隣町の発展場に行ったら天国だった・・・

 

gayjapan

 

僕は37歳,そんなに背は高くないが結構鍛えているので胸厚だ。

地元じゃ,バリタチで通していて,ネコ相手に掘りまくっている。

だが,時々無性にケツが疼く。

ケツにぶち込んでもらいたくなるのだ。

そんなときは,高速飛ばして100kmぐらい離れた別の街のヤリ部屋へ行く。

あらかじめ掲示板にタチ野郎の募集の書き込みをしておき,駐車場のトイレで早々と仕込んで,入館する頃にはヘロヘロ。

携帯で掲示板を見るとレスも何件かついてる。

こりゃ楽しめそうだ。

効き過ぎで朦朧としながら着替えてると,何人かの奴がロッカー室にチェックしにくる。

シャワーもそこそこにミックスルームにへたり込む。

この街のヤリ部屋は大きくないしきれいでもないんだが,小さい部屋が何部屋かあり,隠微な感じがして,やりやすいので好きだ。

ミックスに横になってみたものの,キマっているので,じっとしていられない。

ゴメ独特のソワソワ感の中,息が上がり,手が自然とチンコをまさぐってしまう。

そして,それ以上に肛門のひだがヒクヒクする。

早く誰かぶち込んでくれという感じだ。

覗きに来る奴はいるんだが誰も手を出してくれない。

我慢ができなくなった僕は立ち上がり,その辺に寝ている奴に手を伸ばす。

もう顔なんて見ていない。

誰でもいい。

ともかくをデカチンを捜す。

別の部屋の隅でおじいに手を出されている背の高いガチポがいた。

手を伸ばして見ると,重量感のある立派なものだ。

「すげーでけぇ」 エロエロになってる僕は思わず声を出してしまう。

迷わずくわえる。

うめえ。

どうしてゴメ効いているとチンコもうまく感じるんだろう。

喉の奥にくわえればくわえるほどうまい。

夢中になりすぎで途中でえづいてしまい,もどしそうになるがそれでもジュルジュル音を立てながらしゃぶる。

メチャメチャ,チンコうめぇ。

元からでかかったチンコがさらにでかくそそり立つ。

僕は嬉しくなって,自分のケツにオイルを塗り込む。

そして,口からチンコを離し,僕はガチポの上に馬乗りになり,一挙にデカチンをマンコにくわえ込む。

ニュルンと僕の中に入ってくる。

たまんねぇ。

すげー存在感だ。

入ってるというよりケツの中いっぱいにチンコが広がってくる感じ。

僕のケツの奥の部分にいきなり当たる。

入れたばかりだというのに僕は感じてしまう。

「き,気持ちいいっー」 僕は自分から前後に腰を振る。

もっと欲しくてたまらない。

「キメてるのか」 とガチポが声を掛けてきた。

僕はこのとき初めてデカチンの持ち主の顔を見る。

僕よりずいぶん若い奴だ。

坊主の二重の童顔,厚い唇がエロい。

僕好み(笑)。

僕はさらに激しく腰を振って応える。

ガチポが下からラッシュを差し出してくる。

吸い込むとカッと体が熱くなり,さらにケツの中の感度が上がる。

僕は瞬間訳が分からないような状態になって,ウンチスタイルになって,自分でも信じられないくらいの早さであえぎながら,ケツを上下に振る。

ケツがあたるパンパンという音とチンコがケツ穴ですれるヌチャヌチャという音が薄暗い部屋に響く。

「でけぇー,当たるっ。

当たるよー」 僕はたまらなくなって,声をあげながら前に倒れ込んでしまう。

倒れ込んでもガチポのものはでかいので,ケツの感じるところに当たったまんまだ。

「気持ちいいよぉ」 と僕は半分泣き声になりながら,ガチポの胸にしがみつく。

奴は優しく舌を絡ませてくる。

奴の涎を吸い取るように奴の激しく唇をむさぼる。

同時にガチポが腰を上げて,下から僕のケツを責め始める。

すげー快感が僕のケツから脊髄を走る。

僕は野獣のような声をだしてしまう。

文字通り淫獣だ。

