軽い気持ちでハッテンに参加したらズタボロにされた話!

 

 

掲示板に野外プレイをやるっていうカキコが入っていました。

結構盛り上がっていたから僕も参加して実際に行くことにした。 指定された格好は競パンにズボンにTシャツ。

ドキドキしながらも、とりあえず1人で待ち合わせ場所へ。 既に何人か来てたから、とりあえずベンチに座っていました。

すると横に20代前半くらいの、爽やかな雰囲気のイケメンが座ってきました。

おおぉイケメン!と思っていると股間を触ってきました。

お返しに僕も軽くズボンの上から触りました。

すると、ズボンの中に手を入れてきて、激しくもんできました。

「ヤリにきたんだろ? 思いっきりやろうぜ」と言われ、ズボンを脱がされました。

ズボンの下は競パンでしたが、

それを見ると、「やる気満載だな!」と言って、自分も競パン姿になりました。

割れた腹筋にきれいな身体で、白色の競パンがすごく似合っていました。

ベンチの上で競パン越しに触られてコックリングに気づくと、

「ウハっ!淫乱なんだな」と言われ、 Tシャツも脱がされてしまいました。

しばらく絡んでいるとギャラリーが段々集まってきて 僕達を囲んで眺めていました。

僕の左にも、サカパンの人が座って攻めてきました。

気持ちよくなって、声が出てしまいました。

ピンクの競パンの人が、

「みんなが見てくれてるから、見せ付けてやろうぜ」と言って、 街灯の下のベンチに連れて行かれました。

競パンの人が全裸になったので、 僕は競パンの焼け残りを舐めてから、チンポをしゃぶりました。

ガンガン突いてきて苦しかったけど、気持ちよさそうだったので、 相手の尻に手を回して、奥まで入れてもらいました。

僕の競パンはヒザまで下ろされて、アナルに指を入れられていました。

ジロジロと見られているんだ!と思うと凄く気持ちよくなって興奮しました。


他の人も「コイツ、だいぶ変態だな」とニタニタ笑いながら、 僕のチンポを触ってきました。

競パンの人がチンポを口から抜くと、すぐにサカパンの人が口に入れてきました。

頭を掴まれて、激しく動かされました。

僕のケツには2人の人が指を突っ込んでかき回していました。

石畳に四つんばいにされ、ケツを高く上げるように言われ、 ケツの穴にローションを入れられました。

サカパンの人が口の中でイッたので、 精液を飲もうとした瞬間に、競パンの人がケツの中に入ってきました。

その勢いで声が出て、精液を吐き出してしまいましたが、 競パンの人はお構いなしに突いてきます。

口から精液を垂らしながらよがってる僕の前に、 今まで眺めていた色黒のキャップの人が、 競パンの脇からチンポを出して口に入れてきました。

野外でバックを突かれながら、下からも突き上げられて、 その姿を見られてマジで気持ちよかったです。

競パンの人が激しく腰を振った後、中でイキました。

熱い精液の感覚が醒めないうちに、 サカパンの人が入ってきて、激しく突いてきました。

ズチュズチュという音にパンパンという音が混ざって、凄くいやらしい。

ピンクの競パンの人は、 「暫くやってないから、何べんも犯してやるよ。

まだまだ、待ってる奴もいるみたいだぜ」と言いますが、 僕は突かれまくって、どうでもよくなっていました。

その後、口とケツと交互に何度も犯されました。

誰かが「もうケツがガバガバ」と言うと、

「んじゃ、壊しちゃえよ」と周りから声が飛びました。

本当にケツが壊れるくらい何度も犯されて、精液まみれにされました。

結局明るくなるくらいまで犯され続けて、ボロボロにされました。

でも、クセになる快感だったよ。

88x31_2