鍛え抜かれた消防士の肉体はヤバイよ

 

br1

 

ジムのシャワールームで兄貴に掘り込まれたあと、

お持ち帰りしてもらい、

続きを家で楽しむことになった。

一緒に晩飯を食ってる時に、兄貴が数分間席をたった。

携帯で誰かと話してるみたいで。

晩飯を手短に済ませれ家に向かった。

家に入り兄貴の

「シャワー浴びてこいや!」って言われてシャワーを借りた。

で、

出てくるといつの間にかもう1人着ている。

兄貴は35歳、もう1人は俺よりどう見ても年下で25歳の現役の消防士だった。

2人とも下着1枚になってて部屋の電気も消されてた。

消防士が「兄貴、こいつめっちゃエロイ体してんじゃないっすか~」って言いながら

俺の後ろに回りこんだと思ったら、

タオルを俺の口にねじ込んできた。

俺は一瞬で気を失い消防士に抱えられた。

気がつくとケツが熱い。

気をうしなってる間にハリ型まで入ってた。

「やっと気づきましたよ」よ消防士が兄貴に言った。

「こいつの俺より太いから、この方がホグレ易いと思ってさ」

その一言に俺は夢中で消防士のボクサーを引きずり下ろしたら、

今まで見たことのない太っいマラがガッチガチになってた。

顔を見ると無言で

「しゃぶれよ!」と言わんばかりに顎で合図してきた。

大きく口を開けても入りきらなくて

「もっと奥までくわえろ!」と同時に

喉奥まで突っ込まれ苦しいながらもタップリと味わってると、

兄貴がハリ型をズボズボしてくる。

5メとラッシュが凄く効いてて思わず年下の消防士に

「頼む!入れてくれ」って言ってしまった。

自分でも信じられない…。

「よっぽど欲しいのか?俺も年上を犯すの楽しみだったんだぜ」って言い

壁にもたれるように脚を広げて座った。

俺は消防士に向かい合うカッコで上からゆっくりと腰を下ろす。

亀頭の部分が入るときはかなりキツカッタけど、

極太ハリ型のおかげで、

後はしんじられない位スッポリ咥えこんだ。

後は相手にしがみ付いて下から突き上げられた。

気持ち良さに喘いでいると、

「やっぱお前淫乱だよ!マラもしっかり勃たせてやんの!」

と言いながら高速でピストンとシコシコされてた。

そこで1発目発射。

その後は、大きな鏡の前に連れて行かれ、

後ろから消防士が、前から兄貴が2人同時に犯してくる。

タチマンで掘られてるとジャストミートして、

トコロテンしそうになるけど、必死で堪えてた。

消防士が我慢出来なくなったらしく20分掘られ続けて俺の中でフィニッシュ。

と同時に兄貴も俺の顔目掛けて発射。

俺もシゴキあげて、大声だしながら果てた。

デカマラを抜かれたケツマンはぱっくりと穴あけて、

消防士の雄汁が流れてきた。

その晩は3人で泊まる事に。

兄貴がぐっすり眠っていた時俺はさっきの興奮で寝付けずいたら、

消防士がメルアド書いた紙を渡してきた。

「今度2人きりでゆっくり楽しみたい」って言われ俺も即OK!後日楽しんだあと、

今では俺の相方になってる。

88x31_2