ゲイビ出演

 

br1

 

ゲイ雑誌に、

ゲイビデオ出演者の募集広告があった。

詳細はメールにてとあったので、

メールをしてみた。

撮影日時、撮影場所最寄駅、出演料、

出演者募集人数が返信され、

撮影内容は顔出しなし、

オナニー顔射、

精子が15㎝以上飛ぶこととあった。

また、性病保菌者ではないこと。

応募はメールにて選考、

募集期日までに、

住所、氏名、年齢、

プロフ、勃起の長さ、

ムケ具合を送付して書類審査だった。

また、

被顔射モデルの募集1名もあり、

イケメン、短髪、筋肉質、

デカマラ、ケツウケができることとあった。

顔写真添付で応募、

出演料が3万円だった。

被顔射モデルの落選者は、

顔出しなしのモデルに採用される場合あり、

とあったので、

家族にはカミングアウト済みだったので、

被顔射モデルに応募してみた。

すると、被顔射モデルに採用されたwww.

当日、

駅前に集合しスタジオに入ると、

撮影の内容が説明された。

射精モデルは20名で、

黒いストッキングで目隠しをして、

プロデューサーの合図でセンズリ開始、

発射が近くなったら、

被顔射モデルの横に来て、

顔射または口内に発射する。

連続2回以上発射できる人は、

2回目も同様。

被顔射モデル(俺)は、

タチモデルにケツ掘りされながら、

顔射を顔または開いた口で受ける。

もし、

ケツ掘りでトコロテンしそうになったら、

カメラマンにわかるように声出しすることと指示された。

そして、タチモデルと顔合わせした。

タチモデルはプロ俳優でゲイビで見たことのあるイケメン、

筋肉質、デカマラで、裸を見ただけで、

俺は興奮してしまったwww.

撮影開始。

俺は、ビニールマットに横になって、

タチモデルは俺のケツをローションで解し始め、

続いてフトマラが挿入された。

プロモデルのフトマラは快感で俺は喘ぎ始めた。

プロデュサーの合図で周囲の男たちがセンズリを開始。


開始1分ほどで俺の顔の横に来た若い男性は、

俺の喘いで開いた口を目がけて3回発射。

開始間もなくの射精は相当の早漏だったのだろう。

2人目は、

俺の口にイチモツを近付け扱いて発射。

仮性包茎の皮を剥いた臭いが漂ったので、

普段は皮カムリなのだろう。

スタジオに入ってからシャワータイムがなかったので、

汚れたままの出演だったのだろう。

3人目の男性も汚れたままだった。

臭いがした上にカリ首に、

恥垢まで残していたwww.

4人目以降、

順次俺の顔の横に来た男たちがブッカケていった。

中には、

ションベンをブッカケたかと思われる勢いでかけられたこともあった。

顔から1m以上離れた位置から命中させる離れ業の持ち主もいたwww.

また、複数の精子を同時に味合うと、

微妙に味の違いがあった。

タチモデルの掘り方が上手かったので、

俺はトコロテン射精しそうになったので、

「イキそう!」と声を上げると、

カメラマンが俺のムケマラにレンズを向けた。

寸止めできず、

トコロテン発射してしまった。

すると、タチモデルも俺から抜き、

コンドームを外し俺の横に来て、

大量に濃いモノをブッカケた。

周囲の男性は20人いるのに、

10人目を受けた頃、

最初にブッカケに来た若い男性が、

2回目のブッカケにやって来た。

2回目も1回目同様かなり飛んだ。

若いので元気だった。

全員がブッカケ終わるまでに、

2回目を発射した男性が数人いて、

合計20数発ブッカケられて終了した。

終了後、シャワーを浴びてから、

ビデオチェックしたら、

タチモデルを含めて、

26回ブッカケられていたwww.

動画は、

タチモデルがコンドームを被せるシーンや、

間が空いてしまった部分が編集され、

今も見ることができる。

その動画を見て、

撮影を思い出し、

俺のセンズリネタにしています。

若気の至りと言った言葉もありますが、

良い思い出になっていますwww.

終わり

88x31_2