ヤバ過ぎるセックスしちゃいました。

 

br1

 

ネットで知り合った人の家でHしてきました。

シャワー浴びてベットへ。

卑猥な下着なんかも着させられちゃって、

手足を縛られ自由を奪われて目隠しされてしまいました。

むせるまで無理矢理しゃぶらさせられて。

なのに体が火照りだして。

いきなり挿入された肉棒をずっぽり銜え込んでしまいました。

手足の自由を奪われて目隠しされて何をされるか分からないのに激しく腰を振られ

『あんあん』イヤらしい声出して… 

ゴムしてくれてたのにいつのまにか生で

『種付けして』と言いだした自分がいました。

激しく腰を振られその人の友達がいるそばで

「何処に出してほしいんだ?」

『中に… 中に一杯ぶちまけて下さい。

種付けしてください』

そのまま更に激しく腰振られ一発目の種付け。

そのまま抜かずの二回戦。

相手のなすがままに… 

自分の意志は関係なしに一発目の種とローション。

激しくかき回される度にグチョグチョはしたない音を立て、

イヤらしい音してるなと攻められ再び熱い種を注ぎ込まれました。

今日一緒にユウヤのことを廻してくれるはずだったうちの一人は別の人とやってたみたい。

その人からのメールでフィストの話題が出て… 

『ユウヤにもフィストして下さい』と

すっかり淫乱にとろけたユウヤは自らお願いをしてしまってました。

手足の拘束を解かれ鏡にイヤらしいユウヤの姿を映しながら… フィストどころかろくに拡張もされてないはずのマンコなのに『今何本入ってるの?』と聞いた時には

トロトロの種汁塗れのユウヤの淫乱マンコは四本の指をイヤらしく銜え込み、

フィストまでもう少しのとこまで来ていました。

拡張されていくユウヤの淫乱なマンコ。

手を飲み込むたびにおたけびに近いような喘ぎ声を出してしまってました。

貫通までには至りませんでしたが、

手を抜かれた拍子に汚物をぶちまけて布団を汚しちゃった。

スカトロにも興味があるユウヤには少し嬉しいハプニングでした。

フィストを中止し、

その人はユウヤのこといかしてやるよ。

といってユウヤの肉棒にローションを塗ってガバガバになったマンコにディルドゥを突っ込みました。

すっかり淫乱になったユウヤは肉棒をしごいてもらっている快感とガバガバになったマンコに突き刺さったディルドゥの快感に腰を振りながらイヤらしい喘ぎ声で精液をとうとうぶちまけてしまいました。

いってからもしばらく肉棒をしごかれたままでした。

許してくださいって言ったけど許されずに。

頼み込んで許してもらえたけどあの時に自由を奪われたままだったら… きっとお漏らしとかしちゃってきっとユウヤは失神させられてた。

一発の発射じゃもの足りずにおねだりしちゃいました。

二回目の絶頂を迎えてシャワー浴びて帰宅。

帰宅の途中も振動が体に伝わる度にそれが快感に変わり… ユウヤは淫乱という言葉が似合う状態に成り果ててました。

あの帰り道で誰かに誘われたらユウヤの淫乱マンコに種付けお願いしちゃってた。

もしこれをあの人の前じゃなく発展場で使っていたら… きっと我に返った時はマンコはガバガバで種汁垂れ流して、

全身精液塗れで… 

性欲処理便器になってたのかな?それよりも… 

もっとひどい状態? 

近々発展場であれ使って淫乱に成り果てに行きます。

88x31_2