深夜徘徊は止められない・・・

 

br1

 

昔の話になりますが、

夜中の3時頃から散歩というか徘徊しながら国道脇で停まっているトラックを見に行くのが僕の楽しみであった!

その日は、どうだろう?と思いつつ交差点まで歩いて近づいて来た。

路肩に3車と、廃業したガソリンスタンド駐車場に1車停まっていた!

路肩の3車は、同じ運送屋だったけど、

カーテン締めて仮眠している。

スタンド駐車場内に停まってる方へと向かうと、

室内の明かりで運転手の姿が解った!

ビール片手に煙草吸ってる30代前半のイケメン運転手だ。

僕は、気づかれないように助手席のガラス小窓から車内を覗いた。

運転手は、Tシャツとボクサ一枚でエロ本に夢中だった。

僕は、これはいくると思いトラックの前を素通りしたが、

運転手は驚いたが明かりを消そうとはしな!

僕は、大胆にも穿いていたGバンを脱ぎ、

Tシャツとケツ割れで運転手席の前に立ち股間とケツを触り挑発した。

僕を見た運転手は驚くせずに、

エロ本を投げ捨て見ている!

運転手にケツを突き出し張り型でアナニー見せてやった。

しばらくして車内は暗くなりトラックの扉が開き運転手が降りてきた。

トラックから降り運転手は、

奥の自販機に持たれて立っている。

自販機の明かりで運転手の姿はハッキリ解った。

背は高く180で、がっちり体型の75でした!

運転手のボクサは、

今にも弾けんばかりに膨れ上がっていた。

僕は、運転手の股間の前に膝まつき股間ん握り締めた!

僕は思わず。

デカい!と声がでた。

こんなの普通やろ。

でかいかぁとニヤニヤしてる運転手。

えぇ~ボクサゴムからはみ出てる普通かって。

僕は、ヘソ越している雁を見て笑っていた。

どのぐらいなんと言いながら、

僕はボクサを一気に膝まで下げた!

少し反り返りマジ仮デカで太さも怖い超太いマラでした。

運転手は、太いなぁ。

20以上はあるよと軽く言った。

そうなんやぁと驚かない僕を見て。

運転手は。気持よく頼むわ。

数日溜ってるんで!

僕は、任せといてやぁて巨根の仮筋を舐め捲った。

運転手は、

僕の両肩に手をおき早く舐めて加えてくれとは言わぬばかりに口に押し付けて来る!

僕は、口を大きく開けると仮からカッポリと加えた舌でなで捲った。

おぉ。凄い上手いやん。

これは堪らんよって悶えてる運転手!

まだまだと思いつつ巨根を、

喉の奥ふかくまで入れ込んだ。

巨根を喉の奥まで加えフェラしてると、

運転手は僕の腰を持ち上げて張り型でアナニー仕掛けた。

僕は、

言葉も出せない位に燃え上がり巨根を舐めて捲った!

すると運転手が。

気持ち言いか凄い喉マンやぁ!

僕の根元まで加えたのお前だけやで堪らんけ~お前のケツも潮吹しとる。

激しくアナニーされてトロマン状態だった。

あかん堪らんわイクーって僕の頭を押さえ付け運転手は、

行くぞー!

溜っていた雄汁をドクドクと喉奥にぶっ飛ばした。

僕は、一滴とも残さず飲み干すと口から巨根を離した!

凄い量の雄汁だったのは、

運転手も解っていたのか溜ってたんだ。

まだ。

もう一発抜けるし。

って巨根は勃起している!

僕は、運転手にケツを突き出し入れてと頼んだ。

張り型入れていた僕のケツに運転手は、

一気に巨根をぶち込んだ!

うわぁ潰れると悲鳴を上げた僕は、

張り型よりまだ太いテカマラをケツに填められた。

痛いのが解っているのか、

背中から僕に抱きついていた!

痛いよなぁ駄目なら抜くよって運転手が僕はゆっくりと腰をならすように腰ふりしだ抜けないように運転手の腰をつかんでいた 痛みもなく僕のアナルには、

激しく時には優しく運転手の巨根で掘られた!

凄い気持ちいい。

堪らん~彼女よりええでと言いながらグイグイと押し付けてくる運転手だ。

あああぁ気が狂うほど良いわーもっと突いてやぁて淫乱モードしてる僕のケツが潮吹濡れで吹き出していた!

直腸まで入ってるのは運転手の巨根にも伝わっているのは明らかである。

運転手は、これでもかぁて全身の力をマラに込め激しく突き上げてくる!

どうだ巨根いいやろ堪らんわー凄いすぎやぁて汗だくの運転手気持ち良いで。

こんな初めてやわもっとーもっとて運転手を滝つけた。

あかん堪らんし限界やぁイクでー!

僕は、腰ふる運転手の巨根に合わせ腰ふりながら、

ちょうだい奥に種入れてとグイグイとアナルを押し付けた。

イクでー種付けたるでーおおぉ。

イークて運転手は、

巨根をビクビク種付けした!

僕のアナルからは、

種付けされた雄汁が溢れ出て地面に流れ落ちた。

マジ。

凄いアナルやなぁ。

定期便で走ってるし頼むって運転手はトラックを走らせ去って行った!

去った後にもう1車のトラックが僕の前に停まった トラックから降りて来たのは、

30代前半の髭坊主イカツイ兄貴でした!

兄ちゃんええの見せつけてくれるなぁて近づいて来た。

坊主兄貴のK-1は、

今にも弾けそうに勃起している!

僕は、えぇ。何が?ってとぼけると、

あの巨根で掘られてやろ見てたでって不気味笑い。

僕は、見られてるの気づいていたので、

見てたんやぁほんで!

どうしたって開き直りで髭坊主運転手を睨みつけた。

これも頼むしデカで太いでーてK-1のチャクを下ろし褌を見せつける!

僕は、坊主兄貴の褌に顔埋めながら座り込んだ。

褌マラは、先程の20の巨根程では無いが、

18で太さは申し訳無い位の太さであった!

褌越しマラは、汗と尿臭さにはまっていた。

坊主兄貴は、

褌からマラを引き出し口の中へねじ込んで来た!

どうだええやろう!

僕は、うぅううん。

臭くて美味いでって舐め捲った。

坊主兄貴は、

手を伸ばしアナルに指数本入れて玩具している!

あああぁーダメやぁ。

濡れるってあかんて声漏らしてしまう。

えぇケツしてるガン掘りしたるさかいに覚悟しとけやぁと言いながらアナルを広げていくもうダメや。

早く入れてとマラを舐め攻撃する

一気に入れ込んだ坊主兄貴のマラは、

一方的に攻めて来るから痛みが抜きたいだけで気持ち良さはもう一つて感じだ!

早く種付つけろって。

僕が急かせて言ったから、

髭坊主兄貴は、数分で種付けして終わった。

坊主兄貴は、

気持ち良かったでまた頼むなぁて言い出した!

僕は、また機会あればねとケツ割れ穿きGパン姿なるた。

気持ち良かったやろまた掘るでて自慢する兄貴会えたらの話しだね。

すると坊主兄貴が、

ダメなんやって切り出したからごめんやでー!

先程の、巨根さんタイプやして断りした。

また、巨根さんに会えるの楽しみに深夜に散歩してます!

88x31_2