発展公園・・・

 

br1

 

大分前の話。

僕とそいつは、

年齢も近いのとケツワレやコックリング、

野外交尾…エロい事に関して趣味が似てたんで不定期ながら互い遣りたい時に会うって仲だった。

奴はタチ寄りリバなんで僕と遣る時は僕がケツ掘られる…デカくは無いが3連コックリング填め込んだ奴のマラは血管が浮き上がるくらい威きり勃ち、

そのマラで掘り上げられると僕は雄鳴きしちまう程、

感じてた。

その日もいつものように郊外に有るハッテン公園で待ち合わせ。

公園内でも外れにあるトイレは夜間になると電気も消えて、

月や遠くの外灯で薄明るい程度、

人も通る事はほとんど無い場所。

トイレの向かいには、

2階が展望台で下がテーブルと椅子の有る東屋になっていて、

この場所でも奴と何回か交尾したりした…

遊ぶには、最適な所…とりあえず、

そこで待ち合わせ。

約束の22時頃、

先に着いた僕は煙草を吸いながら奴の来るのを待ち10分後くらいに奴は来た。

さっそく二人共、

ケツワレ一枚の姿になり、

互いリングで威きり勃ってるマラをまさぐり合う…

『旨ぇ~!野郎のリングマラ旨ぇよ。たまんねぇ!』と僕。

『スゲぇ。マラの先っぽから我慢汁たらたらじゃねぇか。今日もクチマンとケツに僕の雄竿たっぷり御馳走してやるから、しっかり味わえよ!』と奴。

僕はテーブルに仰向けに寝かされ、

奴のマラを尺らされながらローションを塗った奴の指で疼いてる雄穴をゆっくり拡げられてる。

いつもなら、

このまま交尾が始まる…今夜は違ってた。

僕の書き込んだ掲示板にレスくれた年下の奴が一人居て、

そいつも来る予定だった。

ごく近くに来るまで気づかなかった。

僕等に影響されたのか、奴も服を脱ぎ始めた…

少し夜風が冷たくなり始めたのと向かいのトイレの洗面台にはデカい鏡が有るで3人でトイレへ移動。

『さっそく尺ってやれよ!』と奴。

gayjapan

年下は洗面台に腰を当て、

前屈みになった僕のクチに太マラを咥えさせる。

セクフレの奴はそれを見ながらためらいも無く僕の疼いた雄穴にリングマラをブチ込んでくる。

僕の塞がれた口から声にならない喘ぎ声が漏れる…

二人の野郎に犯されてる…

僕ん中の淫乱な部分が拡がってくのが判る。

途中で二人は場所を入れ変え僕を責め続けてる…。

どのくらい時間が経ったろう…

僕は洗面台に腰を乗せられ、

口にはRを染み込ませたケツワレを咥えさせられ、

セクフレにケツマンを突き上げられてる。

年下は横で僕の乳首や我慢汁でヌレちまってるマラを責めながら自分の太マラを扱ってる。

『ううっ~たまんねぇ。そろそろ種付けるぜ。良いか?』

僕は十分、絶頂に近くに達してたんで思わず、

うなずいた。

その瞬間、奴のリングマラが僕ん中で膨らんみ、

僕の雄膣の奥に雄種をぶっ放したのが判った。

僕はもう半ば放心状態だったが、

僕等の交尾で我慢出来なくなったのか横に居た年下は、

リングマラを抜きとったばかりの僕の種マンに、

太マラを容赦無く入れてきた…激しく腰を使い、

僕のケツを突いてくる。

その度、グチョグチョとエロい交尾の音がする。

年下の奴はRを深く嗅ぎ込んで、

フィニィシュを向かえようとしてるようだ…

僕も自分のリングマラをしごきあげる。

『うっ、イクぜ~!』

僕の雄膣に2発目の雄種が注ぎ込まれた。

それを感じながら、

僕も自分の胸に大量の雄汁をぶっ放してた。

88x31_2