中出ししたくて向かった発展場で金玉空っぽになるまで出し尽くした!

 

ゲイ動画BidanshiGakuen

 

このまえムラムラして発展場にいってきた。

「今日はオッサンばっかりでハズレだな。」と

ちょい残念に思いながら 暫く獲物が来るのを待つ。

こういう時、来たのを後悔してしまうな。

高まったムラムラも相手が見つからないと折角のヤリモードも萎えてしまう。

暫くすると、休憩室に筋肉質のウケがやってきた。

色黒でかなり俺好み。

早速後を付けてタイミングを計る。

俺のチンコも半勃ち。

早くアナルにぶち込みたくて、狂いそう。

スタスタと近寄り迷路の奥でケツに接触。

ヤツも振り向きざまに、俺のチンコを握り返す。

キターー!!

個室に誘った。

ドアを閉めて、お互い舌を絡めあいながら、乳首を摘み合う。

「はぁ、へぇ、んんっ」

舌を絡めながら、いい声で鳴きやがる。

俺もビンビン乳首から電気みたいな刺激が伝わってヤバイヤバイ。

gayjapan

押し倒してチンコやケツ穴を舐めまわしてやると、更にデかい声で、気持ちいい、

気持ちいいと叫びやがるから俺も興奮して訳がわからなくなった。

「入れるぞ」

「あぁん、生でして!」

「生でいいんか?」

「いい、いいっ。生ちょうだいっ!」

遠慮なくアナルにぶすりと突き差してやる。

「はぁん、あん、気持ちいい!」 ヤツは思い切り吸い込んで、

目はすでに宙を力なく見ている。

ぶっ飛んでるらしい。

しかし、こいつのアナルは凄かった!

まるで、チンコに吸い付くかのような、極上アナル。

入れただけでイキそうになる。

「やっべぇ、このアナル。まじハマりそう」

俺も思い切り吸い込んで、訳のわからぬ生交尾を楽しんだ。

どれくらい掘り続けたかわからない。

汗がダラダラ流れて、二人共汁まみれだ。

「まじ、イキそう。どうして欲しい?ん?」

「あん、あ、あん、なか、な、中に出して!! ザーメン欲しい、濃いザーメンちょうだいっ!」

それを聞いて限界に達し、思い切り中にぶちまけた。

余りに気持ち良くて、しばらくイク感じが続き、

これまた最高!! まだイカないヤツの為に、第二ラウンド開始。

結局朝まで4発種付けて、最高の生掘り生種付けだった。