昼間の発展場で盛りあっちゃった。

 

br1

 

平日の昼間でもムラムラしてる人は多いもんで、

リバの僕は、とりあえず掘ることを目的に発展場へ。

精力剤ガブガブ飲んで入場すると卑猥な喘ぎ声が・・

覗いてみたら3Pの最中だった。

しばらく見物していたら白バンドの小粒の競パン跡くっきり野郎がうつ伏せにケツ突き出して転がりやがった。

こうなりゃ頂くしかないってことで。

ケツに指を這わすともうヌルヌルでしかも種の香りが・・・。

ということで即種マンいただきました。

そして、風にあたりに屋上へでた、

そこには競パンやら全裸やらが2.3人日光浴していた。

空いたスペースに横たわる もちろん全裸で。

しばらくするとさっきの種マンの野郎が隣に来て

「もう一発どう」といって僕のチンポをしゃぶり出す。

もちろん日光さんさんの昼下がり皆に見られながら、

もう、理性も吹っ飛びマン繰り返してヤツの種マンにチンポをぐさりで激しく腰を前後させた。

結合部に日光が当たり白く泡立つのが丸見え。

もちろん横にはデカまらおったてたギャラリーが、

そのデカマラにケツ替わってやるとヤツもブスっと突き立て激しくピストン。

そこへ、短髪ヒゲの僕好みがやってきた。

彼はびっくりしていたもようだがチンポはビンビン。

僕は思わずむしゃぶりついてしまった。

彼は僕の頭を押さえて激しくビストンしてきた。

そして、隣を見てあんなんされてーんかって、

僕はおもわずうなづいてしまった。

さっきまで掘っていたウケの横に四つんばいにされてオイルをたらされ指をいれられ・・・。

早くチンポをって言ってる僕が・・・。

もちろんなんのためらいもなく生チン入れられ激しく突かれた。

そのうちタチ同士が話してケツ換えようっことになり、

さつきケツ譲ってやったデカマラに掘られることになった。

もちろん2人に種付けされた。

88x31_2