トラックのドライバーはやっぱり荒々しいな~!

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

停まってたトラックの前で立ちションしてたら

突然ライトがついてビックリして上みたらガチムチで荒々しいドライバーと目が合った。

上がって来いって言われてドア開けて運転席に上がった。

そして早速、

デカマラをしゃぶりながら服を脱ぎ全裸になり

アナルをドライバーの顔の前に持っていきアナルを舐めまくってもらう。

暫くしてドライバーが『綺麗にしてこいよ!』と

簡易洗浄機を見せながらニャついつやがる!

ダウンにドライバーのスウェットの下をきてトラックの脇でしゃがみ込む。

一緒に降りてきて二回目の浣腸。

トラックの脇でアナル晒したまま仁王立のドライバーのデカマラをしゃぶりながら…。

濡れタオルでアナルを拭き乗り込む。

デカマラをしゃぶらせながらドライバーが精力剤でキメ始めた♪デカマラが更にデカくなってガチガチに…

只でさえガマン汁の多い僕は途端に更にダラダラと溢れだし、

それを見たドライバーが下からガンガン突き上げ始めた!

僕も負けない様に腰を降り出しドライバーに乳首揉まれたり抓られたりしながら

ガマン汁まみれのキメチンを弄んだ。

狭い車内で二人共キメ汗だくになった。

四つん這いにされバックからガン掘りされた。

アナルマンに出入りするデカマラを触りながら自分の指を一緒に入れたりして前立腺を刺激した。

限界が近い事をドライバーに告げると又騎乗位になり下から突き上げながら

ドライバーが指を入れてくる。

ガマン汁でヌルヌルのキメチンを亀頭責めしながドライバーの腹や胸に種をまき散らした。

正上位になりドライバーのペースで掘り始めた!

暫くすると僕のキメチンも涎を垂らしながら復活してきた。

キスしたり乳首舐めたり摘んだり亀頭責めたりしてたら

限界が近づいたドライバーが猛ガン掘りでアナルん中でぶっ放した。

アナルん中に広がるキメタネ感じながら二発目を腹にまき散らした。

アナルマンから引き抜かれマン汁とキメタネまみれになったデカマラを舐めて綺麗にすると

ドライバーが腹の上で汗と混ざった僕の種を舐めてくれた。

荷物を卸す時間やからと服を着てトラックを会社に乗り入れ直ぐ終わるからと…

gayjapan

一時間位で作業が終わり二回戦をウチでやる事にしてトラックを駐車場に入れドライバーの車で移動!

一緒に汗を流しサッパリして、

ビールで乾いた喉を潤し追加をお互いにキメ合った。

後ろから抱くようにしながらキメてくれてるドライバーのデカマラは既にギンギンで火傷するくらいに熱くなってる。

半分入ったとこで止めてもらい

座位の形で後ろから挿れてもらい、

一旦シリンジを引いてもらい残液て血を混ぜて注入してもらった。

デカマラを軸に向きを換えドライバーと向かい合いキスをしながら腰を振りまくった。

脚を下から持ち上げられ駅弁しながら正上位になりガンガン掘ってくる。

左右に体を回され横向きに掘られたり騎乗位にされたりしながらかなりの時間掘られ続けた。

突然、根本まで突き刺し腰の下にタオルを敷き

『出すでぇ!』と…

程なくしてアナルの中にキメタネ付けの時とは違う熱い物が入って来る感じが広がった。

最初はちょっとづつ出されてその一滴づつがめっちや熱く感じてキメチンからはガマン汁が糸引きながら腹に垂れている。

漏れ出さない様にアナルを締めながらしゃぶったりしゃぶられたりして30分位してトイレに行き綺麗にした。

フワフワする身体で横になるとドライバーが身体中を舐めてきた。

脚を持ち上げられアナルマン舐めてきた時に中まで入ろうとする舌がもっとほしくてドライバーを寝かして顔の上にアナルを開いて押しつけた。

暫く舐めらてからデカマラがほしくなり自分のガマン汁をデカマラに塗り広げ騎乗位で飲み込んでいった。

激しく腰を振りながらドライバーが亀頭責めしてくる。

根本を締めながら亀頭に血が集まる様に握り絞め充血した亀頭を擦りまくってくる!

アナルと亀頭責めの気持ちよさにイキそうと伝えると親指で玉の後ろ辺りを押さえながら

『イケ』って言うから思い切りぶっ放した!?

イク瞬間のアナルの締め上げにドライバーも溜まらずぶっ放した。

でも、なんか変な感じ…

確かにいったはずなのに、

射精した感覚があるのにドライバーの腹の上に僕の種が無い?

ドライバー曰く、出口塞いでたから膀胱に入ってるってでも、

そうするとアナルの中がより充血して竿に絡み付き中身が引き出される感じがしてウケもタチも両方気持ちいいらしい。

イったばかりなのに上下入れ替わりドライバーがガン掘りしてくる。

腰を引かれる度にマジでデカマラに着いて中身が引き出される感じがして気持ちいい。

ドライバーの滴る汗を口に受けながら自分の顎に当たる勢いでぶっ放しドライバーが奥で弾けるのを感じた。

88x31_2