田舎で小遣い稼ぎ

 

gayjapan

 

学生だった頃、農家のオッチャンのチンコを フェラして小遣いを稼いでいたよ。

きっかけは、一人でバス釣りをしていた俺に

オッチャンが「ちょっと手伝って欲しい」と

俺を畑の角に建つ物置小屋に連れて行き、

ボロンっとチンコを露出させてきた。

マジか!ってビビる俺に

「触ってくれれば小遣いやる」と言うので

釣り道具が欲しかった俺はオッチャンのチンコを握ってやった。

まだオナニーした事無かったから オッチャンの命令どおりに上下に扱いたりしてやったら、

気持ち良さそうにしてたオッチャンが追加で

「舐めてくれればもっともっと小遣いあげる」と・・・。

提示された金額が月の小遣いの倍!


もうどうにでもなれ!とオッチャンのチンコを舐めたよ。

恐る恐る舐めて咥えて顎が痛くなると、

オッチャンが俺の口からチンコを抜いてザーメンを発射した。

初めてザーメンを見た。

オシッコとは違うと授業で習ったけど意味わかってなかったんだな。

ちょっと怖かったよ。

そして誰にも内緒だとオッチャンに言い聞かされた後、

約束の小遣いをもらい釣りに戻った。

翌週の休日に釣具を買い畑横の小川で釣りをしてると

オッチャンがまた俺を呼んだ。

味を占めた俺は、オッチャンに小遣いをもらいに何度も畑に訪れた。

そしてフェラを仕込まれ口内射精や飲精までも出来るようになった。

その頃になると、オッチャン以外の大人のチンコも咥えさせられ

大人のチンコは大きさがバラバラだな~って思ってた。

学校卒業してからは、オッチャンに呼ばれなくなったけど

今でもフェラが衝動的にしたくなる時もある。

br1