僕は再び起きあがると,ラッシュを爆吸して,ケツタブを両手で引き上げて,デカチンをもっとケツ奥深くくわえ込もうとする。

快感のあまり全身から汗が噴き出る。

相手と一つになっている感じがたまらない。

「こんな若い奴にケツを掘られてうれしいのか」「男のくせにケツ感じて恥ずかしくないのか」 合間合間にガチポは言葉責めをして,さらに僕を堕してくる。

僕はもうチンコのことしか考えられない。

僕はただひたすらに 「もっと,もっと突いてくれ」 とケツを振りながら応えるのがせいいっぱいだ。

ゴメが効いているはずなのに,僕のチンコはでかくなって,ガチポの腹に当たりながら揺れている。

こんなことは初めてだ。

僕は思わずチンコを手にとってしごき出すが, 「何勝手にやってんだよ」 と,その手をガチポに押さえられてしまう。

そしてさらに下からガンガン掘られる。

ノンストップの快感に僕は狂いそうだ。

ガチポは下から探るように少しずつ角度を変えながら突いてくる。

奥とは違う,チンコ裏のあたりにチンコが当たると,これまでとは違う快感が全身を包む。

すげえ。

何だこれ。

出したくないのに,おしっこがでてしまうようなそんな感じだ。

ホントにすげえ。

たまらなくすげえ。

太ももからはじまった痙攣が体中に広がっていく。

まるで豚みたいな声を出しながら,僕はガチポのチンコに串刺しにされたまま,ガクガク震えてる。

快感に自分の意志に関係なくケツが閉っているのがわかる。

いく瞬間の快感がずっと続いているような感じだ。

「いいぜお前のケツ,閉まるぜ」 と,それでも容赦なくガチポはそのデカチンでポイントを突いてくる。

突かれるたびごとにチンコの奥から何かが押し出されてくる感じだ。

すごすぎる,助けてくれ。

我慢に我慢してきたが,ついに押し出されるような快感に我慢ができなくなった。

「でちゃうでちゃうよぉー」 と叫んだ瞬間,体の痙攣もピークに達し,僕のチンコからものすごい量の精子がぶっ飛んだ。

上に向かって飛んだので,僕の顔や体にザー汁が降りかかる。

普段オナニーとかでいくときは全然違って,「いく」のではなく,ホントに「でちゃった」感じだ。

僕のケツはケツはまた締まり続け,まだ満足してない。

「すげーな,僕のチンコくわえ込んでるぜ,僕の種くれてやるからな」 そして,激しくデカチンがケツに打ち込まれる。

僕はまたケツで感じはじめてしまう。

さっきいったばかりだというのに僕の体はどうなっちまったんだ。

下から突き上げられながら,ガチポが 「おい,どこに種欲しいんだ」 と尋ねてくる。

もちろん,答えは決まってる。

マンコだ。

マンコに種が欲しい。

「マンコにくれよ。

孕ませてくれよー」 と叫び,さらに激しいガン掘りをねだる。

もう無我夢中だ。

ガチポの腰の動きが一段と速くなる。

「また気持ちよくなっちゃったよー」 と僕はまたウンチスタイルになって,バコバコいわせながらケツを振る。

もっと欲しい。

ずっと欲しい。

そして,ついにケツの中のチンコが一段とでかくなり,これまで感じたことがないほど奥まで差し込まれたかと思うと, 「いくぜっ,いくいくいくっ」 と結構セクシーな声を上げて,奴はいった。

種付けの瞬間だ。

僕は,それまで以上にふくらんだチンコを感じ,めちゃめちゃ気持ちいい。

僕のケツの中で何回も震えるデカチンが嬉しい。

僕はそのままチンコをケツにいれたまま,前に倒れ,僕達は抱き合って,ベロベロキスをした。

触れ合う皮膚感が気持ちいい。

奴のチンコは自然に抜けてしまったが,種ももらって,こうして抱き合っているとホントに一つになった感じがする。

幸せだ。

このガチポとはその後,もう一度やったが,メアドの交換もなにもせずに明け方別れた。

ちょっと持ったないような気もしたが,今度はすぐにケツが疼くことになりそうだ。

運がよければまた会えるだろう。

gayjapan