野球部員のDK男子

 

br1

 

浪人中の予備校帰りに駅の自転車置き場へ取りに行ったら、

2~3才年下男子が上半身裸になっていた。

それも、

よく電車で一緒になる野球部ユニフォームの男子で、

ビックリした。

気になる子だったので、当然目が釘付けに…

手に持っているTシャツをなかなか着ようとしない。

興味本位で少し話をして名前を聞いたら、

ヨウ君でDK2年らしい。

僕は、汗の臭い・鍛えられた体にすっかり酔って、

ビンビンになっていた。

ヨウ君は突然、僕の股間を触ってきて、

勃ってると言われて恥ずかしかった。

今がチャンスと、

僕もすかさずヨウ君の股間を触ってみた。

ビンビンに勃っていてビックリ!

溜ってるの? ウン ヌイて欲しい? ウンと頷いた。

場所を移動することに。

お互いに裸になり、抱き合った。

汗臭い腋の臭いを嗅いで、

生えている腋毛を舐め、

起っている乳首を舐めたり吸ったりして、

蒸れて臭いチンポを口にした。

デカくてしゃぶり甲斐がある。

ヨウ君、あまり声を出さず堪えていたが、

しゃぶり出したらアッア~ッと声を出してきた。

たまらず、

ヨウ君チンポうまいよ!

ずっとしゃぶりたかったと言いながら、

しゃぶりまくった。

口からチンポを抜かれ どうした?と聞いたら ケツできる?と聞いてきた。

できるよ、入れたいのか? 入れたい。

入れていいよ。

その前に、僕のも舐めてくれないか? 舐めてくれて、

キモチ良さとヨウ君が舐めてる嬉しさで声を出してしまい…

アッア~ッ…

ヨウ君にしゃぶってくれて嬉しいよ~

ヤバくなり、口から抜いてケツを突き出したら、

ヨウ君はゆっくりと入れてきて次第に全部くわえ込んだ。

動かしていい? いいよ。

最初ゆっくりだったが、だんだんガンガン突いてきた。

僕は、アンアン…キモチいい~ヨウ君…ヨウ君…ヨガりまくりで、

ヨウ君の興奮度が増してイヤらしくなっていた。

動きが止まり、

どうしたと思ったら抜かれて 僕に入れたい?

入れたい。入れていいよ。

ヨウ君はケツを突きだし、

蒸れて臭い毛が生えている穴を舐めまわし、

ケツにキスをした。

アッアッ…キモチいい~ 入れるぞと言い、

ゆっくり入れた。

全部入ったよ、

動かしていい? うん…

最初ゆっくり、

だんだんガンガン突いた。

アンアン…

ケツヤベェ~ さっきとは違うエロい声を出してヨガっていた。

ヤバくなり抜いた。

どうしたの? キスしよう? うん。

僕からキスをした。

舌を絡めたりして、熱いキスを交した。

ヨウ君に、どこに出したい? 中出し。

いいよ。

僕に、どこに出したい? ヨウ君が出して欲しいところに出すよ。

中出し。

いいよ。

どちらが先に出すかジャンケンで決め、

ヨウ君が先になった。

パックリ開いた僕のケツを見て、

イヤらしいなぁ、

ヒクヒクしている、

僕のチンポでこんなに開いたんだ…

恥ずかしながらも、

ヨウ君が欲しくて仕方なかった。

さっきは舐めてくれなかったのに、

舐めてくれて声を出していた。

やっと入れられたときには、

最初より変になって…ヨウ君…ヨウ君…

ずっと欲しかった~もっ…

もっと~とヨガりまくっていた。

さらに激しさが増し、

少ししたら イキそう…

あ~っ…イクイク…イク~ 4日分の溜ったザーメンが

勢いよく中で果てた。

少ししたら抜かれて、口に持ってきたので、掃除を…。

臭くて濃いのを出したことを感じながら、

綺麗に舐めた。

ヨウ君からキスをしてきた後、

チンポをしゃぶってきた。

ヨウ君の開いたケツを見ながら、

開いてるぞ! イヤらしいなぁ。

ヒクヒクしているぞ。

早くしてくれ…

ヨウ君のケツに入れて、

ガンガン突きまくり、

アンアン…ケツたまんねぇ~ヤベェ~ ヨガっていた。

ヨウ君好きだよ…好きだよ…イッ・・イッ・・イキそう…

アッ・アッ…イクッ…

ヨウ君の中で、

溜った3日分のザーメンが勢いよく果てた。

少しして抜いて、

掃除をさせ残り汁を飲みながら、

綺麗にしてくれた。

熱~いキスをして、

キツく抱き合った。

さらに汗臭くなったヨウ君の体を、

臭い嗅いで舐めたりした。

話をしながら、

熱い体を冷やして服を着た。

怪しいとずっと思っていたらしい。

よく一緒になって、

チラチラ見ていることを気付いていて、

今日も一緒になったから挑発をしたそうだ。

気付かれてないと思っていたから、

すごく恥ずかしかった。

またしたいって言ったら、

OKしてくれた。

その後、普通に会って仲良くしています。

88x31_2