消防士の後輩

 

br1

 

俺は35歳、人口12万人の市でS官しています。

隔日勤務24時間交替制である。

救急隊の出動は頻繁にあるが、

消防隊の出動は稀である。

勤務日は消防車の点検・整備と体力トレーニングに明け暮れる。

24時間勤務のため、

隔日で夜勤はあるが、

深夜放送を見るか、

雑誌を読んでいる。

仮眠室では、横になっても眠らない。

カーテンがあるので、

センズリには適所である。

それを男性ばかりの職場なので、

誰も隠さない。

スマホが普及するまでは、

エロ雑誌を持って仮眠室に入った。

俺は、

最近スマホとテンガを持ち込む(笑)

テンガは個人ロッカーから持ち込むが、

それを若いS士に見られた。

その若いS士は、

俺の後を追って仮眠室に入って来た。

カーテンを閉めたら、

「先輩、テンガより気持ち良い物使いませんか?」、

「えっ?」、

「俺、隣の市の発展サウナ○○で先輩を見てしまいました。俺と同じゲイですね?」と、

カーテンを開けて、

俺の活動服の上から股間を握って来た(驚)

俺のベルトを外し、

TOOTのボクブリの上から握って扱いて来た。

若いS士の股間を握ると既に硬直状態。


そのまま身を委ねていると、

口で咥えてピストン運動。

俺は寸止めせず、彼の口に発射。

その後、彼をベッドに引き入れ、

カーテンを閉めて、

俺も彼のモノをシャブって逝かせてやった。

翌朝、勤務交替前に風呂の湯を入れ、

交替後の勤務明けに、

彼を誘うと、快くOK。

出動がなかった明けに風呂に入って帰る者はなく、

2人きりで入って遊びました。

兜合わせすると、

黒いムケチ○とピンク色の皮余りのあるムキチ○で、

咥えて扱いて逝かせてやった。

彼もタチで、タチ同士では、

セックスできないが、

勤務明けに俺のマンションに来て、

泊まっていくことも度々となっている。

88x31_2