ノンケだけどフェラしてみたくなっちゃった

 

gayjapan

 

俺は同姓セックスの経験は無いんだけど、エロ動画とかで美味しそうに フェラしてる映像とか見てて、

どうしても自分でフェラしたい欲望がマックスまで達し発展場に行ってみることにした。

とりあえずネットで下調べしたとおり、寝待ちをしてみる。

一人すぐ隣まで来て、俺を見定めた後プイッていなくなった。

なにこの屈辱!超失礼な奴!!とイラっとしつつ

更に待ってみることにした。

ちょっとウトウトして寝落ちしそうな時に 誰かが傍に来てキスをしてきた。

男との初キス!しかも濃厚なディープ。

突然のことにワクワクが止まらない。

暗い中相手を見ると、ちょい年上ぐらいのアスリート体系のお兄さん。

お兄さんは慣れているようで、俺の乳首やチンコを優しく触りだした。

しばらくキスが続いたかと思うと、お兄さんが俺の頭を股間に持っていった。



待ちに待った他人の勃起チンコ。

俺は一心不乱でフェラしたよ。

フェラって歯を立てないようにしゃぶり続けるのはけっこう体力が必要だと言うことが分かった。

玉を舐めて、チンコを咥えて、喉の苦しくないギリギリのところまで自分で押し込む。

今まで女にさせていたことを自分がしているという非現実に、 俺もチンコも勃起が治まらない。

恍惚の表情をしてる俺の体位をお兄さんは強引に移動させ 初めての69の始まりである。

お兄さんのフェラもとても上手く天国のようだった。

どれくらい69が続いたかわからないが、今度はお兄さんが仰向けに寝っ転がった。

俺は夢中でチンコをしゃぶり続けた。

まさに「ご奉仕!」。

お兄さんが「行くぞぉ」というので、

フェラチオのスピードを最大に持っていく。

すると俺の口にお兄さんのザーメンが飛び込んできた。

吐き出しても大丈夫とお兄さんは言ってたけど、 興奮のあまりそのまま飲んでしまった。

ザーメンの味を堪能することも出来ないぐらいドキドキしていた。

それで俺の初発展場は終了。

正直、もう次はアナルの体験をしたくてたまりません。

誰かブチ抜いてくれないかな!

88x31_2