ガテン系大工に犯られるDK

 

br1

 

受験勉強でムシャクシャシして

夢中でオナーニーばっかりやっていたら、

ガテン系の労働者に覗かれてるとは思いもしなかった。

いつものようにベッドの上で、

お尻にいろんなものを順番に入れて、

我慢汁でビチョビチョになった前を扱いていて、

もうホントにイクって感じの時に、

玄関のチャイムが鳴ったので、

慌ててジャージを穿きました。

1階に下りていくと、

斜め前の空き地で家を建てている大工さんでした。

「おかあさん、いる?」

「パートに行ってます。

誰もいないんですけど…」

「そうなんだ…」

俳優のさかぐちけんじ似のお兄さんは、

後ろの玄関のカギを掛けました。

「エッチなオナニーしてんじゃん。ケツにも指入れちゃってさあ」

『え! まじ!? 見られた!』と気づいて、

恥ずかしくて僕はドキドキして、

心臓もバクバクいって、

少し気が遠くなりかけました。

「心配しなくても、黙っててあげるからさあ…」

日に焼けた黒いお兄さんの手は、

太目の作業ズボンの上から自分のモノを揉んでいました。

お兄さんが近づいてきて、

僕の肩を押して膝立ちにさせました。

ベルトをガチャガチャやって、

ファスナーを下ろすと、

白いビキニが凄く盛り上がっていて、

亀頭の形がクッキリで、

じわーっとシミもできてました。

初めてみる他人のもっこりアップで、

僕はノドがカラカラになって、

自分のモノがジャージの中で痛くなってきました。

「ほら、早くしゃぶってぇ」

見上げると、

せつなっぽい顔でお兄さんが見下ろしてます。

お兄さんのビキニに顔を近づけると、

お兄さんの手が僕の頭の後ろを押して、

その拍子でビキニのもっこりにキスしてしまいました。

恥ずかしさはどこかに吹き飛び、

夢中になってもっこりビキニを軽く噛んだり、

ほっぺたでグリグリして感触を味わったりして、

「あーん、うーん」と

エロい鼻声を出してしまいました。

我慢できなくなった僕は、

ジャージの中に手を入れてみると、

トランクスを穿いてなかったので、

直接ジャージがベトベトに濡れちゃってました。

今までで一番先走りが出てました。

扱き出すと、

幹の方までグチャグチャで滑りがよかった。

「できあがっちゃったね。俺も我慢できないよ」

ゴツい手でビキニを下げると、

大きな赤黒いモノが反動でジャンプして出てきました。

初めて見る他人のナマ勃起。

しかも、超カッコいい色黒で、

大好きなさかぐちけんじ似のお兄さんのモノ。

僕のよりも亀頭が大きくて、

カリが張っていて、

さすが大人って感じです。

「ほら、ペロペロしてみ」

舌を思いっきり出して、

舌の中央でお兄さんの勃起を、

タマの付け根のところから亀頭の先っぽの割れ目まで、

しっかり舐めあげて味わいました。

先走りの味って何とも言えないですね。

勃起の質感、

弾力間も舌で感じられました。

それからほのかな匂いもしました。

もっともっと感じたく、

舌先で何往復、

裏も表も再度も上下にしました。

亀頭を銜え込みました。

ベロンベロン亀頭裏のとこを舌で舐めつつ、

くちびるでカリを刺激して、

右手で手のひらいっぱいのタマ袋を握って、

一つずつでっかいボールもみました。

お兄さんはシャツを捲り上げて、

乳首を指で摘んでます。

ボコボコのすっごい腹筋。

白いビキニは、

ひざの辺で引っかかってます。

勃起にむしゃぶりついて、

ラーメンを食べるみたいに吸い上げて、

頬っぺたの内側の粘膜で亀頭を刺激して、

ノドの奥まで銜え込んだら、

「おっおっ、すっげえよ、気持ちいいよ、あああ」

低い声で喘ぎながら、

眉間にシワを寄せて、

気持ちいいより苦しそうな表情。

僕はもっと舐めていたかったのに、

頭をどかされました。

何で舐めさせてくれないの?

お兄さんはすっごいスピードで扱きあげると、

「イ、イクぜ、顔射してやるよ‥」

僕は、勃起にできるだけ顔を近づけて、

掛けてもらおうとしました。

「はあ、うっつ、うっつ」

お兄さんは、体全体をビクッとさせて、

僕の顔にはドバッと熱い発射が飛んできました。

2段目、3段目は、

僕の顔を外れました。

お兄さんは僕の目をじっと見つめてて、

僕はその顔を見て、

ジャージの中で爆発しちゃいました。

暫く2人とも息が荒くて、

「はあはあ」と肩で息をしてました。

ボーっと僕がしてると、

お兄さんは首のタオルをとって、

「フローリングに飛んじゃってるよ、やっべ」と言って、

四つんばいになって拭き始めました。

今まで見上げてたお兄さんが、

僕と同じ目線の高さになりました。

「僕があの、後やりますから、あの、拭きますから」と言うと、

「ありがとな」と言って、

僕にディープキスをしてくれました。

タバコのヤニの味が苦かった。

「今度来る時まで、タオル預かっててよ」

鍵を開けて、

「じゃあな」現場の方に行ってしまいました。

何にも考えられないまま部屋に戻って、

タオルを顔に当てると、

香水の匂いと汗の臭い、それとネバネバ…

ジャージの中の自分のネバネバが気になりだしました。

88x31_2