僕は彼を抱きしめそっとキスをした。

彼のチンコはまた勃起してきてる。

僕もまた勃起した。

僕は無言のまま彼のパンツの中に手を入れチンコを握る。

彼も同じように握ってくる。

お互いまた脱ぎ始め今度は個室の中なんで全裸になった。

彼の乳首を舐めあげケツに手を回した。

彼も同じように僕のケツに手を回した。

アナルに指を当てると彼も同じように当ててくる。

『ユイのケツ舐めてやるから』

と言うと僕は彼を介助イスに寝かせるように座らせアナル全開にし彼のひくついたアナルを舐めまわした。

『あっ…あふっ』とか声を漏らす。

僕は我慢できずにアナルに指を入れた。

嫌がる気配はなかった。

『ユイのアナルもっと拡げちゃえ』

『あっ…いゃっ』

ケツ洗ってないからどうしようかなぁと思ったけどもぅ止められない

『ほら2本目だよ』

『あっ痛い…でも変な感じ』

『ユイの中に入れちゃおっかなぁ』

『えっここにチンコ入るの?だめだよ。汚いし…』

『ユイのは汚くないよ。だから…』と言うと僕はアナルから指を抜いた。

やはりちょっと汚れてたけどもぅ我慢できなかった。

僕は先走りでヌルヌルになってたチンコをアナルに当てた。

『力を抜いてゆっくり息をして』

『う、うん。ふ~~~』とゆっくり呼吸をしだした。

それに合わせてゆっくりとアナルにチンコを入れていく。

彼を抱きかかえてキスをしながら奥までチンコを挿入した。

『ユイ全部入っちゃったよ。痛いか?』

『う、うん。ちょっと痛いけど頑張る』

『ゆっくり動かすからね』

と言いながら僕はグラインドし始めた。

僕は男も女も知らない彼のケツをマンコにしてると思うと理性はぶっ飛んでた。

『あっ、あまり動かさないで…』

『やっぱ痛いか?』

『ゆっくりなら大丈夫かも』

と言いながらも彼も腰を動かし始めた。

『ユイ…気持ちいいよ』

『僕もなんか気持ちいいよ』

キスをしながら段々掘るスピードを早めていった。

『あっあっあっ…』

彼は感じ始めもう自分から腰を振ってる。

僕はガン堀り体勢で彼のケツマンコを掘り続けた。

彼のケツマンコはもうグチャグチャだ。

ちょっとの汚れは気にしないくらいに二人とも興奮してた。

お互い我慢できなくなり

『ユイ…僕イキそう』と言うと『僕もイキそう』

とユイ。

『あっイク…イクっ』

と先に僕の方が先に彼のケツに種付けしてしまった。

すぐ後に彼も『あっ…』

と言うとザーメンをぶっ放した。

勢いがあるから僕の顔にも飛んできた。

イッタ後抜かずにしばらく抱き合ったままいた。

僕はこの後抜いた後汚れてるのは必至。

ペーパーを思いっ切り巻き取りゆっくりとケツから抜き取りすぐにぬぐい取った。

彼のアナルもすぐに拭き取った。

『ユイすぐに気張って中に出した僕のザーメン出しちゃえよ』

と彼を便器に座らせ出させた。

『見ちゃいやだぁ』

とか言いながらまだ半勃ちのチンコをいじりながらケツマンコからザーメンを出した。

『僕たかさんの事が好きになっちゃたのかも…』

ってケツを痛そうにしながらユイが言ってきた。

僕も『ユイが好きだよ』と言ってキスをした。

後はお互いケツやチンコをきれいに洗い部屋に戻ってった。

お互い部屋に帰ってこないから看護婦から怒られたけど

その日から事ある毎に屋上やトイレやらでユイとのセックスした。

退院する頃にはユイはすっかり僕とのセックスにハマってた。

退院してからも僕の部屋に入り浸りになり僕の彼氏になった。

今は彼も卒業し大学生になり、かなりの淫乱変態野郎に仕込んじゃったよ。

今ではドライブがてらの野外セックスや発展場デビューもさせた。

発展場では乱交してケツマンコからはザーメンが溢れ出すまでやらせ、

その後は二人で個室でザーメンを出させお互いの身体に塗りたくり変態セックスするカップルになっちまったよ。