拒否されてた友達を騙してエッチしちゃった②

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

俺は目隠しを外してやると、

本当に驚愕した表情をしてた。

俺は『こんなに淫乱なんだ。あんなに声出して、気持ちよかった?』と

言いながら、ピストンを加速させた。

さっきまでは超泣き喘ぎまくっていたのに、

相手が俺って知ってからは恥ずかしさからか、

『ンンゥ、アッアアァ』

くらいしか喘がなくなり、

『どう俺のチンコ、気持ち良いだろ?さっきみたいに声出してよ!

メスネコみたいに泣きまくってたのによ~』と

言葉攻めをしながら乳首をキュッっとつねった。

『知り合い抱かれてると思うと恥ずかしいよ』と言うから、

『なら止めるか』と、ケツからチンコを抜いた。

すると、『エッイヤっ、ダメ』と言うので、

『ならお願いして!』と強い口調で言った。

友達は「もう抵抗しないから挿入れて下さい」と哀願してきた。

俺はゾクゾクしながら

「何を? どこに?」と焦らした。

「お尻に大きいチンコを入れて掘ってください」

あんなに俺を拒否し続けてきたのに、

俺は征服感でいっぱいだった。

俺は仰向けに寝転がり、「跨がれよ」と命令した。

友達は跨がる時に、

「ゴムは?」と聞いてきた。

「俺のデカチンじゃゴムは無理だろ。

生が嫌なら終わるけど・・」

友達は納得したのか、

自らアナルでチンコを飲み込み、

自ら腰を振り喘ぎ始めた。

俺は友達を少し浮かせた状態にしてから、

下からガンガン突き上げてやったら白目を剥いて、

「当たってる、大きいチンコってヤバイ、壊れちゃう!」と

淫乱な本性を現しだした。

「オオ、どこが気持ちいいんだ~?壊れちゃえよ」と

更に突き上げたら、

「アナル…奥が気持ちいい…」と

俺の顔めがけて勢いよくトコロテンで

ザーメンを飛ばしてイキやがった。

今度は正常位に体勢を戻し、

「これからは俺専用のアナルだな」と、

笑いながら

下から突き上げる感じで前立腺を目掛けケツを犯すと、

友達はヨダレを垂らして、

チンコからはドロリとトコロテンを繰り返した。

俺もそろそろイキそうになり、

「イキそう、中に出すぞ」と聞くと、

「中はダメ…外に・・・」との返事。

「なら、ここまで!」と言うと、

「お願い!僕の中にザーメン注ぎ込んでください」と言わせ。

「俺のガキ孕めよ!」と、

ケツ奥に種をつけてやったら

友達も再び勢いよくトコロテンした。

一滴残らずザーメンを擦り込んだ。

萎えたチンコを引き抜き、

友達の顔に跨がり、

「掃除にしろよ! 全部飲めよ」としゃぶらせた。

その後に二人でシャワーを浴びて、

優しく体を洗ってあげ

きちんとタオルで拭いてあげると、

気持ちも傾いてくれたのか、

それ以来、

俺専用の種壷になってくれました。

88x31_2