有名な発展場に行ってみた結果・・・

 

br1

 

有名な某発展公園で待ち合わせした、

会ってみるとスジ筋体型のイケメンだった。

僕はベンチに倒され上着を脱がされ乳首を舐め回されていた、

スジ筋男子の舌つかいは凄すぎて僕は喘ぎ声をあげてしまった。

僕の喘ぎ声でスジ筋男子は興奮していたギンギンで雄汁を溢れだしていたチンコをしごいていた、

乳首とチンコを責めらて体は熱く燃え上がっていた。

すでに全裸にされ体中舐め回されていた、

舌つかいは荒くなり下半身にむしゃぶりついていた、

僕の体はもう止められない状態、

舌は雄汁で溢れ出ているチンコを舐め回していた。

僕もスジ筋男子のチンコが欲しくなって、

舐めさせて小声で呟いた、

スジ筋男子はズボンを下げて僕の口元にチンコを差し出した、

思わず固唾をのんだ、

亀頭が大きく長さは18位のデカマラだった、

僕はむしゃぶりついてしゃぶった、

スジ筋男子はアッアッと声を出していた。

スジ筋男子はチンコからアナルと舌を滑らしてきた、

僕はあまりの気持ち良さに喘ぎ声を連発していた、

スジ筋男子は僕の顔見上げて、

gayjapan

掘って欲しければ…チンコ下さいとお願いしろとニヤニヤしながら言った。

僕は微かな声でチンコ下さいとスジ筋男子にお願いした、

僕のアナルにデカマラが吸い込まれた瞬間、

体中の力が抜け落ちような感じになり快楽の道を歩み始めた、

頭は真っ白状態で体は感じまくってピクピクと痙攣する感じだった。

僕はスリ筋体型のウケでサイトで出会って発展公園でセックスを楽しんでいた、

その日に限って僕達の凄まじいセックス光景を見ていた野郎がいた。

あらゆる格好で掘られてアナルは雄汁でグチョグチョ、

意識はもうろうで誰かが近付いて来るのは分かるが今は快楽の世界、

男は僕の口の中に無理矢理チンコ入れてきた、

見上げてみると超イケメンでスジ筋男子と遜色ない。

僕の口は素直に応じてしゃぶりついた、

スジ筋男子も一段と興奮してガンガン掘り責めてきた、

僕はバックのピストン運動と並行するように超イケメンチンコをむしゃぶりついた。

誰も僕達の3Pを止める事はできない、

僕はトコロテン寸前で全身ピクピク状態、

あぁ~イク~アナルが締まりスジ筋男子もイクイクと叫びながら種付け、

超イケメンも同時に口内発射、

今度はスジ筋男子と超イケメンが替わり再び責め続けられた、

アナルと口の中は精液に満たされ続けました、

今でも彼等とは連絡を取り合って淫乱に盛っています。