日焼け露出調教4

 

 

No.4までとうとう話しがいってしまった

No.3で編集者との撮影会は無事終わり、

あるゲイ雑誌に目線無しで掲載された

サイトにも投稿されたし、

顔も晒されただけでなく、

変態姿まで曝した

20歳のオレはマゾに堕ちていった

幾つかの露出調教計画が提案された

全裸でのサイクリング、

山歩き、キャンプ、

海水浴、ドライブ、

俺はぞくぞくしながら聞いていた

勿論先生の部屋で全裸で。

まったのは荒縄亀甲縛りで日焼けガングロにして亀甲跡をつけて人前に曝すというものだ

ヤバい、それはヤバい

家族やもしかしたら知人にも

それでも丸出しのチンポは立ってきていた

みるみる内に勃起している

先生は決まりだなと笑っていた。

俺は日焼けサロンに通った

しょっちゅう野外露出していたせいか直ぐに黒くなった

縄の跡もくっきり、

縛ってあるようにやらしい体に!

しかも文字日焼けシールも貼っていた

露出狂マゾ

タトゥーのように右腕に。

左には変態チンポ

俺は鏡でうっとりしていた

やはり、俺はマゾ露出狂だ

まずは全裸での先生とのドライブ

途中ドライブスルーではドキドキした

高速入ると隣のバスやトラックから丸見え

サービスエリアでは極小海用Tバックに長いTシャツで自販機買い物

皆見て笑っていた

どうやら海水浴場に向かっていた

あまり人がいない海辺で中々たどり着けない秘境のような海辺

俺は極小のTバックしかも白色

濡れるとくっきり映るし、

両玉もパンパンに出そうだし、

尻割れ目は半分以上肛門が隠れる位しかない程

しかも上半身は亀甲日焼け跡

何人かのカップルや大人達に笑われた

見られてる

そのままサマーベッドで座り込むと

先生は隣で言葉責めが囁かれる



ここで勃起したら終わりだ

大変なことになるゾ!

ゲイサウナ屋上じゃないんだからナ!

緊張してる俺はじっと日焼けした

先ずはベッド倒して仰向けになってチンポが見えるようにしなさいッはいよし、いい返事だ

脚を開いてしっかり見えるようにしなさい

パカッむっ、

キンタマが完全にはみ出ているがそのまま、

そのまま

数人のギャラリーというか、

興味みたさか、

数人きた

ハハハ、へへへ、ヒューヒュー

視線と冷やかし笑いに気になって、

なんだか

乳首も立ってきた

腋も汗が

ギュウギュウになんとか詰め込んであるチンポも少しずつ膨らんでいる

ノンケ男女に見られて興奮していた

チンポの角度か上がってきているゾ

自分の腋臭を嗅いで興奮したのか!

例え興奮しても立つなよ

だ、ダメダメ、

俺のチンポ、

立たないでくれ

思えば思う程、

俺は白の極小Tバックからは亀頭が今にも飛び出しそうに竿も透けてくっきり映り、

キンタマはパンパンに膨らんでる

毛が無いから余計に丸見え

1人が俺の前で腕の日焼け文字を大きな声で読まれた

露出狂マゾ

勃起チンポ!ああッ!ダメダメ、

勃起する!勃起しちゃうッ

ああッみんな見てるーッ丸出し勃起チンポぉー

この子、

変態だ!

先生はこの子、

変態だかろ勘弁してあげてね

まぁ冷やかしだけでネ

先生はさあ海辺を散歩してきなさい

俺は恐る恐る内股で立ち上がり歩き始めた

皆に変態この野郎!

向こう行け、豚野郎

折り返すと走って先生の所に戻った

走る度に勃起チンポは左右にペッタンペッタン暴れまわり、

笑われた

先生の所に戻った時には先生は片付けていた

俺は先生やギャラリーの前でぶひ、

ぶひぃぶひぃ

みんな、見てぇー

触らずパンパンに張った亀頭から白い物が!

見られて変態射精ー果てた

先生は俺を引っ張ってそそくさと車に乗せ、

走り始めた

誰が最後に射精しろと言った!

バス停に全裸で置いて行くゾの俺は次の露出調教を楽しみにしていた

88x31_2